• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

石鉄隕石

イミラック隕石 30g 原石 標本 石鉄隕石 パラサイト チリ Imilac 6
イミラック隕石 30g 原石 標本 石鉄隕石 パラサイト チリ Imilac 6
オリビン部分に風化がほとんど見られず、今までに見たことがないレベルの極上品です。 【サイズ】 約 縦63X横55X高2.7mm 【重さ】 約30.3g ※防錆のためコーティングがされています。 【種類】 石鉄隕石 PMG(パラサイトメイングループ) 【発見地】 チリ共和国アタカマ砂漠 【発見年】 1822年 【歴史】 総質量は920Kgとされており、1822年にチリ北部のアタカマ砂漠で発見されました。kg単位の塊が多くのメテオライトハンターに発見され、数g単位の小さな破片も数多く発見されています。近年ではメテオライトハンターが大型の機械を導入し、落下地域の捜索を成功させています。 【特徴】 イミラック隕石の標本はオリビンのきめが細かく美しいことから隕石コレクターから高く評価されています。 90%の鉄、9.9%のニッケル、0.0021%のガリウム、0.0046%のゲルマニウム、0.0000071%のイリジウムから組成されています。1Kg以下のものは風化が進んでおり、オリビン部分が茶色くなっているものがほとんどです。 ※錆防止のためコーティングされています。 【石鉄隕石】 石鉄隕石は、ほぼ等量の鉄-ニッケル合金とケイ酸塩鉱物からなる隕石で、パラサイトとメソシデライトに分類されますが、マントル由来でほぼ等量の鉄‐ニッケル合金とケイ酸塩鉱物から出来ているというほかは、共通点が少ないのが特徴です。 【パラサイト】 パラサイトは、丸みのある粗粒状の橄欖岩とその間を埋める鉄-ニッケル合金から出来ています。下部マントルのケイ酸塩と鉄-ニッケル合金が溶液化したものが固化したと考えられています。 非常に貴重で地球に落下する隕石のおよそ1パーセントがパラサイトで、日本では1898年に高知県に落下した330gの在所隕石が唯一となっています。
¥ 288,000
イミラック隕石 29g 原石 標本 石鉄隕石 パラサイト チリ Imilac 5
イミラック隕石 29g 原石 標本 石鉄隕石 パラサイト チリ Imilac 5
オリビン部分に風化がほとんど見られず、今までに見たことがないレベルの極上品です。 【サイズ】 約 縦66X横52X高2.3mm 【重さ】 約29.4g ※防錆のためコーティングがされています。 【種類】 石鉄隕石 PMG(パラサイトメイングループ) 【発見地】 チリ共和国アタカマ砂漠 【発見年】 1822年 【歴史】 総質量は920Kgとされており、1822年にチリ北部のアタカマ砂漠で発見されました。kg単位の塊が多くのメテオライトハンターに発見され、数g単位の小さな破片も数多く発見されています。近年ではメテオライトハンターが大型の機械を導入し、落下地域の捜索を成功させています。 【特徴】 イミラック隕石の標本はオリビンのきめが細かく美しいことから隕石コレクターから高く評価されています。 90%の鉄、9.9%のニッケル、0.0021%のガリウム、0.0046%のゲルマニウム、0.0000071%のイリジウムから組成されています。1Kg以下のものは風化が進んでおり、オリビン部分が茶色くなっているものがほとんどです。 ※錆防止のためコーティングされています。 【石鉄隕石】 石鉄隕石は、ほぼ等量の鉄-ニッケル合金とケイ酸塩鉱物からなる隕石で、パラサイトとメソシデライトに分類されますが、マントル由来でほぼ等量の鉄‐ニッケル合金とケイ酸塩鉱物から出来ているというほかは、共通点が少ないのが特徴です。 【パラサイト】 パラサイトは、丸みのある粗粒状の橄欖岩とその間を埋める鉄-ニッケル合金から出来ています。下部マントルのケイ酸塩と鉄-ニッケル合金が溶液化したものが固化したと考えられています。 非常に貴重で地球に落下する隕石のおよそ1パーセントがパラサイトで、日本では1898年に高知県に落下した330gの在所隕石が唯一となっています。
¥ 280,000
イミラック隕石 23g 原石 標本 石鉄隕石 パラサイト チリ Imilac 5
イミラック隕石 23g 原石 標本 石鉄隕石 パラサイト チリ Imilac 5
オリビン部分に風化がほとんど見られず、今までに見たことがないレベルの極上品です。 【サイズ】 約 縦60X横55X高2.0mm 【重さ】 約23.1g ※防錆のためコーティングがされています。 【種類】 石鉄隕石 PMG(パラサイトメイングループ) 【発見地】 チリ共和国アタカマ砂漠 【発見年】 1822年 【歴史】 総質量は920Kgとされており、1822年にチリ北部のアタカマ砂漠で発見されました。kg単位の塊が多くのメテオライトハンターに発見され、数g単位の小さな破片も数多く発見されています。近年ではメテオライトハンターが大型の機械を導入し、落下地域の捜索を成功させています。 【特徴】 イミラック隕石の標本はオリビンのきめが細かく美しいことから隕石コレクターから高く評価されています。 90%の鉄、9.9%のニッケル、0.0021%のガリウム、0.0046%のゲルマニウム、0.0000071%のイリジウムから組成されています。1Kg以下のものは風化が進んでおり、オリビン部分が茶色くなっているものがほとんどです。 ※錆防止のためコーティングされています。 【石鉄隕石】 石鉄隕石は、ほぼ等量の鉄-ニッケル合金とケイ酸塩鉱物からなる隕石で、パラサイトとメソシデライトに分類されますが、マントル由来でほぼ等量の鉄‐ニッケル合金とケイ酸塩鉱物から出来ているというほかは、共通点が少ないのが特徴です。 【パラサイト】 パラサイトは、丸みのある粗粒状の橄欖岩とその間を埋める鉄-ニッケル合金から出来ています。下部マントルのケイ酸塩と鉄-ニッケル合金が溶液化したものが固化したと考えられています。 非常に貴重で地球に落下する隕石のおよそ1パーセントがパラサイトで、日本では1898年に高知県に落下した330gの在所隕石が唯一となっています。
¥ 218,000
アドマイヤ隕石 3.5g 原石 標本 石鉄隕石 パラサイト アメリカ Admire 5
アドマイヤ隕石 3.5g 原石 標本 石鉄隕石 パラサイト アメリカ Admire 5
【サイズ】 約 縦18X横17X高7mm 【重さ】 約3.5g 【種類】 石鉄隕石 PMG(パラサイトメイングループ) 【発見地】 アメリカ合衆国カンザス州 【発見年】 1881年 【歴史】 アドマイヤ隕石は、1881年にカンザス州のリヨン郡で発見されました。 既に発見されている総質量は1トンを超えており、多くの破片が発見されています。 ニューメキシコ大学で29Kg、米国国立博物館で15Kgが保管されています。 【特徴】 カッティングした直後のものは非常に素晴らしいパラサイトなのですが、不安定で防錆処理をしていないと非常に錆びやすい傾向があります。 【石鉄隕石】 石鉄隕石は、ほぼ等量の鉄-ニッケル合金とケイ酸塩鉱物からなる隕石で、パラサイトとメソシデライトに分類されますが、マントル由来でほぼ等量の鉄‐ニッケル合金とケイ酸塩鉱物から出来ているというほかは、共通点が少ないのが特徴です。 【パラサイト】 パラサイトは、丸みのある粗粒状の橄欖岩とその間を埋める鉄-ニッケル合金から出来ています。下部マントルのケイ酸塩と鉄-ニッケル合金が溶液化したものが固化したと考えられています。 非常に貴重で地球に落下する隕石のおよそ1パーセントがパラサイトで、日本では1898年に高知県に落下した330gの在所隕石が唯一となっています。
¥ 21,800
アドマイヤ隕石 5g 原石 標本 石鉄隕石 パラサイト アメリカ Admire 6
アドマイヤ隕石 5g 原石 標本 石鉄隕石 パラサイト アメリカ Admire 6
【サイズ】 約 縦22X横17X高8mm 【重さ】 約5.2g 【種類】 石鉄隕石 PMG(パラサイトメイングループ) 【発見地】 アメリカ合衆国カンザス州 【発見年】 1881年 【歴史】 アドマイヤ隕石は、1881年にカンザス州のリヨン郡で発見されました。 既に発見されている総質量は1トンを超えており、多くの破片が発見されています。 ニューメキシコ大学で29Kg、米国国立博物館で15Kgが保管されています。 【特徴】 カッティングした直後のものは非常に素晴らしいパラサイトなのですが、不安定で防錆処理をしていないと非常に錆びやすい傾向があります。 【石鉄隕石】 石鉄隕石は、ほぼ等量の鉄-ニッケル合金とケイ酸塩鉱物からなる隕石で、パラサイトとメソシデライトに分類されますが、マントル由来でほぼ等量の鉄‐ニッケル合金とケイ酸塩鉱物から出来ているというほかは、共通点が少ないのが特徴です。 【パラサイト】 パラサイトは、丸みのある粗粒状の橄欖岩とその間を埋める鉄-ニッケル合金から出来ています。下部マントルのケイ酸塩と鉄-ニッケル合金が溶液化したものが固化したと考えられています。 非常に貴重で地球に落下する隕石のおよそ1パーセントがパラサイトで、日本では1898年に高知県に落下した330gの在所隕石が唯一となっています。
¥ 31,800
ボンドク隕石 9.3g 原石 標本 石鉄隕石 メソシデライト フィリピン Bondoc 6
ボンドク隕石 9.3g 原石 標本 石鉄隕石 メソシデライト フィリピン Bondoc 6
【サイズ】 約 縦32X横18X高6mm 【重さ】 約9.3g 【種類】 石鉄隕石 メソシデライト 【発見地】 フィリピン ルソン島ボンドク半島 【発見年】 1956年 【歴史】 ボンドク隕石は1956年にフィリピンのルソン島のボンドック半島のジャングルで約890kgの大きな塊で発見されました。発見年は1956年ですが、この隕石自体はもっと昔から認識されており、隕石という認識はなく低品質な鉄鉱石だと勘違いされていました。 その後、ハーヴェイ・ニニンガーがフィリピンの役所で小さな塊を見て興味を示し、ジャングルから大きな塊を回収させてアメリカの研究所に送ったことによって、正式に発見されました。 【石鉄隕石】 石鉄隕石は、ほぼ等量の鉄-ニッケル合金とケイ酸塩鉱物からなる隕石で、パラサイトとメソシデライトに分類されますが、マントル由来でほぼ等量の鉄‐ニッケル合金とケイ酸塩鉱物から出来ているというほかは、共通点が少ないのが特徴です。 【メソシデライト】 メソシデライトは、天体衝突の産物と考えられており、異なる鉱物組成の岩石破片の集積体で、金属部分はオクタヘドライト、ケイ酸塩部分は斜長石やカルシウム輝石などから出来ています。メソシデライトは、ニッケルと鉄の金属成分と珪化物がほぼ同量からなり、meso(中間)siderite(隕鉄)から名付けられました。 隕石のうちでは珍しく、2009年6月時点では南極で発見された44個を含め145個が登録されており、落下が目撃されたものは僅か7例です。
¥ 29,800
ボンドク隕石 9.4g 原石 標本 石鉄隕石 メソシデライト フィリピン Bondoc 7
ボンドク隕石 9.4g 原石 標本 石鉄隕石 メソシデライト フィリピン Bondoc 7
【サイズ】 約 縦30X横18X高7.6mm 【重さ】 約9.4g 【種類】 石鉄隕石 メソシデライト 【発見地】 フィリピン ルソン島ボンドク半島 【発見年】 1956年 【歴史】 ボンドク隕石は1956年にフィリピンのルソン島のボンドック半島のジャングルで約890kgの大きな塊で発見されました。発見年は1956年ですが、この隕石自体はもっと昔から認識されており、隕石という認識はなく低品質な鉄鉱石だと勘違いされていました。 その後、ハーヴェイ・ニニンガーがフィリピンの役所で小さな塊を見て興味を示し、ジャングルから大きな塊を回収させてアメリカの研究所に送ったことによって、正式に発見されました。 【石鉄隕石】 石鉄隕石は、ほぼ等量の鉄-ニッケル合金とケイ酸塩鉱物からなる隕石で、パラサイトとメソシデライトに分類されますが、マントル由来でほぼ等量の鉄‐ニッケル合金とケイ酸塩鉱物から出来ているというほかは、共通点が少ないのが特徴です。 【メソシデライト】 メソシデライトは、天体衝突の産物と考えられており、異なる鉱物組成の岩石破片の集積体で、金属部分はオクタヘドライト、ケイ酸塩部分は斜長石やカルシウム輝石などから出来ています。メソシデライトは、ニッケルと鉄の金属成分と珪化物がほぼ同量からなり、meso(中間)siderite(隕鉄)から名付けられました。 隕石のうちでは珍しく、2009年6月時点では南極で発見された44個を含め145個が登録されており、落下が目撃されたものは僅か7例です。
¥ 29,800
ボンドク隕石 9.7g 原石 標本 石鉄隕石 メソシデライト フィリピン Bondoc 8
ボンドク隕石 9.7g 原石 標本 石鉄隕石 メソシデライト フィリピン Bondoc 8
【サイズ】 約 縦25X横22X高11mm 【重さ】 約9.7g 【種類】 石鉄隕石 メソシデライト 【発見地】 フィリピン ルソン島ボンドク半島 【発見年】 1956年 【歴史】 ボンドク隕石は1956年にフィリピンのルソン島のボンドック半島のジャングルで約890kgの大きな塊で発見されました。発見年は1956年ですが、この隕石自体はもっと昔から認識されており、隕石という認識はなく低品質な鉄鉱石だと勘違いされていました。 その後、ハーヴェイ・ニニンガーがフィリピンの役所で小さな塊を見て興味を示し、ジャングルから大きな塊を回収させてアメリカの研究所に送ったことによって、正式に発見されました。 【石鉄隕石】 石鉄隕石は、ほぼ等量の鉄-ニッケル合金とケイ酸塩鉱物からなる隕石で、パラサイトとメソシデライトに分類されますが、マントル由来でほぼ等量の鉄‐ニッケル合金とケイ酸塩鉱物から出来ているというほかは、共通点が少ないのが特徴です。 【メソシデライト】 メソシデライトは、天体衝突の産物と考えられており、異なる鉱物組成の岩石破片の集積体で、金属部分はオクタヘドライト、ケイ酸塩部分は斜長石やカルシウム輝石などから出来ています。メソシデライトは、ニッケルと鉄の金属成分と珪化物がほぼ同量からなり、meso(中間)siderite(隕鉄)から名付けられました。 隕石のうちでは珍しく、2009年6月時点では南極で発見された44個を含め145個が登録されており、落下が目撃されたものは僅か7例です。
¥ 29,800
ヴァカムエルタ隕石 9.2g 原石 標本 石鉄隕石 メソシデライト チリ Vaca Muerta 3
ヴァカムエルタ隕石 9.2g 原石 標本 石鉄隕石 メソシデライト チリ Vaca Muerta 3
【サイズ】 約 縦36X横23X高15mm 【重さ】 約9.2g 【種類】 石鉄隕石 メソシデライト 【発見地】 チリ共和国アタカマ砂漠 【発見年】 1861年 【歴史】 総質量は3.8トンで、1861年にタルタルの南東のアタカマ砂漠にあるヴァカムエルタで鉱山関係者が発見しました。 発見時は銀色に輝く包有物を銀と間違え、銀鉱床の露頭だと勘違いされていましたが後に隕石だと判明しました。 発見されてから100年近くその場所は放置され、その後、何十年もかけて標本が回収されていましたが、近年では新しい標本はほとんど見つけられていません。 【石鉄隕石】 石鉄隕石は、ほぼ等量の鉄-ニッケル合金とケイ酸塩鉱物からなる隕石で、パラサイトとメソシデライトに分類されますが、マントル由来でほぼ等量の鉄‐ニッケル合金とケイ酸塩鉱物から出来ているというほかは、共通点が少ないのが特徴です。 【メソシデライト】 メソシデライトは、天体衝突の産物と考えられており、異なる鉱物組成の岩石破片の集積体で、金属部分はオクタヘドライト、ケイ酸塩部分は斜長石やカルシウム輝石などから出来ています。メソシデライトは、ニッケルと鉄の金属成分と珪化物がほぼ同量からなり、meso(中間)siderite(隕鉄)から名付けられました。 隕石のうちでは珍しく、2009年6月時点では南極で発見された44個を含め145個が登録されており、落下が目撃されたものは僅か7例です。
¥ 38,800
ヴァカムエルタ隕石 3.5g 原石 標本 石鉄隕石 メソシデライト チリ Vaca Muerta 1
ヴァカムエルタ隕石 3.5g 原石 標本 石鉄隕石 メソシデライト チリ Vaca Muerta 1
【サイズ】 約 縦18X横17X高8.5mm 【重さ】 約3.5g 【種類】 石鉄隕石 メソシデライト 【発見地】 チリ共和国アタカマ砂漠 【発見年】 1861年 【歴史】 総質量は3.8トンで、1861年にタルタルの南東のアタカマ砂漠にあるヴァカムエルタで鉱山関係者が発見しました。 発見時は銀色に輝く包有物を銀と間違え、銀鉱床の露頭だと勘違いされていましたが後に隕石だと判明しました。 発見されてから100年近くその場所は放置され、その後、何十年もかけて標本が回収されていましたが、近年では新しい標本はほとんど見つけられていません。 【石鉄隕石】 石鉄隕石は、ほぼ等量の鉄-ニッケル合金とケイ酸塩鉱物からなる隕石で、パラサイトとメソシデライトに分類されますが、マントル由来でほぼ等量の鉄‐ニッケル合金とケイ酸塩鉱物から出来ているというほかは、共通点が少ないのが特徴です。 【メソシデライト】 メソシデライトは、天体衝突の産物と考えられており、異なる鉱物組成の岩石破片の集積体で、金属部分はオクタヘドライト、ケイ酸塩部分は斜長石やカルシウム輝石などから出来ています。メソシデライトは、ニッケルと鉄の金属成分と珪化物がほぼ同量からなり、meso(中間)siderite(隕鉄)から名付けられました。 隕石のうちでは珍しく、2009年6月時点では南極で発見された44個を含め145個が登録されており、落下が目撃されたものは僅か7例です。
¥ 27,800
ヴァカムエルタ隕石 3.5g 原石 標本 石鉄隕石 メソシデライト チリ Vaca Muerta 2
ヴァカムエルタ隕石 3.5g 原石 標本 石鉄隕石 メソシデライト チリ Vaca Muerta 2
【サイズ】 約 縦24X横16X高5mm 【重さ】 約3.5g 【種類】 石鉄隕石 メソシデライト 【発見地】 チリ共和国アタカマ砂漠 【発見年】 1861年 【歴史】 総質量は3.8トンで、1861年にタルタルの南東のアタカマ砂漠にあるヴァカムエルタで鉱山関係者が発見しました。 発見時は銀色に輝く包有物を銀と間違え、銀鉱床の露頭だと勘違いされていましたが後に隕石だと判明しました。 発見されてから100年近くその場所は放置され、その後、何十年もかけて標本が回収されていましたが、近年では新しい標本はほとんど見つけられていません。 【石鉄隕石】 石鉄隕石は、ほぼ等量の鉄-ニッケル合金とケイ酸塩鉱物からなる隕石で、パラサイトとメソシデライトに分類されますが、マントル由来でほぼ等量の鉄‐ニッケル合金とケイ酸塩鉱物から出来ているというほかは、共通点が少ないのが特徴です。 【メソシデライト】 メソシデライトは、天体衝突の産物と考えられており、異なる鉱物組成の岩石破片の集積体で、金属部分はオクタヘドライト、ケイ酸塩部分は斜長石やカルシウム輝石などから出来ています。メソシデライトは、ニッケルと鉄の金属成分と珪化物がほぼ同量からなり、meso(中間)siderite(隕鉄)から名付けられました。 隕石のうちでは珍しく、2009年6月時点では南極で発見された44個を含め145個が登録されており、落下が目撃されたものは僅か7例です。
¥ 27,800
ジダットアルハラシス267隕石 3g 原石 標本 石鉄隕石 メソシデライト Jiddat al Harasis 267 オマーン 2
ジダットアルハラシス267隕石 3g 原石 標本 石鉄隕石 メソシデライト Jiddat al Harasis 267 オマーン 2
【サイズ】 約 縦20X横16X高8mm 【重さ】 約3.8g 【種類】 石鉄隕石 メソシデライト 【発見地】 オマーン国ウスタ行政区 【発見年】 2005年 【歴史】 ジダットアルハラシス267隕石の総質量は16Kgです。 名前の由来であるジダット・アル・ハラスシス平原はオマーンの南部中央に位置し、ドファール特別行政区にあるオマーン最大の隕石落下地帯です。 オマーンでは3116種類の隕石が発見されており、そのうちの1385個がジダット・アル・ハラスシス平原にて発見されました。そのうちの41個の隕石が月起源の隕石に分類されています。 【石鉄隕石】 石鉄隕石は、ほぼ等量の鉄-ニッケル合金とケイ酸塩鉱物からなる隕石で、パラサイトとメソシデライトに分類されますが、マントル由来でほぼ等量の鉄‐ニッケル合金とケイ酸塩鉱物から出来ているというほかは、共通点が少ないのが特徴です。 【メソシデライト】 メソシデライトは、天体衝突の産物と考えられており、異なる鉱物組成の岩石破片の集積体で、金属部分はオクタヘドライト、ケイ酸塩部分は斜長石やカルシウム輝石などから出来ています。メソシデライトは、ニッケルと鉄の金属成分と珪化物がほぼ同量からなり、meso(中間)siderite(隕鉄)から名付けられました。 隕石のうちでは珍しく、2009年6月時点では南極で発見された44個を含め145個が登録されており、落下が目撃されたものは僅か7例です。
¥ 19,800
ハッキッタ隕石 8g 原石 標本 石鉄隕石 パラサイト オーストラリア Huckitta 1
ハッキッタ隕石 8g 原石 標本 石鉄隕石 パラサイト オーストラリア Huckitta 1
【サイズ】 約 縦34X横26X高3.9mm 【重さ】 約8.5g 【種類】 石鉄隕石 パラサイト 【発見地】 オーストラリア連邦ノーザンテリトリー州 【発見年】 1924年 【歴史】 1924年にアリススプリングスから北へ17km行ったところでHerbert Basedowが1084gの隕石を発見し、この破片をアリススプリングスと名付けました。 1937年7月にCecil Madiganによって主な質量である約1.4トンの塊が回収されました。 総質量は約2300Kgで、この隕石は非常に風化が進んでおり、ほぼ全ての標本の金属部分が酸化によってマグへマイトとゲーサイトに置換されています。 他のパラサイトと比べてゲルマニウムやガリウムの含有量が多いため、「anomalous Main Group pallasite」と呼ばれることもあります。 【石鉄隕石】 石鉄隕石は、ほぼ等量の鉄-ニッケル合金とケイ酸塩鉱物からなる隕石で、パラサイトとメソシデライトに分類されますが、マントル由来でほぼ等量の鉄‐ニッケル合金とケイ酸塩鉱物から出来ているというほかは、共通点が少ないのが特徴です。 【パラサイト】 パラサイトは、丸みのある粗粒状の橄欖岩とその間を埋める鉄-ニッケル合金から出来ています。下部マントルのケイ酸塩と鉄-ニッケル合金が溶液化したものが固化したと考えられています。 非常に貴重で地球に落下する隕石のおよそ1パーセントがパラサイトで、日本では1898年に高知県に落下した330gの在所隕石が唯一となっています。
¥ 19,800
グロリエタマウンテン隕石 15g 原石 標本 石鉄隕石 パラサイト アメリカ Glorieta Mountain 2
グロリエタマウンテン隕石 15g 原石 標本 石鉄隕石 パラサイト アメリカ Glorieta Mountain 2
【サイズ】 約 縦30X横22X高2.8mm 【重さ】 約15.5g 【種類】 石鉄隕石 PMG パラサイトメイングループ 【発見地】 アメリカ合衆国ニューメキシコ州サンタフェ 【発見年】 1884年 【歴史】 総既知重量148Kgで、1884年にニューメキシコ州サンタフェ近くの山中でグロリエタマウンテン隕石は発見されました。 この隕石が認識されて以来、いくつかの大きな塊が研究者によって回収されていますが、個人が小さな破片を回収したこともあるそうで、最大の重量は67.3kgのものが見つかりました。 グロリエタマウンテン隕石はセイムチャン隕石のように2つの種類があり、1つはグロリエタ山の名前にふさわしい大きな橄欖石の結晶を伴った石鉄隕石のパラサイトタイプ、もう1つは橄欖石を持たない鉄隕石のオクタヘドライトタイプのものが見つかります。 パラサイトタイプのものはレアで、見つかった破片の多くは鉄隕石タイプとなります。 【石鉄隕石】 石鉄隕石は、ほぼ等量の鉄-ニッケル合金とケイ酸塩鉱物からなる隕石で、パラサイトとメソシデライトに分類されますが、マントル由来でほぼ等量の鉄‐ニッケル合金とケイ酸塩鉱物から出来ているというほかは、共通点が少ないのが特徴です。 【パラサイト】 パラサイトは、丸みのある粗粒状の橄欖岩とその間を埋める鉄-ニッケル合金から出来ています。下部マントルのケイ酸塩と鉄-ニッケル合金が溶液化したものが固化したと考えられています。 非常に貴重で地球に落下する隕石のおよそ1パーセントがパラサイトで、日本では1898年に高知県に落下した330gの在所隕石が唯一となっています。
¥ 25,800
セイムチャン隕石 11g 原石 標本 石鉄隕石 パラサイト ロシア Seymchan 30
セイムチャン隕石 11g 原石 標本 石鉄隕石 パラサイト ロシア Seymchan 30
【サイズ】 約 縦35X横30X高2.5mm 【重さ】 約11.3g 【種類】 石鉄隕石 PMG(パラサイトメイングループ) 【発見地】 ロシア連邦マダガン州ブルックベッド 【発見年】 1967年6月 【歴史】 地質学者のF. A. Mednikovがブルックベッドの地質調査中に272.3Kgの塊をヘカンドゥ川で発見しました。 同年10月には、地雷探知機を使い最初の塊から20m離れた場所にてI. H. Markovが51Kgの塊を発見し、主要な塊はソ連の科学アカデミーに送られました。 【特徴】 非常に安定しているパラサイトで、錆びにくいのが特徴です。 2004年には約50Kgの新しいセイムチャン隕石の塊をDmitri Kachalinが発見し、1967年の塊は鉄隕石、2004年の塊の約20%が石鉄隕石となっています。 ※錆びにくいですが、錆防止のためコーティングされています。 【石鉄隕石】 石鉄隕石は、ほぼ等量の鉄-ニッケル合金とケイ酸塩鉱物からなる隕石で、パラサイトとメソシデライトに分類されますが、マントル由来でほぼ等量の鉄‐ニッケル合金とケイ酸塩鉱物から出来ているというほかは、共通点が少ないのが特徴です。 【パラサイト】 パラサイトは、丸みのある粗粒状の橄欖岩とその間を埋める鉄-ニッケル合金から出来ています。下部マントルのケイ酸塩と鉄-ニッケル合金が溶液化したものが固化したと考えられています。 非常に貴重で地球に落下する隕石のおよそ1パーセントがパラサイトで、日本では1898年に高知県に落下した330gの在所隕石が唯一となっています。
¥ 42,800
セイムチャン隕石 6.3g 原石 標本 石鉄隕石 パラサイト ロシア Seymchan 25
セイムチャン隕石 6.3g 原石 標本 石鉄隕石 パラサイト ロシア Seymchan 25
【サイズ】 約 縦24X横24X高2.4mm 【重さ】 約6.3g 【種類】 石鉄隕石 PMG(パラサイトメイングループ) 【発見地】 ロシア連邦マダガン州ブルックベッド 【発見年】 1967年6月 【歴史】 地質学者のF. A. Mednikovがブルックベッドの地質調査中に272.3Kgの塊をヘカンドゥ川で発見しました。 同年10月には、地雷探知機を使い最初の塊から20m離れた場所にてI. H. Markovが51Kgの塊を発見し、主要な塊はソ連の科学アカデミーに送られました。 【特徴】 非常に安定しているパラサイトで、錆びにくいのが特徴です。 2004年には約50Kgの新しいセイムチャン隕石の塊をDmitri Kachalinが発見し、1967年の塊は鉄隕石、2004年の塊の約20%が石鉄隕石となっています。 ※錆びにくいですが、錆防止のためコーティングされています。 【石鉄隕石】 石鉄隕石は、ほぼ等量の鉄-ニッケル合金とケイ酸塩鉱物からなる隕石で、パラサイトとメソシデライトに分類されますが、マントル由来でほぼ等量の鉄‐ニッケル合金とケイ酸塩鉱物から出来ているというほかは、共通点が少ないのが特徴です。 【パラサイト】 パラサイトは、丸みのある粗粒状の橄欖岩とその間を埋める鉄-ニッケル合金から出来ています。下部マントルのケイ酸塩と鉄-ニッケル合金が溶液化したものが固化したと考えられています。 非常に貴重で地球に落下する隕石のおよそ1パーセントがパラサイトで、日本では1898年に高知県に落下した330gの在所隕石が唯一となっています。
¥ 22,800
セイムチャン隕石 6.8g 原石 標本 石鉄隕石 パラサイト ロシア Seymchan 27
セイムチャン隕石 6.8g 原石 標本 石鉄隕石 パラサイト ロシア Seymchan 27
【サイズ】 約 縦25X横26X高2.3mm 【重さ】 約6.8g 【種類】 石鉄隕石 PMG(パラサイトメイングループ) 【発見地】 ロシア連邦マダガン州ブルックベッド 【発見年】 1967年6月 【歴史】 地質学者のF. A. Mednikovがブルックベッドの地質調査中に272.3Kgの塊をヘカンドゥ川で発見しました。 同年10月には、地雷探知機を使い最初の塊から20m離れた場所にてI. H. Markovが51Kgの塊を発見し、主要な塊はソ連の科学アカデミーに送られました。 【特徴】 非常に安定しているパラサイトで、錆びにくいのが特徴です。 2004年には約50Kgの新しいセイムチャン隕石の塊をDmitri Kachalinが発見し、1967年の塊は鉄隕石、2004年の塊の約20%が石鉄隕石となっています。 ※錆びにくいですが、錆防止のためコーティングされています。 【石鉄隕石】 石鉄隕石は、ほぼ等量の鉄-ニッケル合金とケイ酸塩鉱物からなる隕石で、パラサイトとメソシデライトに分類されますが、マントル由来でほぼ等量の鉄‐ニッケル合金とケイ酸塩鉱物から出来ているというほかは、共通点が少ないのが特徴です。 【パラサイト】 パラサイトは、丸みのある粗粒状の橄欖岩とその間を埋める鉄-ニッケル合金から出来ています。下部マントルのケイ酸塩と鉄-ニッケル合金が溶液化したものが固化したと考えられています。 非常に貴重で地球に落下する隕石のおよそ1パーセントがパラサイトで、日本では1898年に高知県に落下した330gの在所隕石が唯一となっています。
¥ 24,800
セイムチャン隕石 7.0g 原石 標本 石鉄隕石 パラサイト ロシア Seymchan 28
セイムチャン隕石 7.0g 原石 標本 石鉄隕石 パラサイト ロシア Seymchan 28
【サイズ】 約 縦26X横28X高2.4mm 【重さ】 約7.0g 【種類】 石鉄隕石 PMG(パラサイトメイングループ) 【発見地】 ロシア連邦マダガン州ブルックベッド 【発見年】 1967年6月 【歴史】 地質学者のF. A. Mednikovがブルックベッドの地質調査中に272.3Kgの塊をヘカンドゥ川で発見しました。 同年10月には、地雷探知機を使い最初の塊から20m離れた場所にてI. H. Markovが51Kgの塊を発見し、主要な塊はソ連の科学アカデミーに送られました。 【特徴】 非常に安定しているパラサイトで、錆びにくいのが特徴です。 2004年には約50Kgの新しいセイムチャン隕石の塊をDmitri Kachalinが発見し、1967年の塊は鉄隕石、2004年の塊の約20%が石鉄隕石となっています。 ※錆びにくいですが、錆防止のためコーティングされています。 【石鉄隕石】 石鉄隕石は、ほぼ等量の鉄-ニッケル合金とケイ酸塩鉱物からなる隕石で、パラサイトとメソシデライトに分類されますが、マントル由来でほぼ等量の鉄‐ニッケル合金とケイ酸塩鉱物から出来ているというほかは、共通点が少ないのが特徴です。 【パラサイト】 パラサイトは、丸みのある粗粒状の橄欖岩とその間を埋める鉄-ニッケル合金から出来ています。下部マントルのケイ酸塩と鉄-ニッケル合金が溶液化したものが固化したと考えられています。 非常に貴重で地球に落下する隕石のおよそ1パーセントがパラサイトで、日本では1898年に高知県に落下した330gの在所隕石が唯一となっています。
¥ 24,800
セイムチャン隕石 8.2g 原石 標本 石鉄隕石 パラサイト ロシア Seymchan 29
セイムチャン隕石 8.2g 原石 標本 石鉄隕石 パラサイト ロシア Seymchan 29
【サイズ】 約 縦30X横27X高2.7mm 【重さ】 約8.2g 【種類】 石鉄隕石 PMG(パラサイトメイングループ) 【発見地】 ロシア連邦マダガン州ブルックベッド 【発見年】 1967年6月 【歴史】 地質学者のF. A. Mednikovがブルックベッドの地質調査中に272.3Kgの塊をヘカンドゥ川で発見しました。 同年10月には、地雷探知機を使い最初の塊から20m離れた場所にてI. H. Markovが51Kgの塊を発見し、主要な塊はソ連の科学アカデミーに送られました。 【特徴】 非常に安定しているパラサイトで、錆びにくいのが特徴です。 2004年には約50Kgの新しいセイムチャン隕石の塊をDmitri Kachalinが発見し、1967年の塊は鉄隕石、2004年の塊の約20%が石鉄隕石となっています。 ※錆びにくいですが、錆防止のためコーティングされています。 【石鉄隕石】 石鉄隕石は、ほぼ等量の鉄-ニッケル合金とケイ酸塩鉱物からなる隕石で、パラサイトとメソシデライトに分類されますが、マントル由来でほぼ等量の鉄‐ニッケル合金とケイ酸塩鉱物から出来ているというほかは、共通点が少ないのが特徴です。 【パラサイト】 パラサイトは、丸みのある粗粒状の橄欖岩とその間を埋める鉄-ニッケル合金から出来ています。下部マントルのケイ酸塩と鉄-ニッケル合金が溶液化したものが固化したと考えられています。 非常に貴重で地球に落下する隕石のおよそ1パーセントがパラサイトで、日本では1898年に高知県に落下した330gの在所隕石が唯一となっています。
¥ 29,800
セイムチャン隕石 20.4g 原石 スライス 標本 石鉄隕石 パラサイト ロシア Seymchan 7
セイムチャン隕石 20.4g 原石 スライス 標本 石鉄隕石 パラサイト ロシア Seymchan 7
【サイズ】 約 縦28X横28X高3.5mm 【重さ】 約20.4g ※海外ではセイムチャン・シデライト(セイムチャンの隕鉄という意味)と表記されているタイプです。 【種類】 石鉄隕石 PMG(パラサイトメイングループ) 【発見地】 ロシア連邦マダガン州ブルックベッド 【発見年】 1967年6月 【歴史】 地質学者のF. A. Mednikovがブルックベッドの地質調査中に272.3Kgの塊をヘカンドゥ川で発見しました。 同年10月には、地雷探知機を使い最初の塊から20m離れた場所にてI. H. Markovが51Kgの塊を発見し、主要な塊はソ連の科学アカデミーに送られました。 【特徴】 非常に安定しているパラサイトで、錆びにくいのが特徴です。 2004年には約50Kgの新しいセイムチャン隕石の塊をDmitri Kachalinが発見し、1967年の塊は鉄隕石、2004年の塊の約20%が石鉄隕石となっています。 ※錆びにくいですが、錆防止のためコーティングされています。 【石鉄隕石】 石鉄隕石は、ほぼ等量の鉄-ニッケル合金とケイ酸塩鉱物からなる隕石で、パラサイトとメソシデライトに分類されますが、マントル由来でほぼ等量の鉄‐ニッケル合金とケイ酸塩鉱物から出来ているというほかは、共通点が少ないのが特徴です。 【パラサイト】 パラサイトは、丸みのある粗粒状の橄欖岩とその間を埋める鉄-ニッケル合金から出来ています。下部マントルのケイ酸塩と鉄-ニッケル合金が溶液化したものが固化したと考えられています。 非常に貴重で地球に落下する隕石のおよそ1パーセントがパラサイトで、日本では1898年に高知県に落下した330gの在所隕石が唯一となっています。
¥ 15,800