• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

ムオニオナルスタ隕石

ムオニナルスタ隕石 ムオニオナルスタ隕石 51.9g 原石 スライス 標本 鉄隕石 隕鉄 スウェーデン Muonionalusta 74
ムオニナルスタ隕石 ムオニオナルスタ隕石 51.9g 原石 スライス 標本 鉄隕石 隕鉄 スウェーデン Muonionalusta 74
【サイズ】 約 縦99X横21X高5.5mm 【重さ】 約51.9g 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライトIVA 【発見地】 スウェーデン王国ノルボッテン郡 【発見年】 1906年 【歴史】 紀元前約100万年に現在のスウェーデンとフィンランドの国境にあるスカンジナビア北部に落下したとされています。 総回収量は230Kgでの鉄隕石で、ムオニオ川周辺で見つかったことから1910年にHogbom教授によってムオニナルスタと名づけられました。 研究によれば地球上に落下して以来、4回の氷河期を経験しており、北極のツンドラの氷山からも発掘されています。 鉄隕石の中でもウィドマンシュテッテン構造が特に美しく出ている隕石として人気があります。 飛散地域が北極圏にあるためにメテオライトハンターでも探知が困難で、市場に流通している量も少ない隕石です。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5−13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 38,000
ムオニナルスタ隕石 ムオニオナルスタ隕石 28.0g 原石 スライス 標本 鉄隕石 隕鉄 スウェーデン Muonionalusta 73
ムオニナルスタ隕石 ムオニオナルスタ隕石 28.0g 原石 スライス 標本 鉄隕石 隕鉄 スウェーデン Muonionalusta 73
【サイズ】 約 縦64X横27X高3.8mm 【重さ】 約28.0g 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライトIVA 【発見地】 スウェーデン王国ノルボッテン郡 【発見年】 1906年 【歴史】 紀元前約100万年に現在のスウェーデンとフィンランドの国境にあるスカンジナビア北部に落下したとされています。 総回収量は230Kgでの鉄隕石で、ムオニオ川周辺で見つかったことから1910年にHogbom教授によってムオニナルスタと名づけられました。 研究によれば地球上に落下して以来、4回の氷河期を経験しており、北極のツンドラの氷山からも発掘されています。 鉄隕石の中でもウィドマンシュテッテン構造が特に美しく出ている隕石として人気があります。 飛散地域が北極圏にあるためにメテオライトハンターでも探知が困難で、市場に流通している量も少ない隕石です。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5−13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 20,800
ムオニナルスタ隕石 ムオニオナルスタ隕石 21.9g 原石 スライス 標本 鉄隕石 隕鉄 スウェーデン Muonionalusta 72
ムオニナルスタ隕石 ムオニオナルスタ隕石 21.9g 原石 スライス 標本 鉄隕石 隕鉄 スウェーデン Muonionalusta 72
【サイズ】 約 縦39X横28X高2.7mm 【重さ】 約21.9g 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライトIVA 【発見地】 スウェーデン王国ノルボッテン郡 【発見年】 1906年 【歴史】 紀元前約100万年に現在のスウェーデンとフィンランドの国境にあるスカンジナビア北部に落下したとされています。 総回収量は230Kgでの鉄隕石で、ムオニオ川周辺で見つかったことから1910年にHogbom教授によってムオニナルスタと名づけられました。 研究によれば地球上に落下して以来、4回の氷河期を経験しており、北極のツンドラの氷山からも発掘されています。 鉄隕石の中でもウィドマンシュテッテン構造が特に美しく出ている隕石として人気があります。 飛散地域が北極圏にあるためにメテオライトハンターでも探知が困難で、市場に流通している量も少ない隕石です。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5−13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 16,800
ムオニナルスタ隕石 ムオニオナルスタ隕石 21.0g 原石 スライス 標本 鉄隕石 隕鉄 スウェーデン Muonionalusta 71
ムオニナルスタ隕石 ムオニオナルスタ隕石 21.0g 原石 スライス 標本 鉄隕石 隕鉄 スウェーデン Muonionalusta 71
【サイズ】 約 縦49X横20X高3mm 【重さ】 約21.0g 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライトIVA 【発見地】 スウェーデン王国ノルボッテン郡 【発見年】 1906年 【歴史】 紀元前約100万年に現在のスウェーデンとフィンランドの国境にあるスカンジナビア北部に落下したとされています。 総回収量は230Kgでの鉄隕石で、ムオニオ川周辺で見つかったことから1910年にHogbom教授によってムオニナルスタと名づけられました。 研究によれば地球上に落下して以来、4回の氷河期を経験しており、北極のツンドラの氷山からも発掘されています。 鉄隕石の中でもウィドマンシュテッテン構造が特に美しく出ている隕石として人気があります。 飛散地域が北極圏にあるためにメテオライトハンターでも探知が困難で、市場に流通している量も少ない隕石です。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5−13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 15,800
ムオニナルスタ隕石 ムオニオナルスタ隕石 19.6g 原石 スライス 標本 鉄隕石 隕鉄 スウェーデン Muonionalusta 70
ムオニナルスタ隕石 ムオニオナルスタ隕石 19.6g 原石 スライス 標本 鉄隕石 隕鉄 スウェーデン Muonionalusta 70
【サイズ】 約 縦41X横28X高2.4mm 【重さ】 約19.6g 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライトIVA 【発見地】 スウェーデン王国ノルボッテン郡 【発見年】 1906年 【歴史】 紀元前約100万年に現在のスウェーデンとフィンランドの国境にあるスカンジナビア北部に落下したとされています。 総回収量は230Kgでの鉄隕石で、ムオニオ川周辺で見つかったことから1910年にHogbom教授によってムオニナルスタと名づけられました。 研究によれば地球上に落下して以来、4回の氷河期を経験しており、北極のツンドラの氷山からも発掘されています。 鉄隕石の中でもウィドマンシュテッテン構造が特に美しく出ている隕石として人気があります。 飛散地域が北極圏にあるためにメテオライトハンターでも探知が困難で、市場に流通している量も少ない隕石です。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5−13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 14,800
ムオニナルスタ隕石 ムオニオナルスタ隕石 16.9g 原石 スライス 標本 鉄隕石 隕鉄 スウェーデン Muonionalusta 69
ムオニナルスタ隕石 ムオニオナルスタ隕石 16.9g 原石 スライス 標本 鉄隕石 隕鉄 スウェーデン Muonionalusta 69
【サイズ】 約 縦60X横17X高2.4mm 【重さ】 約16.9g 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライトIVA 【発見地】 スウェーデン王国ノルボッテン郡 【発見年】 1906年 【歴史】 紀元前約100万年に現在のスウェーデンとフィンランドの国境にあるスカンジナビア北部に落下したとされています。 総回収量は230Kgでの鉄隕石で、ムオニオ川周辺で見つかったことから1910年にHogbom教授によってムオニナルスタと名づけられました。 研究によれば地球上に落下して以来、4回の氷河期を経験しており、北極のツンドラの氷山からも発掘されています。 鉄隕石の中でもウィドマンシュテッテン構造が特に美しく出ている隕石として人気があります。 飛散地域が北極圏にあるためにメテオライトハンターでも探知が困難で、市場に流通している量も少ない隕石です。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5−13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 12,800
ムオニナルスタ隕石 ムオニオナルスタ隕石 17.0g 原石 スライス 標本 鉄隕石 隕鉄 スウェーデン Muonionalusta 77
ムオニナルスタ隕石 ムオニオナルスタ隕石 17.0g 原石 スライス 標本 鉄隕石 隕鉄 スウェーデン Muonionalusta 77
【サイズ】 約 縦48X横19X高3.3mm 【重さ】 約17.0g 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライトIVA 【発見地】 スウェーデン王国ノルボッテン郡 【発見年】 1906年 【歴史】 紀元前約100万年に現在のスウェーデンとフィンランドの国境にあるスカンジナビア北部に落下したとされています。 総回収量は230Kgでの鉄隕石で、ムオニオ川周辺で見つかったことから1910年にHogbom教授によってムオニナルスタと名づけられました。 研究によれば地球上に落下して以来、4回の氷河期を経験しており、北極のツンドラの氷山からも発掘されています。 鉄隕石の中でもウィドマンシュテッテン構造が特に美しく出ている隕石として人気があります。 飛散地域が北極圏にあるためにメテオライトハンターでも探知が困難で、市場に流通している量も少ない隕石です。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5−13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 12,800
ムオニナルスタ隕石 ムオニオナルスタ隕石 14.8g 原石 スライス 標本 鉄隕石 隕鉄 スウェーデン Muonionalusta 66
ムオニナルスタ隕石 ムオニオナルスタ隕石 14.8g 原石 スライス 標本 鉄隕石 隕鉄 スウェーデン Muonionalusta 66
【サイズ】 約 縦56X横17X高2.3mm 【重さ】 約14.8g 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライトIVA 【発見地】 スウェーデン王国ノルボッテン郡 【発見年】 1906年 【歴史】 紀元前約100万年に現在のスウェーデンとフィンランドの国境にあるスカンジナビア北部に落下したとされています。 総回収量は230Kgでの鉄隕石で、ムオニオ川周辺で見つかったことから1910年にHogbom教授によってムオニナルスタと名づけられました。 研究によれば地球上に落下して以来、4回の氷河期を経験しており、北極のツンドラの氷山からも発掘されています。 鉄隕石の中でもウィドマンシュテッテン構造が特に美しく出ている隕石として人気があります。 飛散地域が北極圏にあるためにメテオライトハンターでも探知が困難で、市場に流通している量も少ない隕石です。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5−13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 11,800
ムオニナルスタ隕石 ムオニオナルスタ隕石 15.0g 原石 スライス 標本 鉄隕石 隕鉄 スウェーデン Muonionalusta 67
ムオニナルスタ隕石 ムオニオナルスタ隕石 15.0g 原石 スライス 標本 鉄隕石 隕鉄 スウェーデン Muonionalusta 67
【サイズ】 約 縦64X横17X高2.2mm 【重さ】 約15.0g 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライトIVA 【発見地】 スウェーデン王国ノルボッテン郡 【発見年】 1906年 【歴史】 紀元前約100万年に現在のスウェーデンとフィンランドの国境にあるスカンジナビア北部に落下したとされています。 総回収量は230Kgでの鉄隕石で、ムオニオ川周辺で見つかったことから1910年にHogbom教授によってムオニナルスタと名づけられました。 研究によれば地球上に落下して以来、4回の氷河期を経験しており、北極のツンドラの氷山からも発掘されています。 鉄隕石の中でもウィドマンシュテッテン構造が特に美しく出ている隕石として人気があります。 飛散地域が北極圏にあるためにメテオライトハンターでも探知が困難で、市場に流通している量も少ない隕石です。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5−13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 11,800
ムオニナルスタ隕石 ムオニオナルスタ隕石 15.6g 原石 スライス 標本 鉄隕石 隕鉄 スウェーデン Muonionalusta 68
ムオニナルスタ隕石 ムオニオナルスタ隕石 15.6g 原石 スライス 標本 鉄隕石 隕鉄 スウェーデン Muonionalusta 68
【サイズ】 約 縦23X横15X高6.4mm 【重さ】 約15.6g 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライトIVA 【発見地】 スウェーデン王国ノルボッテン郡 【発見年】 1906年 【歴史】 紀元前約100万年に現在のスウェーデンとフィンランドの国境にあるスカンジナビア北部に落下したとされています。 総回収量は230Kgでの鉄隕石で、ムオニオ川周辺で見つかったことから1910年にHogbom教授によってムオニナルスタと名づけられました。 研究によれば地球上に落下して以来、4回の氷河期を経験しており、北極のツンドラの氷山からも発掘されています。 鉄隕石の中でもウィドマンシュテッテン構造が特に美しく出ている隕石として人気があります。 飛散地域が北極圏にあるためにメテオライトハンターでも探知が困難で、市場に流通している量も少ない隕石です。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5−13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 11,800
ムオニナルスタ隕石 ムオニオナルスタ隕石 13.7g 原石 スライス 標本 鉄隕石 隕鉄 スウェーデン Muonionalusta 64
ムオニナルスタ隕石 ムオニオナルスタ隕石 13.7g 原石 スライス 標本 鉄隕石 隕鉄 スウェーデン Muonionalusta 64
【サイズ】 約 縦42X横24X高3.2mm 【重さ】 約13.7g 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライトIVA 【発見地】 スウェーデン王国ノルボッテン郡 【発見年】 1906年 【歴史】 紀元前約100万年に現在のスウェーデンとフィンランドの国境にあるスカンジナビア北部に落下したとされています。 総回収量は230Kgでの鉄隕石で、ムオニオ川周辺で見つかったことから1910年にHogbom教授によってムオニナルスタと名づけられました。 研究によれば地球上に落下して以来、4回の氷河期を経験しており、北極のツンドラの氷山からも発掘されています。 鉄隕石の中でもウィドマンシュテッテン構造が特に美しく出ている隕石として人気があります。 飛散地域が北極圏にあるためにメテオライトハンターでも探知が困難で、市場に流通している量も少ない隕石です。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5−13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 10,800
ムオニナルスタ隕石 ムオニオナルスタ隕石 14g 原石 標本 鉄隕石 隕鉄 スウェーデン Muonionalusta 29
ムオニナルスタ隕石 ムオニオナルスタ隕石 14g 原石 標本 鉄隕石 隕鉄 スウェーデン Muonionalusta 29
丸っぽい部分はトロイライトがインクルージョンされており、これだけ大きなトロイライトを含んだものをこれだけお求めやすい価格で購入できることはほぼありません。 だいたいが数百gを超えるような大きなものにカットされますので高額になります。 メテオライトハンターによると各国の展示会でも購入するのは隕石の研究者ばかりのようなので、標本としてはかなり価値が高いと思います。 【サイズ】 約 縦32X横27X高2.2mm 【重さ】 約14.6g 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライトIVA 【発見地】 スウェーデン ノルボッテン郡 【発見年】 1906年 【歴史】 紀元前約100万年に現在のスウェーデンとフィンランドの国境にあるスカンジナビア北部に落下したとされています。 総回収量は230Kgでの鉄隕石で、ムオニオ川周辺で見つかったことから1910年にHogbom教授によってムオニナルスタと名づけられました。 研究によれば地球上に落下して以来、4回の氷河期を経験しており、北極のツンドラの氷山からも発掘されています。 【特徴】 鉄隕石の中でもウィドマンシュテッテン構造が特に美しく出ている隕石として人気があります。 飛散地域が北極圏にあるためにメテオライトハンターでも探知が困難で、市場に流通している量も少ない隕石です。
¥ 12,800
ムオニナルスタ隕石 ムオニオナルスタ隕石 20g 原石 標本 鉄隕石 隕鉄 スウェーデン Muonionalusta 30
ムオニナルスタ隕石 ムオニオナルスタ隕石 20g 原石 標本 鉄隕石 隕鉄 スウェーデン Muonionalusta 30
丸っぽい部分はトロイライトがインクルージョンされており、これだけ大きなトロイライトを含んだものをこれだけお求めやすい価格で購入できることはほぼありません。 だいたいが数百gを超えるような大きなものにカットされますので高額になります。 メテオライトハンターによると各国の展示会でも購入するのは隕石の研究者ばかりのようなので、標本としてはかなり価値が高いと思います。 【サイズ】 約 縦40X横27X高2.5mm 【重さ】 約20.4g 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライトIVA 【発見地】 スウェーデン ノルボッテン郡 【発見年】 1906年 【歴史】 紀元前約100万年に現在のスウェーデンとフィンランドの国境にあるスカンジナビア北部に落下したとされています。 総回収量は230Kgでの鉄隕石で、ムオニオ川周辺で見つかったことから1910年にHogbom教授によってムオニナルスタと名づけられました。 研究によれば地球上に落下して以来、4回の氷河期を経験しており、北極のツンドラの氷山からも発掘されています。 【特徴】 鉄隕石の中でもウィドマンシュテッテン構造が特に美しく出ている隕石として人気があります。 飛散地域が北極圏にあるためにメテオライトハンターでも探知が困難で、市場に流通している量も少ない隕石です。
¥ 16,800
ムオニナルスタ隕石 ムオニオナルスタ隕石 27.0g 原石 スライス 標本 鉄隕石 隕鉄 スウェーデン Muonionalusta 75
ムオニナルスタ隕石 ムオニオナルスタ隕石 27.0g 原石 スライス 標本 鉄隕石 隕鉄 スウェーデン Muonionalusta 75
丸っぽい部分はトロイライトがインクルージョンされており、これだけ大きなトロイライトを含んだものをこれだけお求めやすい価格で購入できることはほぼありません。 だいたいが数百gを超えるような大きなものにカットされますので高額になります。 メテオライトハンターによると各国の展示会でも購入するのは隕石の研究者ばかりのようなので、標本としてはかなり価値が高いと思います。 【サイズ】 約 縦42X横33X高2.6mm 【重さ】 約27.0g 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライトIVA 【発見地】 スウェーデン王国ノルボッテン郡 【発見年】 1906年 【歴史】 紀元前約100万年に現在のスウェーデンとフィンランドの国境にあるスカンジナビア北部に落下したとされています。 総回収量は230Kgでの鉄隕石で、ムオニオ川周辺で見つかったことから1910年にHogbom教授によってムオニナルスタと名づけられました。 研究によれば地球上に落下して以来、4回の氷河期を経験しており、北極のツンドラの氷山からも発掘されています。 鉄隕石の中でもウィドマンシュテッテン構造が特に美しく出ている隕石として人気があります。 飛散地域が北極圏にあるためにメテオライトハンターでも探知が困難で、市場に流通している量も少ない隕石です。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5〜13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 19,800