• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

鉄隕石

アグダル隕石 41g 原石 標本 イミルシル隕石 鉄隕石 隕鉄 モロッコ Agoudal Imilchil 11
アグダル隕石 41g 原石 標本 イミルシル隕石 鉄隕石 隕鉄 モロッコ Agoudal Imilchil 11
【サイズ】 約 縦29X横29X高14mm 【重さ】 約41.0g 【種類】 鉄隕石 最粗粒オクタヘドライト IIAB 【発見地】 モロッコ 【発見年】 2000年 【歴史】 2000年にモロッコのアトーダ山脈のアグダル地域に落下してきましたが、ただの工芸品として、地元で観光客向けに販売されていました。 2011年後半に隕石のディーラーが購入したことをきっかけに隕石として認識され、採取や研究が進み、隕石データベースに登録されました。 【特徴】 総質量は100Kgで、アグダル隕石が正式な登録名ですが、イミチユ隕石やイミルシル隕石という名前でも海外では販売されています。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5–13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 15,800
マンドラビラ隕石 13g 原石 標本 鉄隕石 隕鉄 オーストラリア Mundrabilla 11
マンドラビラ隕石 13g 原石 標本 鉄隕石 隕鉄 オーストラリア Mundrabilla 11
【サイズ】 約 縦38X横26X高10mm 【重さ】 約13.1g 【種類】 鉄隕石 IIICD(オクタヘドライト) 【発見地】 オーストラリア ヌラーボール平原 【発見年】 1911年 【歴史】 総質量は約24トンで、マンドラビラ隕石の主質量である12.4トンの塊は、西オーストラリア博物館で保存されています。 2016年12月時点では、マンドラビラ隕石は非常に多くの種類があり、マンドラビラ隕石(鉄隕石)、マンドビラ隕石002-021(コンドライト)などがあります。 1911年に西オーストラリア州の大陸横断鉄道路線調査担当責任者がプレミアダウンズ駅で112gの鉄隕石片を発見し、1911年の後半には鉄隕石片が発見された場所から西に約13キロメートルの場所で、116gの小さな鉄の隕石を同じ人が発見し、1918年にはA.Ewingによって同じ地域で99gの第3の小さな鉄隕石が発見されました。 1965年に西オーストラリア州地質調査所のBill Crowleが3つの小さな鉄の破片(94.1 g、45 g、38.8 g)をオーストラリア南部の鉄道で発見しました。 1966年4月に、12.4トンと5.44トンの2つの非常に大きな鉄塊が、地質学者のR.B. WilsonとA.M.によってヌラーボール平原で発見されました。 隕石はMundrabillaと命名され、2013年の時点では、世界で11番目に主質量が大きい隕石として識別されます。 また、2018年3月にはマンドラビラ隕石の主質量である12.4トンの塊から極微量の極低温超伝導の証拠が見つかったことが報告されました。超伝導体はインジウム、スズ、そして鉛の合金であるように見えたそうです。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5–13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 15,800
モントゥラキ隕石 1.1g 原石 標本 鉄隕石 オクタヘドライト チリ Monturaqui 1
モントゥラキ隕石 1.1g 原石 標本 鉄隕石 オクタヘドライト チリ Monturaqui 1
約24mmのインパクタイト付きです。 【サイズ】 約 縦14X横10X高4.5mm 【重さ】 約1.15g 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IAB 【発見地】 チリ共和国 【発見年】 1965年 【歴史】 1962年にSanchez氏による航空写真で存在が初めて確認されたチリ初のインパクトクレーターであるモントゥラキクレーターを作った隕石です。 1965年11月にSanchezとCassidyが実際に航空写真で撮影した場所に赴き、隕石とインパクトガラスを回収したことにより正式に発見されました。 総質量2Kgで、落下したのは50万年前から78万年前と言われています。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5–13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 14,800
カンポデルシエロ隕石 2270g 原石 標本 鉄隕石 隕鉄 アルゼンチン Campdelcielo 56
カンポデルシエロ隕石 2270g 原石 標本 鉄隕石 隕鉄 アルゼンチン Campdelcielo 56
【サイズ】 約 縦120X横100X高55mm 【重さ】 約2270g ご注文があるまで防錆のためオイルを塗布しております。発送時には拭き取りますが、隕石の形状上、多少のオイルが付着している場合がございますので、予めご了承下さい。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IAB 【発見地】 アルゼンチン 【発見年】 1576年 【歴史】 先住民の隕石衝突事件の言い伝えをもとに発見され、調査の結果隕石と判明しました。衝突は4000年から6000年前だったと見られています。 古くから様々な種族の人々に「神聖なる石」として崇拝されてきたといわれ、また、霊力を高める働きがあるといわれています。 地名でもあるカンポ・デル・シエロには空の草原という意味があります。スペインの冒険家たちがアルゼンチンの先住民から「空から重たい物が落ちてきた」という話を聞いてこの隕鉄の存在は明らかになり、様々な呼び名がつけられました。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5–13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 268,000
カンポデルシエロ隕石 1124g 原石 標本 鉄隕石 隕鉄 アルゼンチン Campdelcielo 55
カンポデルシエロ隕石 1124g 原石 標本 鉄隕石 隕鉄 アルゼンチン Campdelcielo 55
【サイズ】 約 縦96X横54X高60mm 【重さ】 約1124g ご注文があるまで防錆のためオイルを塗布しております。発送時には拭き取りますが、隕石の形状上、多少のオイルが付着している場合がございますので、予めご了承下さい。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IAB 【発見地】 アルゼンチン 【発見年】 1576年 【歴史】 先住民の隕石衝突事件の言い伝えをもとに発見され、調査の結果隕石と判明しました。衝突は4000年から6000年前だったと見られています。 古くから様々な種族の人々に「神聖なる石」として崇拝されてきたといわれ、また、霊力を高める働きがあるといわれています。 地名でもあるカンポ・デル・シエロには空の草原という意味があります。スペインの冒険家たちがアルゼンチンの先住民から「空から重たい物が落ちてきた」という話を聞いてこの隕鉄の存在は明らかになり、様々な呼び名がつけられました。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5–13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 134,800
カンポデルシエロ隕石 383g 原石 標本 鉄隕石 隕鉄 アルゼンチン Campdelcielo 52
カンポデルシエロ隕石 383g 原石 標本 鉄隕石 隕鉄 アルゼンチン Campdelcielo 52
【サイズ】 約 縦66X横46X高44mm 【重さ】 約383g ご注文があるまで防錆のためオイルを塗布しております。発送時には拭き取りますが、隕石の形状上、多少のオイルが付着している場合がございますので、予めご了承下さい。 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IAB 【発見地】 アルゼンチン 【発見年】 1576年 【歴史】 先住民の隕石衝突事件の言い伝えをもとに発見され、調査の結果隕石と判明しました。衝突は4000年から6000年前だったと見られています。 古くから様々な種族の人々に「神聖なる石」として崇拝されてきたといわれ、また、霊力を高める働きがあるといわれています。 地名でもあるカンポ・デル・シエロには空の草原という意味があります。スペインの冒険家たちがアルゼンチンの先住民から「空から重たい物が落ちてきた」という話を聞いてこの隕鉄の存在は明らかになり、様々な呼び名がつけられました。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5–13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 45,800
シホテアリン隕石 88g 原石 標本 シホテアリニ隕石 鉄隕石 隕鉄 ロシア Sikhote Alin 10
シホテアリン隕石 88g 原石 標本 シホテアリニ隕石 鉄隕石 隕鉄 ロシア Sikhote Alin 10
【サイズ】 約 縦47X横30X高23mm 【重さ】 約88.4g 【種類】 鉄隕石 最粗粒オクタヘドライト IIAB 【発見地】 ロシア連邦マリタイムテリトリー 【発見年】 1947年 【歴史】 1947年2月12日、東シベリアの人々が巨大な単一隕石の落下を目撃しました。ものすごい爆音が轟き、その光と爆発音は半径300kmにわたって観測されました この火球の正体は小惑星であり、地球に突入した際にいくつかの破片になりクレーターを作っているのが発見されました。最大のクレーターは直径26m、深さ6mという大きさだったようです。 70トンを超える隕石がその一帯に降り注ぎ、完全体での隕石はレグマグリブツという指でおしたようなへこみが見られます。 これらの欠片はより高い高度で大きな塊に分裂したため、このような滑らかな表面を形成する時間がありました。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5–13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 63,800
シホテアリン隕石 76g 原石 標本 シホテアリニ隕石 鉄隕石 隕鉄 ロシア Sikhote Alin 9
シホテアリン隕石 76g 原石 標本 シホテアリニ隕石 鉄隕石 隕鉄 ロシア Sikhote Alin 9
【サイズ】 約 縦45X横37X高15mm 【重さ】 約76.1g 【種類】 鉄隕石 最粗粒オクタヘドライト IIAB 【発見地】 ロシア連邦マリタイムテリトリー 【発見年】 1947年 【歴史】 1947年2月12日、東シベリアの人々が巨大な単一隕石の落下を目撃しました。ものすごい爆音が轟き、その光と爆発音は半径300kmにわたって観測されました この火球の正体は小惑星であり、地球に突入した際にいくつかの破片になりクレーターを作っているのが発見されました。最大のクレーターは直径26m、深さ6mという大きさだったようです。 70トンを超える隕石がその一帯に降り注ぎ、完全体での隕石はレグマグリブツという指でおしたようなへこみが見られます。 これらの欠片はより高い高度で大きな塊に分裂したため、このような滑らかな表面を形成する時間がありました。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5–13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 54,800
シホテアリン隕石 73g 原石 標本 シホテアリニ隕石 鉄隕石 隕鉄 ロシア Sikhote Alin 7
シホテアリン隕石 73g 原石 標本 シホテアリニ隕石 鉄隕石 隕鉄 ロシア Sikhote Alin 7
【サイズ】 約 縦56X横29X高18mm 【重さ】 約73.6g 【種類】 鉄隕石 最粗粒オクタヘドライト IIAB 【発見地】 ロシア連邦マリタイムテリトリー 【発見年】 1947年 【歴史】 1947年2月12日、東シベリアの人々が巨大な単一隕石の落下を目撃しました。ものすごい爆音が轟き、その光と爆発音は半径300kmにわたって観測されました この火球の正体は小惑星であり、地球に突入した際にいくつかの破片になりクレーターを作っているのが発見されました。最大のクレーターは直径26m、深さ6mという大きさだったようです。 70トンを超える隕石がその一帯に降り注ぎ、完全体での隕石はレグマグリブツという指でおしたようなへこみが見られます。 これらの欠片はより高い高度で大きな塊に分裂したため、このような滑らかな表面を形成する時間がありました。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5–13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 52,800
シホテアリン隕石 73g 原石 標本 シホテアリニ隕石 鉄隕石 隕鉄 ロシア Sikhote Alin 8
シホテアリン隕石 73g 原石 標本 シホテアリニ隕石 鉄隕石 隕鉄 ロシア Sikhote Alin 8
【サイズ】 約 縦46X横33X高15mm 【重さ】 約73.7g 【種類】 鉄隕石 最粗粒オクタヘドライト IIAB 【発見地】 ロシア連邦マリタイムテリトリー 【発見年】 1947年 【歴史】 1947年2月12日、東シベリアの人々が巨大な単一隕石の落下を目撃しました。ものすごい爆音が轟き、その光と爆発音は半径300kmにわたって観測されました この火球の正体は小惑星であり、地球に突入した際にいくつかの破片になりクレーターを作っているのが発見されました。最大のクレーターは直径26m、深さ6mという大きさだったようです。 70トンを超える隕石がその一帯に降り注ぎ、完全体での隕石はレグマグリブツという指でおしたようなへこみが見られます。 これらの欠片はより高い高度で大きな塊に分裂したため、このような滑らかな表面を形成する時間がありました。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5–13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 52,800
シホテアリン隕石 70g 原石 標本 シホテアリニ隕石 鉄隕石 隕鉄 ロシア Sikhote Alin 6
シホテアリン隕石 70g 原石 標本 シホテアリニ隕石 鉄隕石 隕鉄 ロシア Sikhote Alin 6
【サイズ】 約 縦48X横34X高21mm 【重さ】 約70.9g 【種類】 鉄隕石 最粗粒オクタヘドライト IIAB 【発見地】 ロシア連邦マリタイムテリトリー 【発見年】 1947年 【歴史】 1947年2月12日、東シベリアの人々が巨大な単一隕石の落下を目撃しました。ものすごい爆音が轟き、その光と爆発音は半径300kmにわたって観測されました この火球の正体は小惑星であり、地球に突入した際にいくつかの破片になりクレーターを作っているのが発見されました。最大のクレーターは直径26m、深さ6mという大きさだったようです。 70トンを超える隕石がその一帯に降り注ぎ、完全体での隕石はレグマグリブツという指でおしたようなへこみが見られます。 これらの欠片はより高い高度で大きな塊に分裂したため、このような滑らかな表面を形成する時間がありました。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5–13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 50,800
シホテアリン隕石 61g 原石 標本 シホテアリニ隕石 鉄隕石 隕鉄 ロシア Sikhote Alin 4
シホテアリン隕石 61g 原石 標本 シホテアリニ隕石 鉄隕石 隕鉄 ロシア Sikhote Alin 4
【サイズ】 約 縦49X横29X高20mm 【重さ】 約61.5g 【種類】 鉄隕石 最粗粒オクタヘドライト IIAB 【発見地】 ロシア連邦マリタイムテリトリー 【発見年】 1947年 【歴史】 1947年2月12日、東シベリアの人々が巨大な単一隕石の落下を目撃しました。ものすごい爆音が轟き、その光と爆発音は半径300kmにわたって観測されました この火球の正体は小惑星であり、地球に突入した際にいくつかの破片になりクレーターを作っているのが発見されました。最大のクレーターは直径26m、深さ6mという大きさだったようです。 70トンを超える隕石がその一帯に降り注ぎ、完全体での隕石はレグマグリブツという指でおしたようなへこみが見られます。 これらの欠片はより高い高度で大きな塊に分裂したため、このような滑らかな表面を形成する時間がありました。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5–13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 44,800
シホテアリン隕石 61g 原石 標本 シホテアリニ隕石 鉄隕石 隕鉄 ロシア Sikhote Alin 5
シホテアリン隕石 61g 原石 標本 シホテアリニ隕石 鉄隕石 隕鉄 ロシア Sikhote Alin 5
【サイズ】 約 縦55X横24X高16mm 【重さ】 約61.0g 【種類】 鉄隕石 最粗粒オクタヘドライト IIAB 【発見地】 ロシア連邦マリタイムテリトリー 【発見年】 1947年 【歴史】 1947年2月12日、東シベリアの人々が巨大な単一隕石の落下を目撃しました。ものすごい爆音が轟き、その光と爆発音は半径300kmにわたって観測されました この火球の正体は小惑星であり、地球に突入した際にいくつかの破片になりクレーターを作っているのが発見されました。最大のクレーターは直径26m、深さ6mという大きさだったようです。 70トンを超える隕石がその一帯に降り注ぎ、完全体での隕石はレグマグリブツという指でおしたようなへこみが見られます。 これらの欠片はより高い高度で大きな塊に分裂したため、このような滑らかな表面を形成する時間がありました。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5–13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 43,800
シホテアリン隕石 45g 原石 標本 シホテアリニ隕石 鉄隕石 隕鉄 ロシア Sikhote Alin 3
シホテアリン隕石 45g 原石 標本 シホテアリニ隕石 鉄隕石 隕鉄 ロシア Sikhote Alin 3
【サイズ】 約 縦33X横19X高22mm 【重さ】 約45.3g 【種類】 鉄隕石 最粗粒オクタヘドライト IIAB 【発見地】 ロシア連邦マリタイムテリトリー 【発見年】 1947年 【歴史】 1947年2月12日、東シベリアの人々が巨大な単一隕石の落下を目撃しました。ものすごい爆音が轟き、その光と爆発音は半径300kmにわたって観測されました この火球の正体は小惑星であり、地球に突入した際にいくつかの破片になりクレーターを作っているのが発見されました。最大のクレーターは直径26m、深さ6mという大きさだったようです。 70トンを超える隕石がその一帯に降り注ぎ、完全体での隕石はレグマグリブツという指でおしたようなへこみが見られます。 これらの欠片はより高い高度で大きな塊に分裂したため、このような滑らかな表面を形成する時間がありました。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5–13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 32,800
シホテアリン隕石 43g 原石 標本 シホテアリニ隕石 鉄隕石 隕鉄 ロシア Sikhote Alin 2
シホテアリン隕石 43g 原石 標本 シホテアリニ隕石 鉄隕石 隕鉄 ロシア Sikhote Alin 2
【サイズ】 約 縦30X横28X高15mm 【重さ】 約43.4g 【種類】 鉄隕石 最粗粒オクタヘドライト IIAB 【発見地】 ロシア連邦マリタイムテリトリー 【発見年】 1947年 【歴史】 1947年2月12日、東シベリアの人々が巨大な単一隕石の落下を目撃しました。ものすごい爆音が轟き、その光と爆発音は半径300kmにわたって観測されました この火球の正体は小惑星であり、地球に突入した際にいくつかの破片になりクレーターを作っているのが発見されました。最大のクレーターは直径26m、深さ6mという大きさだったようです。 70トンを超える隕石がその一帯に降り注ぎ、完全体での隕石はレグマグリブツという指でおしたようなへこみが見られます。 これらの欠片はより高い高度で大きな塊に分裂したため、このような滑らかな表面を形成する時間がありました。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5–13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 31,800
シホテアリン隕石 39g 原石 標本 シホテアリニ隕石 鉄隕石 隕鉄 ロシア Sikhote Alin 1
シホテアリン隕石 39g 原石 標本 シホテアリニ隕石 鉄隕石 隕鉄 ロシア Sikhote Alin 1
【サイズ】 約 縦39X横30X高14mm 【重さ】 約39.8g 【種類】 鉄隕石 最粗粒オクタヘドライト IIAB 【発見地】 ロシア連邦マリタイムテリトリー 【発見年】 1947年 【歴史】 1947年2月12日、東シベリアの人々が巨大な単一隕石の落下を目撃しました。ものすごい爆音が轟き、その光と爆発音は半径300kmにわたって観測されました この火球の正体は小惑星であり、地球に突入した際にいくつかの破片になりクレーターを作っているのが発見されました。最大のクレーターは直径26m、深さ6mという大きさだったようです。 70トンを超える隕石がその一帯に降り注ぎ、完全体での隕石はレグマグリブツという指でおしたようなへこみが見られます。 これらの欠片はより高い高度で大きな塊に分裂したため、このような滑らかな表面を形成する時間がありました。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5–13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 28,000
マンドラビラ隕石 29g 原石 標本 鉄隕石 隕鉄 オーストラリア Mundrabilla 44
マンドラビラ隕石 29g 原石 標本 鉄隕石 隕鉄 オーストラリア Mundrabilla 44
【サイズ】 約 縦33X横28X高10mm 【重さ】 約29.8g 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IIICD 【発見地】 オーストラリア ヌラーボール平原 【発見年】 1911年 【歴史】 総質量は約24トンで、マンドラビラ隕石の主質量である12.4トンの塊は、西オーストラリア博物館で保存されています。 2016年12月時点では、マンドラビラ隕石は非常に多くの種類があり、マンドラビラ隕石(鉄隕石)、マンドビラ隕石002-021(コンドライト)などがあります。 1911年に西オーストラリア州の大陸横断鉄道路線調査担当責任者がプレミアダウンズ駅で112gの鉄隕石片を発見し、1911年の後半には鉄隕石片が発見された場所から西に約13キロメートルの場所で、116gの小さな鉄の隕石を同じ人が発見し、1918年にはA.Ewingによって同じ地域で99gの第3の小さな鉄隕石が発見されました。 1965年に西オーストラリア州地質調査所のBill Crowleが3つの小さな鉄の破片(94.1 g、45 g、38.8 g)をオーストラリア南部の鉄道で発見しました。 1966年4月に、12.4トンと5.44トンの2つの非常に大きな鉄塊が、地質学者のR.B. WilsonとA.M.によってヌラーボール平原で発見されました。 隕石はMundrabillaと命名され、2013年の時点では、世界で11番目に主質量が大きい隕石として識別されます。 また、2018年3月にはマンドラビラ隕石の主質量である12.4トンの塊から極微量の極低温超伝導の証拠が見つかったことが報告されました。超伝導体はインジウム、スズ、そして鉛の合金であるように見えたそうです。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5–13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 17,800
マンドラビラ隕石 20g 原石 標本 鉄隕石 隕鉄 オーストラリア Mundrabilla 43
マンドラビラ隕石 20g 原石 標本 鉄隕石 隕鉄 オーストラリア Mundrabilla 43
【サイズ】 約 縦26X横19X高12mm 【重さ】 約20.2g 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IIICD 【発見地】 オーストラリア ヌラーボール平原 【発見年】 1911年 【歴史】 総質量は約24トンで、マンドラビラ隕石の主質量である12.4トンの塊は、西オーストラリア博物館で保存されています。 2016年12月時点では、マンドラビラ隕石は非常に多くの種類があり、マンドラビラ隕石(鉄隕石)、マンドビラ隕石002-021(コンドライト)などがあります。 1911年に西オーストラリア州の大陸横断鉄道路線調査担当責任者がプレミアダウンズ駅で112gの鉄隕石片を発見し、1911年の後半には鉄隕石片が発見された場所から西に約13キロメートルの場所で、116gの小さな鉄の隕石を同じ人が発見し、1918年にはA.Ewingによって同じ地域で99gの第3の小さな鉄隕石が発見されました。 1965年に西オーストラリア州地質調査所のBill Crowleが3つの小さな鉄の破片(94.1 g、45 g、38.8 g)をオーストラリア南部の鉄道で発見しました。 1966年4月に、12.4トンと5.44トンの2つの非常に大きな鉄塊が、地質学者のR.B. WilsonとA.M.によってヌラーボール平原で発見されました。 隕石はMundrabillaと命名され、2013年の時点では、世界で11番目に主質量が大きい隕石として識別されます。 また、2018年3月にはマンドラビラ隕石の主質量である12.4トンの塊から極微量の極低温超伝導の証拠が見つかったことが報告されました。超伝導体はインジウム、スズ、そして鉛の合金であるように見えたそうです。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5–13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 12,800
マンドラビラ隕石 19.2g 原石 標本 鉄隕石 隕鉄 オーストラリア Mundrabilla 42
マンドラビラ隕石 19.2g 原石 標本 鉄隕石 隕鉄 オーストラリア Mundrabilla 42
【サイズ】 約 縦21X横23X高12mm 【重さ】 約19.2g 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IIICD 【発見地】 オーストラリア ヌラーボール平原 【発見年】 1911年 【歴史】 総質量は約24トンで、マンドラビラ隕石の主質量である12.4トンの塊は、西オーストラリア博物館で保存されています。 2016年12月時点では、マンドラビラ隕石は非常に多くの種類があり、マンドラビラ隕石(鉄隕石)、マンドビラ隕石002-021(コンドライト)などがあります。 1911年に西オーストラリア州の大陸横断鉄道路線調査担当責任者がプレミアダウンズ駅で112gの鉄隕石片を発見し、1911年の後半には鉄隕石片が発見された場所から西に約13キロメートルの場所で、116gの小さな鉄の隕石を同じ人が発見し、1918年にはA.Ewingによって同じ地域で99gの第3の小さな鉄隕石が発見されました。 1965年に西オーストラリア州地質調査所のBill Crowleが3つの小さな鉄の破片(94.1 g、45 g、38.8 g)をオーストラリア南部の鉄道で発見しました。 1966年4月に、12.4トンと5.44トンの2つの非常に大きな鉄塊が、地質学者のR.B. WilsonとA.M.によってヌラーボール平原で発見されました。 隕石はMundrabillaと命名され、2013年の時点では、世界で11番目に主質量が大きい隕石として識別されます。 また、2018年3月にはマンドラビラ隕石の主質量である12.4トンの塊から極微量の極低温超伝導の証拠が見つかったことが報告されました。超伝導体はインジウム、スズ、そして鉛の合金であるように見えたそうです。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5–13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 11,800
マンドラビラ隕石 17.3g 原石 標本 鉄隕石 隕鉄 オーストラリア Mundrabilla 35
マンドラビラ隕石 17.3g 原石 標本 鉄隕石 隕鉄 オーストラリア Mundrabilla 35
【サイズ】 約 縦29X横22X高8mm 【重さ】 約17.3g 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IIICD 【発見地】 オーストラリア ヌラーボール平原 【発見年】 1911年 【歴史】 総質量は約24トンで、マンドラビラ隕石の主質量である12.4トンの塊は、西オーストラリア博物館で保存されています。 2016年12月時点では、マンドラビラ隕石は非常に多くの種類があり、マンドラビラ隕石(鉄隕石)、マンドビラ隕石002-021(コンドライト)などがあります。 1911年に西オーストラリア州の大陸横断鉄道路線調査担当責任者がプレミアダウンズ駅で112gの鉄隕石片を発見し、1911年の後半には鉄隕石片が発見された場所から西に約13キロメートルの場所で、116gの小さな鉄の隕石を同じ人が発見し、1918年にはA.Ewingによって同じ地域で99gの第3の小さな鉄隕石が発見されました。 1965年に西オーストラリア州地質調査所のBill Crowleが3つの小さな鉄の破片(94.1 g、45 g、38.8 g)をオーストラリア南部の鉄道で発見しました。 1966年4月に、12.4トンと5.44トンの2つの非常に大きな鉄塊が、地質学者のR.B. WilsonとA.M.によってヌラーボール平原で発見されました。 隕石はMundrabillaと命名され、2013年の時点では、世界で11番目に主質量が大きい隕石として識別されます。 また、2018年3月にはマンドラビラ隕石の主質量である12.4トンの塊から極微量の極低温超伝導の証拠が見つかったことが報告されました。超伝導体はインジウム、スズ、そして鉛の合金であるように見えたそうです。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5–13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 10,800
マンドラビラ隕石 17.3g 原石 標本 鉄隕石 隕鉄 オーストラリア Mundrabilla 36
マンドラビラ隕石 17.3g 原石 標本 鉄隕石 隕鉄 オーストラリア Mundrabilla 36
【サイズ】 約 縦25X横26X高8mm 【重さ】 約17.3g 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IIICD 【発見地】 オーストラリア ヌラーボール平原 【発見年】 1911年 【歴史】 総質量は約24トンで、マンドラビラ隕石の主質量である12.4トンの塊は、西オーストラリア博物館で保存されています。 2016年12月時点では、マンドラビラ隕石は非常に多くの種類があり、マンドラビラ隕石(鉄隕石)、マンドビラ隕石002-021(コンドライト)などがあります。 1911年に西オーストラリア州の大陸横断鉄道路線調査担当責任者がプレミアダウンズ駅で112gの鉄隕石片を発見し、1911年の後半には鉄隕石片が発見された場所から西に約13キロメートルの場所で、116gの小さな鉄の隕石を同じ人が発見し、1918年にはA.Ewingによって同じ地域で99gの第3の小さな鉄隕石が発見されました。 1965年に西オーストラリア州地質調査所のBill Crowleが3つの小さな鉄の破片(94.1 g、45 g、38.8 g)をオーストラリア南部の鉄道で発見しました。 1966年4月に、12.4トンと5.44トンの2つの非常に大きな鉄塊が、地質学者のR.B. WilsonとA.M.によってヌラーボール平原で発見されました。 隕石はMundrabillaと命名され、2013年の時点では、世界で11番目に主質量が大きい隕石として識別されます。 また、2018年3月にはマンドラビラ隕石の主質量である12.4トンの塊から極微量の極低温超伝導の証拠が見つかったことが報告されました。超伝導体はインジウム、スズ、そして鉛の合金であるように見えたそうです。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5–13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 10,800
マンドラビラ隕石 17.3g 原石 標本 鉄隕石 隕鉄 オーストラリア Mundrabilla 37
マンドラビラ隕石 17.3g 原石 標本 鉄隕石 隕鉄 オーストラリア Mundrabilla 37
【サイズ】 約 縦32X横20X高8mm 【重さ】 約17.3g 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IIICD 【発見地】 オーストラリア ヌラーボール平原 【発見年】 1911年 【歴史】 総質量は約24トンで、マンドラビラ隕石の主質量である12.4トンの塊は、西オーストラリア博物館で保存されています。 2016年12月時点では、マンドラビラ隕石は非常に多くの種類があり、マンドラビラ隕石(鉄隕石)、マンドビラ隕石002-021(コンドライト)などがあります。 1911年に西オーストラリア州の大陸横断鉄道路線調査担当責任者がプレミアダウンズ駅で112gの鉄隕石片を発見し、1911年の後半には鉄隕石片が発見された場所から西に約13キロメートルの場所で、116gの小さな鉄の隕石を同じ人が発見し、1918年にはA.Ewingによって同じ地域で99gの第3の小さな鉄隕石が発見されました。 1965年に西オーストラリア州地質調査所のBill Crowleが3つの小さな鉄の破片(94.1 g、45 g、38.8 g)をオーストラリア南部の鉄道で発見しました。 1966年4月に、12.4トンと5.44トンの2つの非常に大きな鉄塊が、地質学者のR.B. WilsonとA.M.によってヌラーボール平原で発見されました。 隕石はMundrabillaと命名され、2013年の時点では、世界で11番目に主質量が大きい隕石として識別されます。 また、2018年3月にはマンドラビラ隕石の主質量である12.4トンの塊から極微量の極低温超伝導の証拠が見つかったことが報告されました。超伝導体はインジウム、スズ、そして鉛の合金であるように見えたそうです。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5–13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 10,800
マンドラビラ隕石 18.5g 原石 標本 鉄隕石 隕鉄 オーストラリア Mundrabilla 39
マンドラビラ隕石 18.5g 原石 標本 鉄隕石 隕鉄 オーストラリア Mundrabilla 39
【サイズ】 約 縦25X横18X高11mm 【重さ】 約18.5g 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IIICD 【発見地】 オーストラリア ヌラーボール平原 【発見年】 1911年 【歴史】 総質量は約24トンで、マンドラビラ隕石の主質量である12.4トンの塊は、西オーストラリア博物館で保存されています。 2016年12月時点では、マンドラビラ隕石は非常に多くの種類があり、マンドラビラ隕石(鉄隕石)、マンドビラ隕石002-021(コンドライト)などがあります。 1911年に西オーストラリア州の大陸横断鉄道路線調査担当責任者がプレミアダウンズ駅で112gの鉄隕石片を発見し、1911年の後半には鉄隕石片が発見された場所から西に約13キロメートルの場所で、116gの小さな鉄の隕石を同じ人が発見し、1918年にはA.Ewingによって同じ地域で99gの第3の小さな鉄隕石が発見されました。 1965年に西オーストラリア州地質調査所のBill Crowleが3つの小さな鉄の破片(94.1 g、45 g、38.8 g)をオーストラリア南部の鉄道で発見しました。 1966年4月に、12.4トンと5.44トンの2つの非常に大きな鉄塊が、地質学者のR.B. WilsonとA.M.によってヌラーボール平原で発見されました。 隕石はMundrabillaと命名され、2013年の時点では、世界で11番目に主質量が大きい隕石として識別されます。 また、2018年3月にはマンドラビラ隕石の主質量である12.4トンの塊から極微量の極低温超伝導の証拠が見つかったことが報告されました。超伝導体はインジウム、スズ、そして鉛の合金であるように見えたそうです。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5–13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 10,800
マンドラビラ隕石 18.1g 原石 標本 鉄隕石 隕鉄 オーストラリア Mundrabilla 40
マンドラビラ隕石 18.1g 原石 標本 鉄隕石 隕鉄 オーストラリア Mundrabilla 40
【サイズ】 約 縦26X横20X高8mm 【重さ】 約18.1g 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IIICD 【発見地】 オーストラリア ヌラーボール平原 【発見年】 1911年 【歴史】 総質量は約24トンで、マンドラビラ隕石の主質量である12.4トンの塊は、西オーストラリア博物館で保存されています。 2016年12月時点では、マンドラビラ隕石は非常に多くの種類があり、マンドラビラ隕石(鉄隕石)、マンドビラ隕石002-021(コンドライト)などがあります。 1911年に西オーストラリア州の大陸横断鉄道路線調査担当責任者がプレミアダウンズ駅で112gの鉄隕石片を発見し、1911年の後半には鉄隕石片が発見された場所から西に約13キロメートルの場所で、116gの小さな鉄の隕石を同じ人が発見し、1918年にはA.Ewingによって同じ地域で99gの第3の小さな鉄隕石が発見されました。 1965年に西オーストラリア州地質調査所のBill Crowleが3つの小さな鉄の破片(94.1 g、45 g、38.8 g)をオーストラリア南部の鉄道で発見しました。 1966年4月に、12.4トンと5.44トンの2つの非常に大きな鉄塊が、地質学者のR.B. WilsonとA.M.によってヌラーボール平原で発見されました。 隕石はMundrabillaと命名され、2013年の時点では、世界で11番目に主質量が大きい隕石として識別されます。 また、2018年3月にはマンドラビラ隕石の主質量である12.4トンの塊から極微量の極低温超伝導の証拠が見つかったことが報告されました。超伝導体はインジウム、スズ、そして鉛の合金であるように見えたそうです。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5–13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 10,800