• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

隕石アクセサリー

ギベオン隕石 42mm メテオライト ペンダント PT 鉄隕石 隕鉄 ナミビア Gibeon 54
ギベオン隕石 42mm メテオライト ペンダント PT 鉄隕石 隕鉄 ナミビア Gibeon 54
【石サイズ】 約 縦42X横27X高2.6mm 【石の重さ】 約13.3g 【金具部分】 真鍮 【黒色のチョーカー(おまけ)】 素材:PUレザー 長さ:約45-50cm(アジャスターで調整可能) 紐の太さ:約1.5〜2㎜ 【その他】 天然の隕石ですので夏場や湿度が高い場所、汗をかく状況での使用が続くと錆びる場合がございます。 使用した日は鉱物油などを塗布し、使用しない時は鉱物油に浸すなどして錆の発生を防いで下さい。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライトIVA 【発見地】 ナミビア共和国ハルダプ州 【発見年】 1836年 【歴史】 原住民は古くからこの隕石を道具や槍先として使っていたそうです。 最初の破片が発見されたのは1836年で、イギリス人のJ.E.アレクサンダーによってグレートフィッシュ川で採集されてロンドンに送られ、ジョン・ハーシェルによって隕石であることが確認されました。 この鉄隕石は、はるか昔に惑星のもととなった小天体の核を構成していた物質で、その成分は地球の歴史の46億年よりもはるかに古いといわれています。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5−13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 16,800
ギベオン隕石 27mm メテオライト ペンダント PT 鉄隕石 隕鉄 ナミビア Gibeon 56
ギベオン隕石 27mm メテオライト ペンダント PT 鉄隕石 隕鉄 ナミビア Gibeon 56
【石サイズ】 約 縦27X横26X高3.2mm 【石の重さ】 約17.4g 【金具部分】 真鍮 【黒色のチョーカー(おまけ)】 素材:PUレザー 長さ:約45-50cm(アジャスターで調整可能) 紐の太さ:約1.5〜2㎜ 【その他】 天然の隕石ですので夏場や湿度が高い場所、汗をかく状況での使用が続くと錆びる場合がございます。 使用した日は鉱物油などを塗布し、使用しない時は鉱物油に浸すなどして錆の発生を防いで下さい。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライトIVA 【発見地】 ナミビア共和国ハルダプ州 【発見年】 1836年 【歴史】 原住民は古くからこの隕石を道具や槍先として使っていたそうです。 最初の破片が発見されたのは1836年で、イギリス人のJ.E.アレクサンダーによってグレートフィッシュ川で採集されてロンドンに送られ、ジョン・ハーシェルによって隕石であることが確認されました。 この鉄隕石は、はるか昔に惑星のもととなった小天体の核を構成していた物質で、その成分は地球の歴史の46億年よりもはるかに古いといわれています。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5−13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 21,800
ギベオン隕石 23mm メテオライト ペンダント PT 鉄隕石 隕鉄 ナミビア Gibeon 50
ギベオン隕石 23mm メテオライト ペンダント PT 鉄隕石 隕鉄 ナミビア Gibeon 50
【石サイズ】 約 縦23X横22X高3.0mm 【石の重さ】 約11.1g 【金具部分】 真鍮 【黒色のチョーカー(おまけ)】 素材:PUレザー 長さ:約45-50cm(アジャスターで調整可能) 紐の太さ:約1.5〜2㎜ 【その他】 天然の隕石ですので夏場や湿度が高い場所、汗をかく状況での使用が続くと錆びる場合がございます。 使用した日は鉱物油などを塗布し、使用しない時は鉱物油に浸すなどして錆の発生を防いで下さい。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライトIVA 【発見地】 ナミビア共和国ハルダプ州 【発見年】 1836年 【歴史】 原住民は古くからこの隕石を道具や槍先として使っていたそうです。 最初の破片が発見されたのは1836年で、イギリス人のJ.E.アレクサンダーによってグレートフィッシュ川で採集されてロンドンに送られ、ジョン・ハーシェルによって隕石であることが確認されました。 この鉄隕石は、はるか昔に惑星のもととなった小天体の核を構成していた物質で、その成分は地球の歴史の46億年よりもはるかに古いといわれています。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5−13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 14,800
ギベオン隕石 60mm メテオライト ペンダント PT 鉄隕石 隕鉄 ナミビア Gibeon 51
ギベオン隕石 60mm メテオライト ペンダント PT 鉄隕石 隕鉄 ナミビア Gibeon 51
【石サイズ】 約 縦60X横18X高1.6mm 【石の重さ】 約11.3g 【金具部分】 真鍮 【黒色のチョーカー(おまけ)】 素材:PUレザー 長さ:約45-50cm(アジャスターで調整可能) 紐の太さ:約1.5〜2㎜ 【その他】 天然の隕石ですので夏場や湿度が高い場所、汗をかく状況での使用が続くと錆びる場合がございます。 使用した日は鉱物油などを塗布し、使用しない時は鉱物油に浸すなどして錆の発生を防いで下さい。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライトIVA 【発見地】 ナミビア共和国ハルダプ州 【発見年】 1836年 【歴史】 原住民は古くからこの隕石を道具や槍先として使っていたそうです。 最初の破片が発見されたのは1836年で、イギリス人のJ.E.アレクサンダーによってグレートフィッシュ川で採集されてロンドンに送られ、ジョン・ハーシェルによって隕石であることが確認されました。 この鉄隕石は、はるか昔に惑星のもととなった小天体の核を構成していた物質で、その成分は地球の歴史の46億年よりもはるかに古いといわれています。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5−13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 14,800
ギベオン隕石 43mm メテオライト ペンダント PT 鉄隕石 隕鉄 ナミビア Gibeon 52
ギベオン隕石 43mm メテオライト ペンダント PT 鉄隕石 隕鉄 ナミビア Gibeon 52
【石サイズ】 約 縦43X横24X高2.8mm 【石の重さ】 約11.4g 【金具部分】 真鍮 【黒色のチョーカー(おまけ)】 素材:PUレザー 長さ:約45-50cm(アジャスターで調整可能) 紐の太さ:約1.5〜2㎜ 【その他】 天然の隕石ですので夏場や湿度が高い場所、汗をかく状況での使用が続くと錆びる場合がございます。 使用した日は鉱物油などを塗布し、使用しない時は鉱物油に浸すなどして錆の発生を防いで下さい。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライトIVA 【発見地】 ナミビア共和国ハルダプ州 【発見年】 1836年 【歴史】 原住民は古くからこの隕石を道具や槍先として使っていたそうです。 最初の破片が発見されたのは1836年で、イギリス人のJ.E.アレクサンダーによってグレートフィッシュ川で採集されてロンドンに送られ、ジョン・ハーシェルによって隕石であることが確認されました。 この鉄隕石は、はるか昔に惑星のもととなった小天体の核を構成していた物質で、その成分は地球の歴史の46億年よりもはるかに古いといわれています。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5−13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 14,800
ギベオン隕石 43mm メテオライト ペンダント PT 鉄隕石 隕鉄 ナミビア Gibeon 48
ギベオン隕石 43mm メテオライト ペンダント PT 鉄隕石 隕鉄 ナミビア Gibeon 48
【石サイズ】 約 縦43X横25X高2.3mm 【石の重さ】 約10.3g 【金具部分】 真鍮 【黒色のチョーカー(おまけ)】 素材:PUレザー 長さ:約45-50cm(アジャスターで調整可能) 紐の太さ:約1.5〜2㎜ 【その他】 天然の隕石ですので夏場や湿度が高い場所、汗をかく状況での使用が続くと錆びる場合がございます。 使用した日は鉱物油などを塗布し、使用しない時は鉱物油に浸すなどして錆の発生を防いで下さい。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライトIVA 【発見地】 ナミビア共和国ハルダプ州 【発見年】 1836年 【歴史】 原住民は古くからこの隕石を道具や槍先として使っていたそうです。 最初の破片が発見されたのは1836年で、イギリス人のJ.E.アレクサンダーによってグレートフィッシュ川で採集されてロンドンに送られ、ジョン・ハーシェルによって隕石であることが確認されました。 この鉄隕石は、はるか昔に惑星のもととなった小天体の核を構成していた物質で、その成分は地球の歴史の46億年よりもはるかに古いといわれています。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5−13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 13,800
ギベオン隕石 43mm メテオライト ペンダント PT 鉄隕石 隕鉄 ナミビア Gibeon 49
ギベオン隕石 43mm メテオライト ペンダント PT 鉄隕石 隕鉄 ナミビア Gibeon 49
【石サイズ】 約 縦43X横27X高1.8mm 【石の重さ】 約10.6g 【金具部分】 真鍮 【黒色のチョーカー(おまけ)】 素材:PUレザー 長さ:約45-50cm(アジャスターで調整可能) 紐の太さ:約1.5〜2㎜ 【その他】 天然の隕石ですので夏場や湿度が高い場所、汗をかく状況での使用が続くと錆びる場合がございます。 使用した日は鉱物油などを塗布し、使用しない時は鉱物油に浸すなどして錆の発生を防いで下さい。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライトIVA 【発見地】 ナミビア共和国ハルダプ州 【発見年】 1836年 【歴史】 原住民は古くからこの隕石を道具や槍先として使っていたそうです。 最初の破片が発見されたのは1836年で、イギリス人のJ.E.アレクサンダーによってグレートフィッシュ川で採集されてロンドンに送られ、ジョン・ハーシェルによって隕石であることが確認されました。 この鉄隕石は、はるか昔に惑星のもととなった小天体の核を構成していた物質で、その成分は地球の歴史の46億年よりもはるかに古いといわれています。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5−13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 13,800
ギベオン隕石 48mm メテオライト ペンダント PT 鉄隕石 隕鉄 ナミビア Gibeon 55
ギベオン隕石 48mm メテオライト ペンダント PT 鉄隕石 隕鉄 ナミビア Gibeon 55
【石サイズ】 約 縦48X横20X高1.9mm 【石の重さ】 約14.1g 【金具部分】 真鍮 【黒色のチョーカー(おまけ)】 素材:PUレザー 長さ:約45-50cm(アジャスターで調整可能) 紐の太さ:約1.5〜2㎜ 【その他】 天然の隕石ですので夏場や湿度が高い場所、汗をかく状況での使用が続くと錆びる場合がございます。 使用した日は鉱物油などを塗布し、使用しない時は鉱物油に浸すなどして錆の発生を防いで下さい。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライトIVA 【発見地】 ナミビア共和国ハルダプ州 【発見年】 1836年 【歴史】 原住民は古くからこの隕石を道具や槍先として使っていたそうです。 最初の破片が発見されたのは1836年で、イギリス人のJ.E.アレクサンダーによってグレートフィッシュ川で採集されてロンドンに送られ、ジョン・ハーシェルによって隕石であることが確認されました。 この鉄隕石は、はるか昔に惑星のもととなった小天体の核を構成していた物質で、その成分は地球の歴史の46億年よりもはるかに古いといわれています。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5−13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 17,800
ギベオン隕石 24mm メテオライト ペンダント PT 鉄隕石 隕鉄 ナミビア Gibeon 47
ギベオン隕石 24mm メテオライト ペンダント PT 鉄隕石 隕鉄 ナミビア Gibeon 47
【石サイズ】 約 縦24X横20X高2.8mm 【石の重さ】 約9.4g 【金具部分】 真鍮 【黒色のチョーカー(おまけ)】 素材:PUレザー 長さ:約45-50cm(アジャスターで調整可能) 紐の太さ:約1.5〜2㎜ 【その他】 天然の隕石ですので夏場や湿度が高い場所、汗をかく状況での使用が続くと錆びる場合がございます。 使用した日は鉱物油などを塗布し、使用しない時は鉱物油に浸すなどして錆の発生を防いで下さい。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライトIVA 【発見地】 ナミビア共和国ハルダプ州 【発見年】 1836年 【歴史】 原住民は古くからこの隕石を道具や槍先として使っていたそうです。 最初の破片が発見されたのは1836年で、イギリス人のJ.E.アレクサンダーによってグレートフィッシュ川で採集されてロンドンに送られ、ジョン・ハーシェルによって隕石であることが確認されました。 この鉄隕石は、はるか昔に惑星のもととなった小天体の核を構成していた物質で、その成分は地球の歴史の46億年よりもはるかに古いといわれています。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5−13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 12,800
ギベオン隕石 30mm メテオライト ペンダント PT 鉄隕石 隕鉄 ナミビア Gibeon 6
ギベオン隕石 30mm メテオライト ペンダント PT 鉄隕石 隕鉄 ナミビア Gibeon 6
【石サイズ】 約 縦30X横22X高2.8mm 【石の重さ】 約9.0g 【金具部分】 真鍮 【黒色のチョーカー(おまけ)】 素材:PUレザー 長さ:約45-50cm(アジャスターで調整可能) 紐の太さ:約1.5〜2㎜ 【その他】 天然の隕石ですので夏場や湿度が高い場所、汗をかく状況での使用が続くと錆びる場合がございます。 使用した日は鉱物油などを塗布し、使用しない時は鉱物油に浸すなどして錆の発生を防いで下さい。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライトIVA 【発見地】 ナミビア共和国ハルダプ州 【発見年】 1836年 【歴史】 原住民は古くからこの隕石を道具や槍先として使っていたそうです。 最初の破片が発見されたのは1836年で、イギリス人のJ.E.アレクサンダーによってグレートフィッシュ川で採集されてロンドンに送られ、ジョン・ハーシェルによって隕石であることが確認されました。 この鉄隕石は、はるか昔に惑星のもととなった小天体の核を構成していた物質で、その成分は地球の歴史の46億年よりもはるかに古いといわれています。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5−13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 11,800
ギベオン隕石 35mm メテオライト ペンダント PT 鉄隕石 隕鉄 ナミビア Gibeon 44
ギベオン隕石 35mm メテオライト ペンダント PT 鉄隕石 隕鉄 ナミビア Gibeon 44
【石サイズ】 約 縦35X横23X高1.5mm 【石の重さ】 約8.7g 【金具部分】 真鍮 【黒色のチョーカー(おまけ)】 素材:PUレザー 長さ:約45-50cm(アジャスターで調整可能) 紐の太さ:約1.5〜2㎜ 【その他】 天然の隕石ですので夏場や湿度が高い場所、汗をかく状況での使用が続くと錆びる場合がございます。 使用した日は鉱物油などを塗布し、使用しない時は鉱物油に浸すなどして錆の発生を防いで下さい。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライトIVA 【発見地】 ナミビア共和国ハルダプ州 【発見年】 1836年 【歴史】 原住民は古くからこの隕石を道具や槍先として使っていたそうです。 最初の破片が発見されたのは1836年で、イギリス人のJ.E.アレクサンダーによってグレートフィッシュ川で採集されてロンドンに送られ、ジョン・ハーシェルによって隕石であることが確認されました。 この鉄隕石は、はるか昔に惑星のもととなった小天体の核を構成していた物質で、その成分は地球の歴史の46億年よりもはるかに古いといわれています。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5−13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 11,800
ギベオン隕石 22mm メテオライト ペンダント PT 鉄隕石 隕鉄 ナミビア Gibeon 46
ギベオン隕石 22mm メテオライト ペンダント PT 鉄隕石 隕鉄 ナミビア Gibeon 46
【石サイズ】 約 縦22X横21X高2.6mm 【石の重さ】 約9.2g 【金具部分】 真鍮 【黒色のチョーカー(おまけ)】 素材:PUレザー 長さ:約45-50cm(アジャスターで調整可能) 紐の太さ:約1.5〜2㎜ 【その他】 天然の隕石ですので夏場や湿度が高い場所、汗をかく状況での使用が続くと錆びる場合がございます。 使用した日は鉱物油などを塗布し、使用しない時は鉱物油に浸すなどして錆の発生を防いで下さい。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライトIVA 【発見地】 ナミビア共和国ハルダプ州 【発見年】 1836年 【歴史】 原住民は古くからこの隕石を道具や槍先として使っていたそうです。 最初の破片が発見されたのは1836年で、イギリス人のJ.E.アレクサンダーによってグレートフィッシュ川で採集されてロンドンに送られ、ジョン・ハーシェルによって隕石であることが確認されました。 この鉄隕石は、はるか昔に惑星のもととなった小天体の核を構成していた物質で、その成分は地球の歴史の46億年よりもはるかに古いといわれています。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5−13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 11,800
ギベオン隕石 25mm メテオライト ペンダント PT 鉄隕石 隕鉄 ナミビア Gibeon 45
ギベオン隕石 25mm メテオライト ペンダント PT 鉄隕石 隕鉄 ナミビア Gibeon 45
【石サイズ】 約 縦25X横21X高2.2mm 【石の重さ】 約8.9g 【金具部分】 真鍮 【黒色のチョーカー(おまけ)】 素材:PUレザー 長さ:約45-50cm(アジャスターで調整可能) 紐の太さ:約1.5〜2㎜ 【その他】 天然の隕石ですので夏場や湿度が高い場所、汗をかく状況での使用が続くと錆びる場合がございます。 使用した日は鉱物油などを塗布し、使用しない時は鉱物油に浸すなどして錆の発生を防いで下さい。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライトIVA 【発見地】 ナミビア共和国ハルダプ州 【発見年】 1836年 【歴史】 原住民は古くからこの隕石を道具や槍先として使っていたそうです。 最初の破片が発見されたのは1836年で、イギリス人のJ.E.アレクサンダーによってグレートフィッシュ川で採集されてロンドンに送られ、ジョン・ハーシェルによって隕石であることが確認されました。 この鉄隕石は、はるか昔に惑星のもととなった小天体の核を構成していた物質で、その成分は地球の歴史の46億年よりもはるかに古いといわれています。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5−13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 11,800
ギベオン隕石 27mm メテオライト ペンダント PT 鉄隕石 隕鉄 ナミビア Gibeon 5
ギベオン隕石 27mm メテオライト ペンダント PT 鉄隕石 隕鉄 ナミビア Gibeon 5
【石サイズ】 約 縦27X横26X高3.0mm 【石の重さ】 約8.6g 【金具部分】 真鍮 【黒色のチョーカー(おまけ)】 素材:PUレザー 長さ:約45-50cm(アジャスターで調整可能) 紐の太さ:約1.5〜2㎜ 【その他】 天然の隕石ですので夏場や湿度が高い場所、汗をかく状況での使用が続くと錆びる場合がございます。 使用した日は鉱物油などを塗布し、使用しない時は鉱物油に浸すなどして錆の発生を防いで下さい。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライトIVA 【発見地】 ナミビア共和国ハルダプ州 【発見年】 1836年 【歴史】 原住民は古くからこの隕石を道具や槍先として使っていたそうです。 最初の破片が発見されたのは1836年で、イギリス人のJ.E.アレクサンダーによってグレートフィッシュ川で採集されてロンドンに送られ、ジョン・ハーシェルによって隕石であることが確認されました。 この鉄隕石は、はるか昔に惑星のもととなった小天体の核を構成していた物質で、その成分は地球の歴史の46億年よりもはるかに古いといわれています。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5−13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 11,480
ギベオン隕石 41mm メテオライト ペンダント PT 鉄隕石 隕鉄 ナミビア Gibeon 4
ギベオン隕石 41mm メテオライト ペンダント PT 鉄隕石 隕鉄 ナミビア Gibeon 4
【石サイズ】 約 縦41X横20X高1.6mm 【石の重さ】 約8.3g 【金具部分】 真鍮 【黒色のチョーカー(おまけ)】 素材:PUレザー 長さ:約45-50cm(アジャスターで調整可能) 紐の太さ:約1.5〜2㎜ 【その他】 天然の隕石ですので夏場や湿度が高い場所、汗をかく状況での使用が続くと錆びる場合がございます。 使用した日は鉱物油などを塗布し、使用しない時は鉱物油に浸すなどして錆の発生を防いで下さい。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライトIVA 【発見地】 ナミビア共和国ハルダプ州 【発見年】 1836年 【歴史】 原住民は古くからこの隕石を道具や槍先として使っていたそうです。 最初の破片が発見されたのは1836年で、イギリス人のJ.E.アレクサンダーによってグレートフィッシュ川で採集されてロンドンに送られ、ジョン・ハーシェルによって隕石であることが確認されました。 この鉄隕石は、はるか昔に惑星のもととなった小天体の核を構成していた物質で、その成分は地球の歴史の46億年よりもはるかに古いといわれています。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5−13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 10,800
ギベオン隕石 37mm メテオライト ペンダント PT 鉄隕石 隕鉄 ナミビア Gibeon 42
ギベオン隕石 37mm メテオライト ペンダント PT 鉄隕石 隕鉄 ナミビア Gibeon 42
【石サイズ】 約 縦37X横25X高2.5mm 【石の重さ】 約8.2g 【金具部分】 真鍮 【黒色のチョーカー(おまけ)】 素材:PUレザー 長さ:約45-50cm(アジャスターで調整可能) 紐の太さ:約1.5〜2㎜ 【その他】 天然の隕石ですので夏場や湿度が高い場所、汗をかく状況での使用が続くと錆びる場合がございます。 使用した日は鉱物油などを塗布し、使用しない時は鉱物油に浸すなどして錆の発生を防いで下さい。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライトIVA 【発見地】 ナミビア共和国ハルダプ州 【発見年】 1836年 【歴史】 原住民は古くからこの隕石を道具や槍先として使っていたそうです。 最初の破片が発見されたのは1836年で、イギリス人のJ.E.アレクサンダーによってグレートフィッシュ川で採集されてロンドンに送られ、ジョン・ハーシェルによって隕石であることが確認されました。 この鉄隕石は、はるか昔に惑星のもととなった小天体の核を構成していた物質で、その成分は地球の歴史の46億年よりもはるかに古いといわれています。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5−13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 10,800
ギベオン隕石 30mm メテオライト ペンダント PT 鉄隕石 隕鉄 ナミビア Gibeon 43
ギベオン隕石 30mm メテオライト ペンダント PT 鉄隕石 隕鉄 ナミビア Gibeon 43
【石サイズ】 約 縦30X横16X高3.0mm 【石の重さ】 約8.4g 【金具部分】 真鍮 【黒色のチョーカー(おまけ)】 素材:PUレザー 長さ:約45-50cm(アジャスターで調整可能) 紐の太さ:約1.5〜2㎜ 【その他】 天然の隕石ですので夏場や湿度が高い場所、汗をかく状況での使用が続くと錆びる場合がございます。 使用した日は鉱物油などを塗布し、使用しない時は鉱物油に浸すなどして錆の発生を防いで下さい。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライトIVA 【発見地】 ナミビア共和国ハルダプ州 【発見年】 1836年 【歴史】 原住民は古くからこの隕石を道具や槍先として使っていたそうです。 最初の破片が発見されたのは1836年で、イギリス人のJ.E.アレクサンダーによってグレートフィッシュ川で採集されてロンドンに送られ、ジョン・ハーシェルによって隕石であることが確認されました。 この鉄隕石は、はるか昔に惑星のもととなった小天体の核を構成していた物質で、その成分は地球の歴史の46億年よりもはるかに古いといわれています。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5−13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 10,800
ムオニナルスタ隕石 ムオニオナルスタ隕石 35mm メテオライト ペンダント PT 鉄隕石 隕鉄 スウェーデン 114
ムオニナルスタ隕石 ムオニオナルスタ隕石 35mm メテオライト ペンダント PT 鉄隕石 隕鉄 スウェーデン 114
【石サイズ】 約 縦35X横26X高2.9mm 【石の重さ】 約15.1g 【金具部分】 真鍮 【黒色のチョーカー(おまけ)】 素材:PUレザー 長さ:約45-50cm(アジャスターで調整可能) 紐の太さ:約1.5〜2㎜ 【その他】 天然の隕石ですので夏場や湿度が高い場所、汗をかく状況での使用が続くと錆びる場合がございます。 使用した日は鉱物油などを塗布し、使用しない時は鉱物油に浸すなどして錆の発生を防いで下さい。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライトIVA 【発見地】 スウェーデン王国ノルボッテン郡 【発見年】 1906年 【歴史】 紀元前約100万年に現在のスウェーデンとフィンランドの国境にあるスカンジナビア北部に落下したとされています。 総回収量は230Kgでの鉄隕石で、ムオニオ川周辺で見つかったことから1910年にHogbom教授によってムオニナルスタと名づけられました。 研究によれば地球上に落下して以来、4回の氷河期を経験しており、北極のツンドラの氷山からも発掘されています。 鉄隕石の中でもウィドマンシュテッテン構造が特に美しく出ている隕石として人気があります。 飛散地域が北極圏にあるためにメテオライトハンターでも探知が困難で、市場に流通している量も少ない隕石です。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5−13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 12,800
ムオニナルスタ隕石 ムオニオナルスタ隕石 48mm メテオライト ペンダント PT 鉄隕石 隕鉄 スウェーデン 109
ムオニナルスタ隕石 ムオニオナルスタ隕石 48mm メテオライト ペンダント PT 鉄隕石 隕鉄 スウェーデン 109
【石サイズ】 約 縦48X横16X高3.8mm 【石の重さ】 約12.5g 【金具部分】 真鍮 【黒色のチョーカー(おまけ)】 素材:PUレザー 長さ:約45-50cm(アジャスターで調整可能) 紐の太さ:約1.5〜2㎜ 【その他】 天然の隕石ですので夏場や湿度が高い場所、汗をかく状況での使用が続くと錆びる場合がございます。 使用した日は鉱物油などを塗布し、使用しない時は鉱物油に浸すなどして錆の発生を防いで下さい。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライトIVA 【発見地】 スウェーデン王国ノルボッテン郡 【発見年】 1906年 【歴史】 紀元前約100万年に現在のスウェーデンとフィンランドの国境にあるスカンジナビア北部に落下したとされています。 総回収量は230Kgでの鉄隕石で、ムオニオ川周辺で見つかったことから1910年にHogbom教授によってムオニナルスタと名づけられました。 研究によれば地球上に落下して以来、4回の氷河期を経験しており、北極のツンドラの氷山からも発掘されています。 鉄隕石の中でもウィドマンシュテッテン構造が特に美しく出ている隕石として人気があります。 飛散地域が北極圏にあるためにメテオライトハンターでも探知が困難で、市場に流通している量も少ない隕石です。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5−13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 10,800
ムオニナルスタ隕石 ムオニオナルスタ隕石 26mm メテオライト ペンダント PT 鉄隕石 隕鉄 スウェーデン 110
ムオニナルスタ隕石 ムオニオナルスタ隕石 26mm メテオライト ペンダント PT 鉄隕石 隕鉄 スウェーデン 110
【石サイズ】 約 縦26X横21X高3.6mm 【石の重さ】 約12.4g 【金具部分】 真鍮 【黒色のチョーカー(おまけ)】 素材:PUレザー 長さ:約45-50cm(アジャスターで調整可能) 紐の太さ:約1.5〜2㎜ 【その他】 天然の隕石ですので夏場や湿度が高い場所、汗をかく状況での使用が続くと錆びる場合がございます。 使用した日は鉱物油などを塗布し、使用しない時は鉱物油に浸すなどして錆の発生を防いで下さい。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライトIVA 【発見地】 スウェーデン王国ノルボッテン郡 【発見年】 1906年 【歴史】 紀元前約100万年に現在のスウェーデンとフィンランドの国境にあるスカンジナビア北部に落下したとされています。 総回収量は230Kgでの鉄隕石で、ムオニオ川周辺で見つかったことから1910年にHogbom教授によってムオニナルスタと名づけられました。 研究によれば地球上に落下して以来、4回の氷河期を経験しており、北極のツンドラの氷山からも発掘されています。 鉄隕石の中でもウィドマンシュテッテン構造が特に美しく出ている隕石として人気があります。 飛散地域が北極圏にあるためにメテオライトハンターでも探知が困難で、市場に流通している量も少ない隕石です。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5−13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 10,800
ムオニナルスタ隕石 ムオニオナルスタ隕石 37mm メテオライト ペンダント PT 鉄隕石 隕鉄 スウェーデン 111
ムオニナルスタ隕石 ムオニオナルスタ隕石 37mm メテオライト ペンダント PT 鉄隕石 隕鉄 スウェーデン 111
【石サイズ】 約 縦37X横41X高2.2mm 【石の重さ】 約13.1g 【金具部分】 真鍮 【黒色のチョーカー(おまけ)】 素材:PUレザー 長さ:約45-50cm(アジャスターで調整可能) 紐の太さ:約1.5〜2㎜ 【その他】 天然の隕石ですので夏場や湿度が高い場所、汗をかく状況での使用が続くと錆びる場合がございます。 使用した日は鉱物油などを塗布し、使用しない時は鉱物油に浸すなどして錆の発生を防いで下さい。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライトIVA 【発見地】 スウェーデン王国ノルボッテン郡 【発見年】 1906年 【歴史】 紀元前約100万年に現在のスウェーデンとフィンランドの国境にあるスカンジナビア北部に落下したとされています。 総回収量は230Kgでの鉄隕石で、ムオニオ川周辺で見つかったことから1910年にHogbom教授によってムオニナルスタと名づけられました。 研究によれば地球上に落下して以来、4回の氷河期を経験しており、北極のツンドラの氷山からも発掘されています。 鉄隕石の中でもウィドマンシュテッテン構造が特に美しく出ている隕石として人気があります。 飛散地域が北極圏にあるためにメテオライトハンターでも探知が困難で、市場に流通している量も少ない隕石です。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5−13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 10,800
ムオニナルスタ隕石 ムオニオナルスタ隕石 44mm メテオライト ペンダント PT 鉄隕石 隕鉄 スウェーデン 112
ムオニナルスタ隕石 ムオニオナルスタ隕石 44mm メテオライト ペンダント PT 鉄隕石 隕鉄 スウェーデン 112
【石サイズ】 約 縦44X横21X高3.6mm 【石の重さ】 約13.4g 【金具部分】 真鍮 【黒色のチョーカー(おまけ)】 素材:PUレザー 長さ:約45-50cm(アジャスターで調整可能) 紐の太さ:約1.5〜2㎜ 【その他】 天然の隕石ですので夏場や湿度が高い場所、汗をかく状況での使用が続くと錆びる場合がございます。 使用した日は鉱物油などを塗布し、使用しない時は鉱物油に浸すなどして錆の発生を防いで下さい。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライトIVA 【発見地】 スウェーデン王国ノルボッテン郡 【発見年】 1906年 【歴史】 紀元前約100万年に現在のスウェーデンとフィンランドの国境にあるスカンジナビア北部に落下したとされています。 総回収量は230Kgでの鉄隕石で、ムオニオ川周辺で見つかったことから1910年にHogbom教授によってムオニナルスタと名づけられました。 研究によれば地球上に落下して以来、4回の氷河期を経験しており、北極のツンドラの氷山からも発掘されています。 鉄隕石の中でもウィドマンシュテッテン構造が特に美しく出ている隕石として人気があります。 飛散地域が北極圏にあるためにメテオライトハンターでも探知が困難で、市場に流通している量も少ない隕石です。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5−13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 10,800
ムオニナルスタ隕石 ムオニオナルスタ隕石 41mm メテオライト ペンダント PT 鉄隕石 隕鉄 スウェーデン 113
ムオニナルスタ隕石 ムオニオナルスタ隕石 41mm メテオライト ペンダント PT 鉄隕石 隕鉄 スウェーデン 113
【石サイズ】 約 縦41X横26X高2.8mm 【石の重さ】 約13.4g 【金具部分】 真鍮 【黒色のチョーカー(おまけ)】 素材:PUレザー 長さ:約45-50cm(アジャスターで調整可能) 紐の太さ:約1.5〜2㎜ 【その他】 天然の隕石ですので夏場や湿度が高い場所、汗をかく状況での使用が続くと錆びる場合がございます。 使用した日は鉱物油などを塗布し、使用しない時は鉱物油に浸すなどして錆の発生を防いで下さい。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライトIVA 【発見地】 スウェーデン王国ノルボッテン郡 【発見年】 1906年 【歴史】 紀元前約100万年に現在のスウェーデンとフィンランドの国境にあるスカンジナビア北部に落下したとされています。 総回収量は230Kgでの鉄隕石で、ムオニオ川周辺で見つかったことから1910年にHogbom教授によってムオニナルスタと名づけられました。 研究によれば地球上に落下して以来、4回の氷河期を経験しており、北極のツンドラの氷山からも発掘されています。 鉄隕石の中でもウィドマンシュテッテン構造が特に美しく出ている隕石として人気があります。 飛散地域が北極圏にあるためにメテオライトハンターでも探知が困難で、市場に流通している量も少ない隕石です。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5−13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 10,800
セイムチャン隕石 31mm メテオライト ペンダント PT 石鉄隕石 パラサイト ロシア Seymchan 30
セイムチャン隕石 31mm メテオライト ペンダント PT 石鉄隕石 パラサイト ロシア Seymchan 30
【石サイズ】 約 縦31X横21X高3.6mm 【石の重さ】 約17.3g ※海外ではセイムチャン・シデライト(セイムチャンの隕鉄という意味)と表記されているタイプです。 【金具部分】 真鍮 【黒色のチョーカー(おまけ)】 素材:PUレザー 長さ:約45-50cm(アジャスターで調整可能) 紐の太さ:約1.5〜2㎜ 【その他】 天然の隕石ですので夏場や湿度が高い場所、汗をかく状況での使用が続くと錆びる場合がございます。 使用した日は鉱物油などを塗布し、使用しない時は鉱物油に浸すなどして錆の発生を防いで下さい。 【種類】 石鉄隕石 PMG(パラサイトメイングループ) 【発見地】 ロシア連邦マダガン州ブルックベッド 【発見年】 1967年6月 【歴史】 地質学者のF. A. Mednikovがブルックベッドの地質調査中に272.3Kgの塊をヘカンドゥ川で発見しました。 同年10月には、地雷探知機を使い最初の塊から20m離れた場所にてI. H. Markovが51Kgの塊を発見し、主要な塊はソ連の科学アカデミーに送られました。 【特徴】 非常に安定しているパラサイトで、錆びにくいのが特徴です。 2004年には約50Kgの新しいセイムチャン隕石の塊をDmitri Kachalinが発見し、1967年の塊は鉄隕石、2004年の塊の約20%が石鉄隕石となっています。 ※錆びにくいですが、錆防止のためコーティングされています。 【石鉄隕石】 石鉄隕石は、ほぼ等量の鉄-ニッケル合金とケイ酸塩鉱物からなる隕石で、パラサイトとメソシデライトに分類されますが、マントル由来でほぼ等量の鉄‐ニッケル合金とケイ酸塩鉱物から出来ているというほかは、共通点が少ないのが特徴です。 【パラサイト】 パラサイトは、丸みのある粗粒状の橄欖岩とその間を埋める鉄-ニッケル合金から出来ています。下部マントルのケイ酸塩と鉄-ニッケル合金が溶液化したものが固化したと考えられています。 非常に貴重で地球に落下する隕石のおよそ1パーセントがパラサイトで、日本では1898年に高知県に落下した330gの在所隕石が唯一となっています。
¥ 13,980