• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

月隕石、火星隕石

NWA11273 0.39g 原石 標本 月隕石 月の石 ムーンロック アルジェリア 2
NWA11273 0.39g 原石 標本 月隕石 月の石 ムーンロック アルジェリア 2
【サイズ】 約 縦13X横8X高2.4mm 【重さ】 約0.39g 【種類】 月隕石 長石質角礫岩 【発見地】 アルジェリア民主人民共和国ティンドゥフ 【発見年】 2017年4月 【歴史】 総既知重量2.81Kgで、2017年4月にモロッコの隕石ディーラーが販売していたものを3人の隕石コレクター(Rob Wesel、Eric Twelker、Jason Phillips)が購入したことによって発見されました。 【特徴】 安山岩、かんらん石、ピジョン輝石、褐鉄鉱、クロム鉄鉱、チタンやクロムや鉄のスピネル、カマサイト、テーナイトおよびトロイリ鉱の鉱物質砕屑からなる角礫岩で、サンプルを分析したところ、とても希少な月の玄武岩の礫とガラスの破片の存在も確認できたそうです。 【月起源隕石】 月隕石(Lunar meteorite)は、地球で発見された月を起源に持つ隕石のことで、大部分の月隕石は月へ他天体が衝突したことによって吹き飛ばされた破片です。 月に着陸したアポロ計画で採取された月の石は月の狭い地域から採取されましたが、月隕石は月の裏側を含む地質学データを分析できると考えられています。 月は海と高地があり、月の地表の16%を占めているのは濃い色の玄武岩で覆われた月の海(平原)ですが、地球のように水があるわけではありません。 2013年2月現在、月起源隕石は50個ほどが地球に落下したと考えられています。 【角礫岩】 いろいろな岩石の破片が寄り集まって形成されており、月の高地では最も良く存在している岩石です。 月は長い歴史を通じて無数の隕石の衝突にさらされてきましたが、その結果、生じた岩石の破片が衝突の熱や圧力で再結合し角礫岩となりました。
¥ 34,800
NWA11273 0.41g 原石 標本 月隕石 月の石 ムーンロック アルジェリア 7
NWA11273 0.41g 原石 標本 月隕石 月の石 ムーンロック アルジェリア 7
【サイズ】 約 縦16X横8X高1.6mm 【重さ】 約0.41g 【種類】 月隕石 長石質角礫岩 【発見地】 アルジェリア民主人民共和国ティンドゥフ 【発見年】 2017年4月 【歴史】 総既知重量2.81Kgで、2017年4月にモロッコの隕石ディーラーが販売していたものを3人の隕石コレクター(Rob Wesel、Eric Twelker、Jason Phillips)が購入したことによって発見されました。 【特徴】 安山岩、かんらん石、ピジョン輝石、褐鉄鉱、クロム鉄鉱、チタンやクロムや鉄のスピネル、カマサイト、テーナイトおよびトロイリ鉱の鉱物質砕屑からなる角礫岩で、サンプルを分析したところ、とても希少な月の玄武岩の礫とガラスの破片の存在も確認できたそうです。 【月起源隕石】 月隕石(Lunar meteorite)は、地球で発見された月を起源に持つ隕石のことで、大部分の月隕石は月へ他天体が衝突したことによって吹き飛ばされた破片です。 月に着陸したアポロ計画で採取された月の石は月の狭い地域から採取されましたが、月隕石は月の裏側を含む地質学データを分析できると考えられています。 月は海と高地があり、月の地表の16%を占めているのは濃い色の玄武岩で覆われた月の海(平原)ですが、地球のように水があるわけではありません。 2013年2月現在、月起源隕石は50個ほどが地球に落下したと考えられています。 【角礫岩】 いろいろな岩石の破片が寄り集まって形成されており、月の高地では最も良く存在している岩石です。 月は長い歴史を通じて無数の隕石の衝突にさらされてきましたが、その結果、生じた岩石の破片が衝突の熱や圧力で再結合し角礫岩となりました。
¥ 28,000
NWA11273 0.3g 原石 標本 月隕石 月の石 ムーンロック アルジェリア 6
NWA11273 0.3g 原石 標本 月隕石 月の石 ムーンロック アルジェリア 6
【サイズ】 約 縦10X横10X高1.7mm 【重さ】 約0.30g 【種類】 月隕石 長石質角礫岩 【発見地】 アルジェリア民主人民共和国ティンドゥフ 【発見年】 2017年4月 【歴史】 総既知重量2.81Kgで、2017年4月にモロッコの隕石ディーラーが販売していたものを3人の隕石コレクター(Rob Wesel、Eric Twelker、Jason Phillips)が購入したことによって発見されました。 【特徴】 安山岩、かんらん石、ピジョン輝石、褐鉄鉱、クロム鉄鉱、チタンやクロムや鉄のスピネル、カマサイト、テーナイトおよびトロイリ鉱の鉱物質砕屑からなる角礫岩で、サンプルを分析したところ、とても希少な月の玄武岩の礫とガラスの破片の存在も確認できたそうです。 【月起源隕石】 月隕石(Lunar meteorite)は、地球で発見された月を起源に持つ隕石のことで、大部分の月隕石は月へ他天体が衝突したことによって吹き飛ばされた破片です。 月に着陸したアポロ計画で採取された月の石は月の狭い地域から採取されましたが、月隕石は月の裏側を含む地質学データを分析できると考えられています。 月は海と高地があり、月の地表の16%を占めているのは濃い色の玄武岩で覆われた月の海(平原)ですが、地球のように水があるわけではありません。 2013年2月現在、月起源隕石は50個ほどが地球に落下したと考えられています。 【角礫岩】 いろいろな岩石の破片が寄り集まって形成されており、月の高地では最も良く存在している岩石です。 月は長い歴史を通じて無数の隕石の衝突にさらされてきましたが、その結果、生じた岩石の破片が衝突の熱や圧力で再結合し角礫岩となりました。
¥ 21,800
NWA11273 0.22g 原石 標本 月隕石 月の石 ムーンロック アルジェリア 5
NWA11273 0.22g 原石 標本 月隕石 月の石 ムーンロック アルジェリア 5
【サイズ】 約 縦10X横9X高1.3mm 【重さ】 約0.22g 【種類】 月隕石 長石質角礫岩 【発見地】 アルジェリア民主人民共和国ティンドゥフ 【発見年】 2017年4月 【歴史】 総既知重量2.81Kgで、2017年4月にモロッコの隕石ディーラーが販売していたものを3人の隕石コレクター(Rob Wesel、Eric Twelker、Jason Phillips)が購入したことによって発見されました。 【特徴】 安山岩、かんらん石、ピジョン輝石、褐鉄鉱、クロム鉄鉱、チタンやクロムや鉄のスピネル、カマサイト、テーナイトおよびトロイリ鉱の鉱物質砕屑からなる角礫岩で、サンプルを分析したところ、とても希少な月の玄武岩の礫とガラスの破片の存在も確認できたそうです。 【月起源隕石】 月隕石(Lunar meteorite)は、地球で発見された月を起源に持つ隕石のことで、大部分の月隕石は月へ他天体が衝突したことによって吹き飛ばされた破片です。 月に着陸したアポロ計画で採取された月の石は月の狭い地域から採取されましたが、月隕石は月の裏側を含む地質学データを分析できると考えられています。 月は海と高地があり、月の地表の16%を占めているのは濃い色の玄武岩で覆われた月の海(平原)ですが、地球のように水があるわけではありません。 2013年2月現在、月起源隕石は50個ほどが地球に落下したと考えられています。 【角礫岩】 いろいろな岩石の破片が寄り集まって形成されており、月の高地では最も良く存在している岩石です。 月は長い歴史を通じて無数の隕石の衝突にさらされてきましたが、その結果、生じた岩石の破片が衝突の熱や圧力で再結合し角礫岩となりました。
¥ 15,800
NWA6963 40mg 火星隕石 火星の石 マーズロック 原石 標本 Martian Meteorite 3
NWA6963 40mg 火星隕石 火星の石 マーズロック 原石 標本 Martian Meteorite 3
【サイズ】 約4mm 【重さ】 約40mg 【種類】 火星隕石 SNC シャーゴッタイト 【発見地】 モロッコ王国南部 【発見年】 2011年9月 【歴史】 2011年9月にモロッコの隕石ハンターが最初の3個の破片を発見し、正確な分析をする前にAHabibiという方に販売しました。 その後、この隕石ハンターは約6か月間、同じ場所で破片の収集をし続け、2012年5月中旬にはNWA6963の産地の噂が広がり大勢の隕石ハンターが収集に向かいました。大きなものは100gから700gもあり総質量は8-10Kgとされています。 2012年6月にフランスのエンシスハイムで開催されたショーで購入された標本がアメリカに送られ正式に隕石として登録されました。 NWA6963の別名は採取された場所にちなんでフェイエルリーとも言います。 【火星起源隕石】 火星に別の天体が衝突した際に放出された隕石だといわれており、地球上では2016年時点で172個が確認されています。 SNC隕石はエイコンドライト隕石群であり、火星からのものであると仮定されています。 SNC隕石は、顕微鏡なしではっきりと見ることができない小さな鉱物の粒でできています。 これらの小さな粒を見るために、科学者は岩石サンプルを非常に薄く(0.03ミリメートル)に研磨し、光が透けてみえるようになってから観察します。 ※SNC隕石(火星隕石グループのシャーゴッタイト・ナクライト・シャシナイトの略)
¥ 17,800
NWA6963 20mg 火星隕石 火星の石 マーズロック 原石 標本 Martian Meteorite 4
NWA6963 20mg 火星隕石 火星の石 マーズロック 原石 標本 Martian Meteorite 4
【サイズ】 約3mm 【重さ】 約20mg 【種類】 火星隕石 SNC シャーゴッタイト 【発見地】 モロッコ王国南部 【発見年】 2011年9月 【歴史】 2011年9月にモロッコの隕石ハンターが最初の3個の破片を発見し、正確な分析をする前にAHabibiという方に販売しました。 その後、この隕石ハンターは約6か月間、同じ場所で破片の収集をし続け、2012年5月中旬にはNWA6963の産地の噂が広がり大勢の隕石ハンターが収集に向かいました。大きなものは100gから700gもあり総質量は8-10Kgとされています。 2012年6月にフランスのエンシスハイムで開催されたショーで購入された標本がアメリカに送られ正式に隕石として登録されました。 NWA6963の別名は採取された場所にちなんでフェイエルリーとも言います。 【火星起源隕石】 火星に別の天体が衝突した際に放出された隕石だといわれており、地球上では2016年時点で172個が確認されています。 SNC隕石はエイコンドライト隕石群であり、火星からのものであると仮定されています。 SNC隕石は、顕微鏡なしではっきりと見ることができない小さな鉱物の粒でできています。 これらの小さな粒を見るために、科学者は岩石サンプルを非常に薄く(0.03ミリメートル)に研磨し、光が透けてみえるようになってから観察します。 ※SNC隕石(火星隕石グループのシャーゴッタイト・ナクライト・シャシナイトの略)
¥ 17,800
NWA6963 30mg 火星隕石 火星の石 マーズロック 原石 標本 Martian Meteorite 5
NWA6963 30mg 火星隕石 火星の石 マーズロック 原石 標本 Martian Meteorite 5
【サイズ】 約4mm 【重さ】 約30mg 【種類】 火星隕石 SNC シャーゴッタイト 【発見地】 モロッコ王国南部 【発見年】 2011年9月 【歴史】 2011年9月にモロッコの隕石ハンターが最初の3個の破片を発見し、正確な分析をする前にAHabibiという方に販売しました。 その後、この隕石ハンターは約6か月間、同じ場所で破片の収集をし続け、2012年5月中旬にはNWA6963の産地の噂が広がり大勢の隕石ハンターが収集に向かいました。大きなものは100gから700gもあり総質量は8-10Kgとされています。 2012年6月にフランスのエンシスハイムで開催されたショーで購入された標本がアメリカに送られ正式に隕石として登録されました。 NWA6963の別名は採取された場所にちなんでフェイエルリーとも言います。 【火星起源隕石】 火星に別の天体が衝突した際に放出された隕石だといわれており、地球上では2016年時点で172個が確認されています。 SNC隕石はエイコンドライト隕石群であり、火星からのものであると仮定されています。 SNC隕石は、顕微鏡なしではっきりと見ることができない小さな鉱物の粒でできています。 これらの小さな粒を見るために、科学者は岩石サンプルを非常に薄く(0.03ミリメートル)に研磨し、光が透けてみえるようになってから観察します。 ※SNC隕石(火星隕石グループのシャーゴッタイト・ナクライト・シャシナイトの略)
¥ 17,800
NWA6963 30mg 火星隕石 火星の石 マーズロック 原石 標本 Martian Meteorite 6
NWA6963 30mg 火星隕石 火星の石 マーズロック 原石 標本 Martian Meteorite 6
【サイズ】 約3.8mm 【重さ】 約30mg 【種類】 火星隕石 SNC シャーゴッタイト 【発見地】 モロッコ王国南部 【発見年】 2011年9月 【歴史】 2011年9月にモロッコの隕石ハンターが最初の3個の破片を発見し、正確な分析をする前にAHabibiという方に販売しました。 その後、この隕石ハンターは約6か月間、同じ場所で破片の収集をし続け、2012年5月中旬にはNWA6963の産地の噂が広がり大勢の隕石ハンターが収集に向かいました。大きなものは100gから700gもあり総質量は8-10Kgとされています。 2012年6月にフランスのエンシスハイムで開催されたショーで購入された標本がアメリカに送られ正式に隕石として登録されました。 NWA6963の別名は採取された場所にちなんでフェイエルリーとも言います。 【火星起源隕石】 火星に別の天体が衝突した際に放出された隕石だといわれており、地球上では2016年時点で172個が確認されています。 SNC隕石はエイコンドライト隕石群であり、火星からのものであると仮定されています。 SNC隕石は、顕微鏡なしではっきりと見ることができない小さな鉱物の粒でできています。 これらの小さな粒を見るために、科学者は岩石サンプルを非常に薄く(0.03ミリメートル)に研磨し、光が透けてみえるようになってから観察します。 ※SNC隕石(火星隕石グループのシャーゴッタイト・ナクライト・シャシナイトの略)
¥ 17,800
NWA6963 20mg 火星隕石 火星の石 マーズロック 原石 標本 Martian Meteorite 7
NWA6963 20mg 火星隕石 火星の石 マーズロック 原石 標本 Martian Meteorite 7
【サイズ】 約3.5mm 【重さ】 約20mg 【種類】 火星隕石 SNC シャーゴッタイト 【発見地】 モロッコ王国南部 【発見年】 2011年9月 【歴史】 2011年9月にモロッコの隕石ハンターが最初の3個の破片を発見し、正確な分析をする前にAHabibiという方に販売しました。 その後、この隕石ハンターは約6か月間、同じ場所で破片の収集をし続け、2012年5月中旬にはNWA6963の産地の噂が広がり大勢の隕石ハンターが収集に向かいました。大きなものは100gから700gもあり総質量は8-10Kgとされています。 2012年6月にフランスのエンシスハイムで開催されたショーで購入された標本がアメリカに送られ正式に隕石として登録されました。 NWA6963の別名は採取された場所にちなんでフェイエルリーとも言います。 【火星起源隕石】 火星に別の天体が衝突した際に放出された隕石だといわれており、地球上では2016年時点で172個が確認されています。 SNC隕石はエイコンドライト隕石群であり、火星からのものであると仮定されています。 SNC隕石は、顕微鏡なしではっきりと見ることができない小さな鉱物の粒でできています。 これらの小さな粒を見るために、科学者は岩石サンプルを非常に薄く(0.03ミリメートル)に研磨し、光が透けてみえるようになってから観察します。 ※SNC隕石(火星隕石グループのシャーゴッタイト・ナクライト・シャシナイトの略)
¥ 17,800
NWA6963 20mg 火星隕石 火星の石 マーズロック 原石 標本 Martian Meteorite 8
NWA6963 20mg 火星隕石 火星の石 マーズロック 原石 標本 Martian Meteorite 8
【サイズ】 約2・2mm 【重さ】 約20mg/セット 【種類】 火星隕石 SNC シャーゴッタイト 【発見地】 モロッコ王国南部 【発見年】 2011年9月 【歴史】 2011年9月にモロッコの隕石ハンターが最初の3個の破片を発見し、正確な分析をする前にAHabibiという方に販売しました。 その後、この隕石ハンターは約6か月間、同じ場所で破片の収集をし続け、2012年5月中旬にはNWA6963の産地の噂が広がり大勢の隕石ハンターが収集に向かいました。大きなものは100gから700gもあり総質量は8-10Kgとされています。 2012年6月にフランスのエンシスハイムで開催されたショーで購入された標本がアメリカに送られ正式に隕石として登録されました。 NWA6963の別名は採取された場所にちなんでフェイエルリーとも言います。 【火星起源隕石】 火星に別の天体が衝突した際に放出された隕石だといわれており、地球上では2016年時点で172個が確認されています。 SNC隕石はエイコンドライト隕石群であり、火星からのものであると仮定されています。 SNC隕石は、顕微鏡なしではっきりと見ることができない小さな鉱物の粒でできています。 これらの小さな粒を見るために、科学者は岩石サンプルを非常に薄く(0.03ミリメートル)に研磨し、光が透けてみえるようになってから観察します。 ※SNC隕石(火星隕石グループのシャーゴッタイト・ナクライト・シャシナイトの略)
¥ 17,800
NWA11182 0.17g 原石 標本 月隕石 月の石 ムーンロック マリ共和国 1
NWA11182 0.17g 原石 標本 月隕石 月の石 ムーンロック マリ共和国 1
【サイズ】 約 縦11X横4X高4mm 【重さ】 約0.17g 【種類】 月隕石 長石質角礫岩 【発見地】 マリ共和国北部の砂漠地帯 【発見年】 2017年2月 【歴史】 2017年のツーソンショーでSaid HaddanyからRuben Garciaが購入したことで発見されました。 総質量はわずか60gで、12gをニューメキシコ大学が保有し、主な標本は発見者のルーベンガルシアが保有しています。 【月起源隕石】 月隕石(Lunar meteorite)は、地球で発見された月を起源に持つ隕石のことで、大部分の月隕石は月へ他天体が衝突したことによって吹き飛ばされた破片です。 月に着陸したアポロ計画で採取された月の石は月の狭い地域から採取されましたが、月隕石は月の裏側を含む地質学データを分析できると考えられています。 月は海と高地があり、月の地表の16%を占めているのは濃い色の玄武岩で覆われた月の海(平原)ですが、地球のように水があるわけではありません。 2013年2月現在、月起源隕石は50個ほどが地球に落下したと考えられています。 【角礫岩】 いろいろな岩石の破片が寄り集まって形成されており、月の高地では最も良く存在している岩石です。 月は長い歴史を通じて無数の隕石の衝突にさらされてきましたが、その結果、生じた岩石の破片が衝突の熱や圧力で再結合し角礫岩となりました。
¥ 17,800
NWA11182 0.11g 原石 標本 月隕石 月の石 ムーンロック マリ共和国 2
NWA11182 0.11g 原石 標本 月隕石 月の石 ムーンロック マリ共和国 2
【サイズ】 約 縦6X横5X高5mm 【重さ】 約0.11g 【種類】 月隕石 長石質角礫岩 【発見地】 マリ共和国北部の砂漠地帯 【発見年】 2017年2月 【歴史】 2017年のツーソンショーでSaid HaddanyからRuben Garciaが購入したことで発見されました。 総質量はわずか60gで、12gをニューメキシコ大学が保有し、主な標本は発見者のルーベンガルシアが保有しています。 【月起源隕石】 月隕石(Lunar meteorite)は、地球で発見された月を起源に持つ隕石のことで、大部分の月隕石は月へ他天体が衝突したことによって吹き飛ばされた破片です。 月に着陸したアポロ計画で採取された月の石は月の狭い地域から採取されましたが、月隕石は月の裏側を含む地質学データを分析できると考えられています。 月は海と高地があり、月の地表の16%を占めているのは濃い色の玄武岩で覆われた月の海(平原)ですが、地球のように水があるわけではありません。 2013年2月現在、月起源隕石は50個ほどが地球に落下したと考えられています。 【角礫岩】 いろいろな岩石の破片が寄り集まって形成されており、月の高地では最も良く存在している岩石です。 月は長い歴史を通じて無数の隕石の衝突にさらされてきましたが、その結果、生じた岩石の破片が衝突の熱や圧力で再結合し角礫岩となりました。
¥ 17,800
NWA11444 0.26g 原石 標本 月隕石 月の石 ムーンロック モーリタニア 1
NWA11444 0.26g 原石 標本 月隕石 月の石 ムーンロック モーリタニア 1
【サイズ】 約 縦8X横6X高3.8mm 【重さ】 約0.26g 【種類】 月隕石 インパクトメルト角礫岩 【発見地】 モーリタニア 【発見年】 2017年 【歴史】 総既知重量1323gで、モーリタニアのどの地域でこの隕石が収集されたかは秘匿されており正確にはわかっていません。 Ali El WaliからGraham Ensorが小さな破片を購入したことによって発見されました。その後、多数の破片が収集されましたが、砂漠の気候のせいで表面はデコボコしたものが多かったが、土層で回収された破片は比較的デコボコしていませんでした。 最終的に回収された破片は約200個にもなり、外観は暗いものから明るいものまで様々です。 【月起源隕石】 月隕石(Lunar meteorite)は、地球で発見された月を起源に持つ隕石のことで、大部分の月隕石は月へ他天体が衝突したことによって吹き飛ばされた破片です。 月に着陸したアポロ計画で採取された月の石は月の狭い地域から採取されましたが、月隕石は月の裏側を含む地質学データを分析できると考えられています。 月は海と高地があり、月の地表の16%を占めているのは濃い色の玄武岩で覆われた月の海(平原)ですが、地球のように水があるわけではありません。 2013年2月現在、月起源隕石は50個ほどが地球に落下したと考えられています。 【インパクトメルト角礫岩】 様々な高地の岩石の破片が隕石の衝突によって融解し再結晶化したものです。 融解した部分(インパクトメルト体)の化学組成は玄武岩に近くLKFM玄武岩と呼ばれています。 月の海の玄武岩は火山性ですが、LKFM玄武岩は衝突による融解で生成されており、アルミニウムは乏しく鉄を含んでいます。
¥ 24,800
ダルアルガニ隕石 15mg 原石 標本 月隕石 月の石 リビア Dar al Gani 400 No12
ダルアルガニ隕石 15mg 原石 標本 月隕石 月の石 リビア Dar al Gani 400 No12
この月隕石は、イギリスはロンドンにあるMeteoritical Societyの規格に沿った月隕石で、I.M.C.A.(International Meteorite Collectors Association)によって、品質が保証されています。 【サイズ】 約2mm 【重さ】 約15mg 【種類】 月隕石 斜長岩質角礫岩 【発見地】 リビア国ダルアルガニ 【発見年】 1998年3月10日 【歴史】 総既知重量1425gで、リビアのサハラ砂漠にあるダルアルガニで1425gの石の塊が発見されました。 隕石の一部は茶色がかった融合地殻で覆われています。 化学的およびO同位体組成は月の高地にある石の特徴であり、月の石は過去にアメリカ合衆国のアポロ計画とソビエト連邦のルナ計画によって月面で採取されているため、そのサンプルと比較することによって月起源の隕石であると結論づけられました。 【月起源隕石】 月隕石(Lunar meteorite)は、地球で発見された月を起源に持つ隕石のことで、大部分の月隕石は月へ他天体が衝突したことによって吹き飛ばされた破片です。 月に着陸したアポロ計画で採取された月の石は月の狭い地域から採取されましたが、月隕石は月の裏側を含む地質学データを分析できると考えられています。 月は海と高地があり、月の地表の16%を占めているのは濃い色の玄武岩で覆われた月の海(平原)ですが、地球のように水があるわけではありません。 2013年2月現在、月起源隕石は50個ほどが地球に落下したと考えられています。 【斜長岩】 高地の地殻の大部分を占める月の始原的な岩石でアルミニウムに富み密度が低く、月の誕生とほぼ等しい45.1〜44.4億年前に形成されました。 月の形成直後は、表面の大部分が融解した溶岩の海であったと考えられており、冷却の過程で軽い斜長岩が浮かび上がり固化し地殻となりました。
¥ 11,800
ダルアルガニ隕石 2.8mm 原石 標本 月隕石 月の石 リビア Dar al Gani 400 No3
ダルアルガニ隕石 2.8mm 原石 標本 月隕石 月の石 リビア Dar al Gani 400 No3
この月隕石は、イギリスはロンドンにあるMeteoritical Societyの規格に沿った月隕石で、I.M.C.A.(International Meteorite Collectors Association)によって、品質が保証されています。 【サイズ】 約2.8mm 【種類】 月隕石 斜長岩質角礫岩 【発見地】 リビア国ダルアルガニ 【発見年】 1998年3月10日 【歴史】 総既知重量1425gで、リビアのサハラ砂漠にあるダルアルガニで1425gの石の塊が発見されました。 隕石の一部は茶色がかった融合地殻で覆われています。 化学的およびO同位体組成は月の高地にある石の特徴であり、月の石は過去にアメリカ合衆国のアポロ計画とソビエト連邦のルナ計画によって月面で採取されているため、そのサンプルと比較することによって月起源の隕石であると結論づけられました。 【月起源隕石】 月隕石(Lunar meteorite)は、地球で発見された月を起源に持つ隕石のことで、大部分の月隕石は月へ他天体が衝突したことによって吹き飛ばされた破片です。 月に着陸したアポロ計画で採取された月の石は月の狭い地域から採取されましたが、月隕石は月の裏側を含む地質学データを分析できると考えられています。 月は海と高地があり、月の地表の16%を占めているのは濃い色の玄武岩で覆われた月の海(平原)ですが、地球のように水があるわけではありません。 2013年2月現在、月起源隕石は50個ほどが地球に落下したと考えられています。 【斜長岩】 高地の地殻の大部分を占める月の始原的な岩石でアルミニウムに富み密度が低く、月の誕生とほぼ等しい45.1〜44.4億年前に形成されました。 月の形成直後は、表面の大部分が融解した溶岩の海であったと考えられており、冷却の過程で軽い斜長岩が浮かび上がり固化し地殻となりました。
¥ 12,800
ダルアルガニ隕石 15mg 原石 標本 月隕石 月の石 リビア Dar al Gani 400 No10
ダルアルガニ隕石 15mg 原石 標本 月隕石 月の石 リビア Dar al Gani 400 No10
この月隕石は、イギリスはロンドンにあるMeteoritical Societyの規格に沿った月隕石で、I.M.C.A.(International Meteorite Collectors Association)によって、品質が保証されています。 【サイズ】 約2mm 【重さ】 約15mg 【種類】 月隕石 斜長岩質角礫岩 【発見地】 リビア国ダルアルガニ 【発見年】 1998年3月10日 【歴史】 総既知重量1425gで、リビアのサハラ砂漠にあるダルアルガニで1425gの石の塊が発見されました。 隕石の一部は茶色がかった融合地殻で覆われています。 化学的およびO同位体組成は月の高地にある石の特徴であり、月の石は過去にアメリカ合衆国のアポロ計画とソビエト連邦のルナ計画によって月面で採取されているため、そのサンプルと比較することによって月起源の隕石であると結論づけられました。 【月起源隕石】 月隕石(Lunar meteorite)は、地球で発見された月を起源に持つ隕石のことで、大部分の月隕石は月へ他天体が衝突したことによって吹き飛ばされた破片です。 月に着陸したアポロ計画で採取された月の石は月の狭い地域から採取されましたが、月隕石は月の裏側を含む地質学データを分析できると考えられています。 月は海と高地があり、月の地表の16%を占めているのは濃い色の玄武岩で覆われた月の海(平原)ですが、地球のように水があるわけではありません。 2013年2月現在、月起源隕石は50個ほどが地球に落下したと考えられています。 【斜長岩】 高地の地殻の大部分を占める月の始原的な岩石でアルミニウムに富み密度が低く、月の誕生とほぼ等しい45.1〜44.4億年前に形成されました。 月の形成直後は、表面の大部分が融解した溶岩の海であったと考えられており、冷却の過程で軽い斜長岩が浮かび上がり固化し地殻となりました。
¥ 11,800
火星隕石 火星の石 7mg NWA4766 マーズロック SNC 原石 標本 Mars Meteorite 16
火星隕石 火星の石 7mg NWA4766 マーズロック SNC 原石 標本 Mars Meteorite 16
この火星の石は、イギリスはロンドンにあるMeteoritical Societyの規格に沿った火星の石で、I.M.C.A.(International Meteorite Collectors Association)によって、品質が保証されています。 【サイズ】 約2.5mm 【重さ】 約7mg ※プラケースには擦りキズや細かいキズがあることを予めご了承下さい。 【種類】 火星隕石 SNC シャーゴッタイト 【発見地】 モロッコのタゴナイト 【発見年】 2007年 【歴史】 総回収量は、わずか47gとなっております。 2007年にモロッコのタゴナイトで隕石ハンターが隕石の採掘者から購入したことで発見されました。 NWA4766の正式名称は、Northwest Africa 4766となります。 【特徴】 火星に別の隕石が衝突した際に放出された隕石だといわれており、地球上でも発見されています。 SNC隕石はエイコンドライト隕石群であり、火星からのものであると仮定されています。 SNC隕石は、顕微鏡なしではっきりと見ることができない小さな鉱物の粒でできています。 これらの小さな粒を見るために、科学者は岩石サンプルを非常に薄く(0.03ミリメートル)に研磨し、光が透けてみえるようになってから観察します。 ※SNC隕石(火星隕石グループのシャーゴッタイト・ナクライト・シャシナイトの略)
¥ 11,800