• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

鉄隕石

ムオニナルスタ隕石 ムオニオナルスタ隕石 20g 原石 標本 鉄隕石 隕鉄 スウェーデン Muonionalusta 31
ムオニナルスタ隕石 ムオニオナルスタ隕石 20g 原石 標本 鉄隕石 隕鉄 スウェーデン Muonionalusta 31
丸っぽい部分はトロイライトがインクルージョンされており、これだけ大きなトロイライトを含んだものをこれだけお求めやすい価格で購入できることはほぼありません。 だいたいが数百gを超えるような大きなものにカットされますので高額になります。 メテオライトハンターによると各国の展示会でも購入するのは隕石の研究者ばかりのようなので、標本としてはかなり価値が高いと思います。 【サイズ】 約 縦45X横34X高1.8mm 【重さ】 約20.9g 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライトIVA 【発見地】 スウェーデン ノルボッテン郡 【発見年】 1906年 【歴史】 紀元前約100万年に現在のスウェーデンとフィンランドの国境にあるスカンジナビア北部に落下したとされています。 総回収量は230Kgでの鉄隕石で、ムオニオ川周辺で見つかったことから1910年にHogbom教授によってムオニナルスタと名づけられました。 研究によれば地球上に落下して以来、4回の氷河期を経験しており、北極のツンドラの氷山からも発掘されています。 【特徴】 鉄隕石の中でもウィドマンシュテッテン構造が特に美しく出ている隕石として人気があります。 飛散地域が北極圏にあるためにメテオライトハンターでも探知が困難で、市場に流通している量も少ない隕石です。
¥ 17,800
ムオニナルスタ隕石 ムオニオナルスタ隕石 20g 原石 標本 鉄隕石 隕鉄 スウェーデン Muonionalusta 30
ムオニナルスタ隕石 ムオニオナルスタ隕石 20g 原石 標本 鉄隕石 隕鉄 スウェーデン Muonionalusta 30
丸っぽい部分はトロイライトがインクルージョンされており、これだけ大きなトロイライトを含んだものをこれだけお求めやすい価格で購入できることはほぼありません。 だいたいが数百gを超えるような大きなものにカットされますので高額になります。 メテオライトハンターによると各国の展示会でも購入するのは隕石の研究者ばかりのようなので、標本としてはかなり価値が高いと思います。 【サイズ】 約 縦40X横27X高2.5mm 【重さ】 約20.4g 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライトIVA 【発見地】 スウェーデン ノルボッテン郡 【発見年】 1906年 【歴史】 紀元前約100万年に現在のスウェーデンとフィンランドの国境にあるスカンジナビア北部に落下したとされています。 総回収量は230Kgでの鉄隕石で、ムオニオ川周辺で見つかったことから1910年にHogbom教授によってムオニナルスタと名づけられました。 研究によれば地球上に落下して以来、4回の氷河期を経験しており、北極のツンドラの氷山からも発掘されています。 【特徴】 鉄隕石の中でもウィドマンシュテッテン構造が特に美しく出ている隕石として人気があります。 飛散地域が北極圏にあるためにメテオライトハンターでも探知が困難で、市場に流通している量も少ない隕石です。
¥ 16,800
マンドラビラ隕石 13g 原石 標本 鉄隕石 隕鉄 オーストラリア Mundrabilla 11
マンドラビラ隕石 13g 原石 標本 鉄隕石 隕鉄 オーストラリア Mundrabilla 11
【サイズ】 約 縦38X横26X高10mm 【重さ】 約13.1g 【種類】 鉄隕石 IIICD(オクタヘドライト) 【発見地】 オーストラリア ヌラーボール平原 【発見年】 1911年 【歴史】 総質量は約24トンで、マンドラビラ隕石の主質量である12.4トンの塊は、西オーストラリア博物館で保存されています。 2016年12月時点では、マンドラビラ隕石は非常に多くの種類があり、マンドラビラ隕石(鉄隕石)、マンドビラ隕石002-021(コンドライト)などがあります。 1911年に西オーストラリア州の大陸横断鉄道路線調査担当責任者がプレミアダウンズ駅で112gの鉄隕石片を発見し、1911年の後半には鉄隕石片が発見された場所から西に約13キロメートルの場所で、116gの小さな鉄の隕石を同じ人が発見し、1918年にはA.Ewingによって同じ地域で99gの第3の小さな鉄隕石が発見されました。 1965年に西オーストラリア州地質調査所のBill Crowleが3つの小さな鉄の破片(94.1 g、45 g、38.8 g)をオーストラリア南部の鉄道で発見しました。 1966年4月に、12.4トンと5.44トンの2つの非常に大きな鉄塊が、地質学者のR.B. WilsonとA.M.によってヌラーボール平原で発見されました。 隕石はMundrabillaと命名され、2013年の時点では、世界で11番目に主質量が大きい隕石として識別されます。 また、2018年3月にはマンドラビラ隕石の主質量である12.4トンの塊から極微量の極低温超伝導の証拠が見つかったことが報告されました。超伝導体はインジウム、スズ、そして鉛の合金であるように見えたそうです。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5–13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 15,800
モントゥラキ隕石 1.1g 原石 標本 鉄隕石 オクタヘドライト チリ Monturaqui 1
モントゥラキ隕石 1.1g 原石 標本 鉄隕石 オクタヘドライト チリ Monturaqui 1
約24mmのインパクタイト付きです。 【サイズ】 約 縦14X横10X高4.5mm 【重さ】 約1.15g 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IAB 【発見地】 チリ共和国 【発見年】 1965年 【歴史】 1962年にSanchez氏による航空写真で存在が初めて確認されたチリ初のインパクトクレーターであるモントゥラキクレーターを作った隕石です。 1965年11月にSanchezとCassidyが実際に航空写真で撮影した場所に赴き、隕石とインパクトガラスを回収したことにより正式に発見されました。 総質量2Kgで、落下したのは50万年前から78万年前と言われています。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5–13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 14,800
ムオニナルスタ隕石 ムオニオナルスタ隕石 14g 原石 標本 鉄隕石 隕鉄 スウェーデン Muonionalusta 29
ムオニナルスタ隕石 ムオニオナルスタ隕石 14g 原石 標本 鉄隕石 隕鉄 スウェーデン Muonionalusta 29
丸っぽい部分はトロイライトがインクルージョンされており、これだけ大きなトロイライトを含んだものをこれだけお求めやすい価格で購入できることはほぼありません。 だいたいが数百gを超えるような大きなものにカットされますので高額になります。 メテオライトハンターによると各国の展示会でも購入するのは隕石の研究者ばかりのようなので、標本としてはかなり価値が高いと思います。 【サイズ】 約 縦32X横27X高2.2mm 【重さ】 約14.6g 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライトIVA 【発見地】 スウェーデン ノルボッテン郡 【発見年】 1906年 【歴史】 紀元前約100万年に現在のスウェーデンとフィンランドの国境にあるスカンジナビア北部に落下したとされています。 総回収量は230Kgでの鉄隕石で、ムオニオ川周辺で見つかったことから1910年にHogbom教授によってムオニナルスタと名づけられました。 研究によれば地球上に落下して以来、4回の氷河期を経験しており、北極のツンドラの氷山からも発掘されています。 【特徴】 鉄隕石の中でもウィドマンシュテッテン構造が特に美しく出ている隕石として人気があります。 飛散地域が北極圏にあるためにメテオライトハンターでも探知が困難で、市場に流通している量も少ない隕石です。
¥ 12,800
ホバ隕石 3.7g 原石 標本 鉄隕石 アタキサイト ナミビア Hoba 1
ホバ隕石 3.7g 原石 標本 鉄隕石 アタキサイト ナミビア Hoba 1
【サイズ】 約 縦20X横14X高2.0mm 【重さ】 約3.7g 【種類】 鉄隕石 アタキサイト 【発見地】 ナミビア共和国オチョソンデュパ州 【発見年】 1920年 【この隕石の入手経緯について】 ホバ隕石発見時、約1Kg分のホバ隕石が私立博物館によって取得され、コレクターと研究コミュニティのために、いくつかの小さな断片に切り分けられました。その一部を南アフリカミネラルズコーポレーションの元会長兼マネジングディレクターであるフレデリックローチ博士が取得しコレクションにしていたものです。 ローチ博士が亡くなった後、遺産を清算する際に遺産清算人と隕石ハンターが面会し、2018年12月中旬にケープタウンで取引が行われました。 その後、ミネラルショーにて顔なじみの隕石ハンターに勧められたことで私が購入しました。 1955年にナミビア共和国指定の記念物になっており、2020年現在では正規ルートのホバ隕石を入手する機会は0に等しいです。 【歴史】 8万年以上前に落下したとされ、1920年にナミビアのグルートフォンテイン市から遠くないホバウェスト農場で牛を使って畑を耕している際に土地の所有者が発見しました。移動するには大きすぎたので、発見場所に石を囲むような円形劇場を模した工事が施工され、国指定の記念物として観光名所になりました。 元々の重量は66トンほどあったとされていますが、天候による浸食や人為的な破壊活動などにより現在では60トンほどになっています。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【アタキサイト】 アタキサイトは、ニッケル比が13%以上でテーナイトと微量のカマサイトの細粒混合物、つまりプレッサイトから出来ています。エッチングしても内部には顕著な構造がなく、肉眼での判別が難しいのが特徴です。
¥ 298,000
火焔山隕石 29g 原石 標本 鉄隕石 オクタヘドライト 中国 Huoyanshan 1
火焔山隕石 29g 原石 標本 鉄隕石 オクタヘドライト 中国 Huoyanshan 1
【サイズ】 約 縦50X横45X高2.7mm 【重さ】 約29.2g 【種類】 鉄隕石 IAB-sLH 【発見地】 中華人民共和国新疆ウイグル自治区 【発見年】 2016年10月6日 【歴史】 発見場所の近くの油田で働いているYanzheng WangとJifa Liによって2016年10月6日に発見されました。 翌日には2X1.5キロ平方メートルの範囲で18個の破片が回収され、100g〜8.9Kgほどありましたが、隕石を発見したというニュースは瞬く間に広がったため、多くの人々が金属探知機をもって隕石を探しました。 総質量は700Kgで、数千個が収集されたと推定されています。 中国科学院地質与地球物理研究所が1Kg、Wang氏、Li氏およびその他3人で最大400 kgを保有しており、その他で最大300Kgが所有されています。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5?13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 108,000
ケープヨーク隕石 25g 原石 標本 鉄隕石 オクタヘドライト グリーンランド Cape York 2
ケープヨーク隕石 25g 原石 標本 鉄隕石 オクタヘドライト グリーンランド Cape York 2
片面エッチングの標本です。 【サイズ】 約 縦40X横38X高2.1mm 【重さ】 約25.5g 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライトIIIAB 【発見地】 グリーンランドのサビクソア島 【発見年】 1818年 【歴史】 総質量58.2トンで少なくとも8つの大きな破片が回収されており、それぞれに、Ahnighito、Woman、Dog、Savik I、Thule、Savik II、Agpalilik、Tunorputという名前が付けられています。 隕石の名前自体は最も大きな破片が見つかった場所にちなんで名づけられており、隕石の落下日については今でも議論されていますが、おそらく8000年〜10000年前だろうとされています。 隕石の存在は地元のイヌイットも知っており、鉄資源として何世紀にもわたって採掘されていました。 1818年時点ではイギリスの第1ロス遠征隊がイヌイットと接触し、隕石の情報を入手しましたが、度重なる悪天候と海氷で調査ができず、1818年から1883年までの間にイギリス、スウェーデン、デンマークがこの地域に5回調査遠征をしましたが、隕石を見つけることはできませんでした。 1894年にアメリカ海軍のロバート・E・ピアリーがヨーク岬すぐそばにあるサビクソア島で隕石を発見し、3年がかりで回収した後、現在では、アメリカ自然史博物館とコペンハーゲン大学地質博物館に大きな標本が展示されています。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5?13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 69,800
サンタクララ隕石 7g 原石 標本 鉄隕石 アタキサイト メキシコ Santa Clara 1
サンタクララ隕石 7g 原石 標本 鉄隕石 アタキサイト メキシコ Santa Clara 1
【サイズ】 約 縦27X横15X高2.7mm 【重さ】 約7.2g 【種類】 鉄隕石 アタキサイト 【発見地】 メキシコ合衆国ドゥランゴ州 【発見年】 1976年 【歴史】 総質量は63Kgで、一つの大きな塊で発見された後、アリゾナ州立大学の隕石研究センターによって購入されました。 1979年までPd-107(パラジウム107)は自然界で存在が確認できていませんでしたが、この隕石を研究することにより約46億年前の初期の太陽系にPd-107の存在が確認できたとNASAが公表しました。 サンタクララ隕石からPd-107が発見されたということは、太陽系が誕生したときに惑星を作るのに必要なスターダストがあったという強力な証拠となりました。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【アタキサイト】 アタキサイトは、ニッケル比が13%以上でテーナイトと微量のカマサイトの細粒混合物、つまりプレッサイトから出来ています。エッチングしても内部には顕著な構造がなく、肉眼での判別が難しいのが特徴です。
¥ 69,800
ムオニナルスタ隕石 ムオニオナルスタ隕石 メンズ 隕鉄 メテオライト 腕時計 リストウォッチ 1
ムオニナルスタ隕石 ムオニオナルスタ隕石 メンズ 隕鉄 メテオライト 腕時計 リストウォッチ 1
腕時計本体のみで外箱や保証書などはございません。 文字盤部分にムオニナルスタ隕石を使用しています。 細かいキズや汚れがあります。 日にちの変更は一般的なものとは違い、針を24時間回すか24時過ぎにセットしたあと、21時まで戻し、また24時過ぎまで回すと日付が変わります。 【時計部分】 約42mm 【文字盤部分】 約33mm 【全長】 約250mm 【ベルト幅】 約20mm 【対応手首サイズ】 約12〜19cm 【その他】 金属部分:ステンレス ベルト部分:本革(Genuine Leather) 3気圧防水(日常生活用防水) クォーツ式 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライトIVA 【発見地】 スウェーデン王国ノルボッテン郡 【発見年】 1906年 【歴史】 紀元前約100万年に現在のスウェーデンとフィンランドの国境にあるスカンジナビア北部に落下したとされています。 総回収量は230Kgでの鉄隕石で、ムオニオ川周辺で見つかったことから1910年にHogbom教授によってムオニナルスタと名づけられました。 研究によれば地球上に落下して以来、4回の氷河期を経験しており、北極のツンドラの氷山からも発掘されています。 【特徴】 鉄隕石の中でもウィドマンシュテッテン構造が特に美しく出ている隕石として人気があります。 飛散地域が北極圏にあるためにメテオライトハンターでも探知が困難で、市場に流通している量も少ない隕石です。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5–13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 59,800
ムオニナルスタ隕石 ムオニオナルスタ隕石 メンズ 隕鉄 メテオライト 腕時計 リストウォッチ 2
ムオニナルスタ隕石 ムオニオナルスタ隕石 メンズ 隕鉄 メテオライト 腕時計 リストウォッチ 2
腕時計本体のみで外箱や保証書などはございません。 文字盤部分にムオニナルスタ隕石を使用しています。 細かいキズや汚れがあります。 【時計部分】 約46mm 【文字盤部分】 約37mm 【全長】 約255mm 【ベルト幅】 約21.5mm 【対応手首サイズ】 約15〜20cm 【その他】 金属部分:ステンレス ベルト部分:本革(Genuine Leather) 3気圧防水(日常生活用防水) クォーツ式 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライトIVA 【発見地】 スウェーデン王国ノルボッテン郡 【発見年】 1906年 【歴史】 紀元前約100万年に現在のスウェーデンとフィンランドの国境にあるスカンジナビア北部に落下したとされています。 総回収量は230Kgでの鉄隕石で、ムオニオ川周辺で見つかったことから1910年にHogbom教授によってムオニナルスタと名づけられました。 研究によれば地球上に落下して以来、4回の氷河期を経験しており、北極のツンドラの氷山からも発掘されています。 【特徴】 鉄隕石の中でもウィドマンシュテッテン構造が特に美しく出ている隕石として人気があります。 飛散地域が北極圏にあるためにメテオライトハンターでも探知が困難で、市場に流通している量も少ない隕石です。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5–13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 59,800
ケープヨーク隕石 20g 原石 標本 鉄隕石 オクタヘドライト グリーンランド Cape York 1
ケープヨーク隕石 20g 原石 標本 鉄隕石 オクタヘドライト グリーンランド Cape York 1
片面エッチングの標本です。 【サイズ】 約 縦40X横30X高2.1mm 【重さ】 約20.8g 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライトIIIAB 【発見地】 グリーンランドのサビクソア島 【発見年】 1818年 【歴史】 総質量58.2トンで少なくとも8つの大きな破片が回収されており、それぞれに、Ahnighito、Woman、Dog、Savik I、Thule、Savik II、Agpalilik、Tunorputという名前が付けられています。 隕石の名前自体は最も大きな破片が見つかった場所にちなんで名づけられており、隕石の落下日については今でも議論されていますが、おそらく8000年〜10000年前だろうとされています。 隕石の存在は地元のイヌイットも知っており、鉄資源として何世紀にもわたって採掘されていました。 1818年時点ではイギリスの第1ロス遠征隊がイヌイットと接触し、隕石の情報を入手しましたが、度重なる悪天候と海氷で調査ができず、1818年から1883年までの間にイギリス、スウェーデン、デンマークがこの地域に5回調査遠征をしましたが、隕石を見つけることはできませんでした。 1894年にアメリカ海軍のロバート・E・ピアリーがヨーク岬すぐそばにあるサビクソア島で隕石を発見し、3年がかりで回収した後、現在では、アメリカ自然史博物館とコペンハーゲン大学地質博物館に大きな標本が展示されています。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5?13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 56,800
サントアントニオドデスコベルト隕石 20g 原石 標本 鉄隕石 ヘキサヘドライト ブラジル Santo Antonio do Descoberto 5
サントアントニオドデスコベルト隕石 20g 原石 標本 鉄隕石 ヘキサヘドライト ブラジル Santo Antonio do Descoberto 5
【サイズ】 約 縦37X横29X高2.3mm 【重さ】 約20.5g 【種類】 鉄隕石 ヘキサヘドライト IIAB 【発見地】 ブラジル連邦共和国ゴイアス州 【発見年】 2011年12月28日 【歴史】 総既知重量52.15Kgで、農場労働者が土を平らにしている作業中に表面から60cm掘ったところに52.15Kgの塊をJose Meloが発見しました。 ブラジル国立博物館に52gの破片を持ちこまれた後、カルフォルニア大学のJ.T. Wassonが分析しヘキサヘドライトに分類されました。 エッチングされた断面はノイマン線がよくわかり、カマサイトの特性を持つ六面体構造を示しています。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【ヘキサヘドライト】 ヘキサヘドライトは、ニッケル比が4.5〜6.5%で、カマサイトから出来ています。エッチングすると断面には綺麗なノイマンラインを見ることが出来ます。
¥ 54,800
ゲベルカミル隕石 43g 原石 標本 鉄隕石 アタキサイト エジプト Gebel Kamil 8
ゲベルカミル隕石 43g 原石 標本 鉄隕石 アタキサイト エジプト Gebel Kamil 8
1エジプトポンド硬貨(日本円で15円程度)付きです。 【サイズ】 約 縦53X横29X高16mm 【重さ】 約43.8g 【種類】 鉄隕石 アタキサイト 【発見地】 エジプト 東ウェイナット砂漠 【発見年】 2009年2月19日 【歴史】 約5000年ほど前に東ウェイナット砂漠に落下し2009年に発見されました。 【特徴】 主にテーナイト合金で構成されており、他にプレッサイト、トロイライト、カマサイトも含みます。 ニッケル含量が多いため、分散が遅い600度以下の低温ではカマサイトがテーナイトから離溶できず、ウィドマンシュテッテン構造が顕著に現れません。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【アタキサイト】 アタキサイトは、ニッケル比が13%以上でテーナイトと微量のカマサイトの細粒混合物、つまりプレッサイトから出来ています。エッチングしても内部には顕著な構造がなく、肉眼での判別が難しいのが特徴です。
¥ 39,800
サントアントニオドデスコベルト隕石 11g 原石 標本 鉄隕石 ヘキサヘドライト ブラジル Santo Antonio do Descoberto 4
サントアントニオドデスコベルト隕石 11g 原石 標本 鉄隕石 ヘキサヘドライト ブラジル Santo Antonio do Descoberto 4
【サイズ】 約 縦34X横14X高3.2mm 【重さ】 約11.8g 【種類】 鉄隕石 ヘキサヘドライト IIAB 【発見地】 ブラジル連邦共和国ゴイアス州 【発見年】 2011年12月28日 【歴史】 総既知重量52.15Kgで、農場労働者が土を平らにしている作業中に表面から60cm掘ったところに52.15Kgの塊をJose Meloが発見しました。 ブラジル国立博物館に52gの破片を持ちこまれた後、カルフォルニア大学のJ.T. Wassonが分析しヘキサヘドライトに分類されました。 エッチングされた断面はノイマン線がよくわかり、カマサイトの特性を持つ六面体構造を示しています。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【ヘキサヘドライト】 ヘキサヘドライトは、ニッケル比が4.5〜6.5%で、カマサイトから出来ています。エッチングすると断面には綺麗なノイマンラインを見ることが出来ます。
¥ 31,800
タザ隕石 9.6g 原石 標本 鉄隕石 隕鉄 モロッコ NWA859 Taza 3
タザ隕石 9.6g 原石 標本 鉄隕石 隕鉄 モロッコ NWA859 Taza 3
【サイズ】 約 縦22X横22X高3mm 【重さ】 約9.6g 【種類】 鉄隕石 プレッサイト質オクタヘドライト 【発見地】 モロッコ王国タザ州 【発見年】 1999年 【歴史】 タザ隕石の正式名称は、Northwest Africa 859(NWA859)となります。 総質量は約130Kgで1g未満の物から約75Kgのものまで様々な大きさのものが発見されています。 エッチングをすることにより非常に細かく美しい模様が浮かび上がるため鉄隕石のお姫様と海外では呼ばれており、ジュエリーデザイナーの間では国際的にも有名です。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5–13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 29,800
ゲベルカミル隕石 34g 原石 標本 鉄隕石 アタキサイト エジプト Gebel Kamil 7
ゲベルカミル隕石 34g 原石 標本 鉄隕石 アタキサイト エジプト Gebel Kamil 7
1エジプトポンド硬貨(日本円で15円程度)付きです。 【サイズ】 約 縦47X横28X高13mm 【重さ】 約34.2g 【種類】 鉄隕石 アタキサイト 【発見地】 エジプト 東ウェイナット砂漠 【発見年】 2009年2月19日 【歴史】 約5000年ほど前に東ウェイナット砂漠に落下し2009年に発見されました。 【特徴】 主にテーナイト合金で構成されており、他にプレッサイト、トロイライト、カマサイトも含みます。 ニッケル含量が多いため、分散が遅い600度以下の低温ではカマサイトがテーナイトから離溶できず、ウィドマンシュテッテン構造が顕著に現れません。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【アタキサイト】 アタキサイトは、ニッケル比が13%以上でテーナイトと微量のカマサイトの細粒混合物、つまりプレッサイトから出来ています。エッチングしても内部には顕著な構造がなく、肉眼での判別が難しいのが特徴です。
¥ 29,800
カンポデルシエロ隕石 136g 原石 標本 鉄隕石 隕鉄 アルゼンチン Campdelcielo 44
カンポデルシエロ隕石 136g 原石 標本 鉄隕石 隕鉄 アルゼンチン Campdelcielo 44
【サイズ】 約 縦155X横30X高6mm 【重さ】 約136.9g 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IAB 【発見地】 アルゼンチン 【発見年】 1576年 【歴史】 先住民の隕石衝突事件の言い伝えをもとに発見され、調査の結果隕石と判明しました。衝突は4000年から6000年前だったと見られています。 古くから様々な種族の人々に「神聖なる石」として崇拝されてきたといわれ、また、霊力を高める働きがあるといわれています。 地名でもあるカンポ・デル・シエロには空の草原という意味があります。スペインの冒険家たちがアルゼンチンの先住民から「空から重たい物が落ちてきた」という話を聞いてこの隕鉄の存在は明らかになり、様々な呼び名がつけられました。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5–13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 24,800
ギベオン隕石 レディース メテオライト 鉄隕石 隕鉄 腕時計 ナミビア Gibeon 3
ギベオン隕石 レディース メテオライト 鉄隕石 隕鉄 腕時計 ナミビア Gibeon 3
経年劣化が見られたり、1枚目の画像のガラス盤部分に劣化がみられたり、3枚目の画像の金属部分に多数のキズや4枚目の画像のベルト部分に紐が通っていなかったりするので、お安くご提供させていただきます。 文字盤部分にギベオンを使用し、ウィドマンシュテッテン構造が、とても綺麗に出ています。 スタイリッシュなスクエアタイプになります。 【時計部分】 約34X25mm 【文字盤部分】 約17X14mm 【ベルト幅】 約18mm 【対応手首サイズ】 約13〜17cm ※穴を開ければ、約12〜18cmくらいまで拡張可能 【電池タイプ】 SR626SW ※電池は新品を入れますが、何年持つかは不明です。 電池交換は、100円ショップに売っている電池交換工具で簡単に出来ます。 保証書なし 中国製・クォーツ式。 日常生活防水(3気圧) ウィッドマンシュテッテン構造がとてもきれいに出ています。 ロジウムコーティングされていますが鉄隕石になりますので、酸化する事があります。 ギベオンはアフリカの不毛の地ナミビア砂漠で発見され、古くから原住民は、これを道具や槍先として使っていたそうです。 この鉄隕石は、今から46億年前惑星のもととなった小天体の核を構成していた物質です。主にFe-Ni合金からなりNiの含有量によって細分化されていますが、その中でNi 6〜13%含有のギベオンのみ隕鉄特有の見事な結晶模様があり、これをウィッドマンシュテッテン構造と呼びます。この模様は何億年にも渡り、約1℃の割合で金属鉄を徐々に冷却する過程において結晶させた時に出来るもので地球上でこの模様を再現したり自然の金属の中に見つける事は出来ません。宇宙で惑星が誕生する劇的なドラマの中で形づくられた「宇宙の芸術品」と云えます。 【歴史】 語源は“mereoron”で空の上のものを意味する。ギベオン隕石は、1836年アフリカのナミビアにあるギベオンという砂漠地帯で発見された隕石で、その成分は、地球の歴史の46億年よりもはるかに古いといわれていす。 【特徴】 特徴的な模様はウィッドマンシュテッテン構造と呼ばれます。鉄隕石(IVA)。
¥ 29,800
ヘンブリー隕石 17g 原石 標本 鉄隕石 オクタヘドライト オーストラリア Henbury 44
ヘンブリー隕石 17g 原石 標本 鉄隕石 オクタヘドライト オーストラリア Henbury 44
【サイズ】 約 縦23X横21X高4.4mm 【重さ】 約17.3g 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IIIAB 【発見地】 オーストラリア ノーザンテリトリー フィンケ川渓谷 【発見年】 1931年 【歴史】 約4700年前に落下したと考えられており、発見された場所では少なくとも13個のクレーターが確認されています。 落下した隕石は最大のもので直径150メートルもあったといわれ、多くの隕石がクレーターの中心部の外側で、少量が内側で発見されました。 最大の標本は181Kgあります。 オーストラリアのアボリジニ族に発見されたと推定されており、先住民たちは落下した場所を「悪魔の岩が太陽により燃やされた場所」と呼んでいるようです。 現在では発見地点は保護地区に指定されているため、隕石の採集はかたく禁じられており、現在、流通しているものは法律が施行される以前に採取されたコレクターの放出品で、近年では入手がかなり難しくなってきています。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5–13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 18,800