• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

New Arrival

サイアルウハイミル001隕石 12g 原石 標本 石質隕石 コンドライト L4-5 オマーン Sayh al Uhaymir 001 5
サイアルウハイミル001隕石 12g 原石 標本 石質隕石 コンドライト L4-5 オマーン Sayh al Uhaymir 001 5
【サイズ】 約 縦36X横26X高8.4mm 【重さ】 約12.4g 【種類】 石質隕石 普通コンドライト L4-5 【発見地】 オマーン国 【発見年】 2000年3月16日 【歴史】 総質量は約408Kgで、オマーンではもっとも有名な流星雨の一つです。 2000年3月10日にロシアの隕石ハンターチームがオマーンの砂漠で隕石を探していたところ2つの隕石が落下するのを目撃しました。 その二つの隕石がドファール020とサイアルウハイミル001で、3日間で256Kg以上を収集し、2670個以上の破片を回収、最大質量は65Kgを超えていました。 この収集中に新しい月隕石の破片を2つ見つけるなど、大変多くの収穫があったオマーン遠征になったそうです。 【石質隕石】 石質隕石は、主にケイ酸塩鉱物からなる隕石で、主要鉱物としては橄欖石、輝石、鉄-ニッケル合金から出来ています。分類としてはリュールという球粒状構造があるコンドライトと、構造がないエイコンドライトに分けられます。厳密には元素組成を考慮して分類するため、コンドリュールのないコンドライトやコンドリュールのあるエイコンドライトもあります。 【普通コンドライト】 普通コンドライトは最も普通の隕石で、発見された隕石のうち90%が普通コンドライトだと言われています。金属鉄(元素ではなく、金属状態の鉄)の量が多い順にH、L、LLに分類されます。
¥ 18,800
ビニャーレス隕石 4g 原石 標本 石質隕石 コンドライト L6 キューバ Vinales 1
ビニャーレス隕石 4g 原石 標本 石質隕石 コンドライト L6 キューバ Vinales 1
【サイズ】 約 縦33X横28X高1.6mm 【重さ】 約4.1g 【種類】 石質隕石 普通コンドライト L6 【発見地】 キューバ共和国ピナデルリオ州 【発見年】 2019年2月1日 【歴史】 2月1日午後1時17分、ピナデルリオ州の住民は長い煙跡と大きな音を伴う火球を目撃しました。 はじめは飛行機が墜落したのかと思いましたが、2000個近い破片が落下したことにより地鳴りが15〜20秒も発生したため驚いたそうです。 ユネスコの世界遺産に登録されており、森林と畑に覆われているビニャーレス渓谷周辺に隕石は落下し、最初のいくつかの破片は先史時代の壁画という記念碑近くで回収されました。 その後、渓谷周辺と町で破片は見つかっており、多くは家の屋根などから回収されました。 総質量は50-100Kgとされ、破片の大きさは2-1100gだとされています。 【石質隕石】 石質隕石は、主にケイ酸塩鉱物からなる隕石で、主要鉱物としては橄欖石、輝石、鉄-ニッケル合金から出来ています。分類としてはリュールという球粒状構造があるコンドライトと、構造がないエイコンドライトに分けられます。厳密には元素組成を考慮して分類するため、コンドリュールのないコンドライトやコンドリュールのあるエイコンドライトもあります。 【普通コンドライト】 普通コンドライトは最も普通の隕石で、発見された隕石のうち90%が普通コンドライトだと言われています。金属鉄(元素ではなく、金属状態の鉄)の量が多い順にH、L、LLに分類されます。
¥ 18,800
ムオニナルスタ隕石 ムオニオナルスタ隕石 20g 原石 標本 鉄隕石 隕鉄 スウェーデン Muonionalusta 31
ムオニナルスタ隕石 ムオニオナルスタ隕石 20g 原石 標本 鉄隕石 隕鉄 スウェーデン Muonionalusta 31
丸っぽい部分はトロイライトがインクルージョンされており、これだけ大きなトロイライトを含んだものをこれだけお求めやすい価格で購入できることはほぼありません。 だいたいが数百gを超えるような大きなものにカットされますので高額になります。 メテオライトハンターによると各国の展示会でも購入するのは隕石の研究者ばかりのようなので、標本としてはかなり価値が高いと思います。 【サイズ】 約 縦45X横34X高1.8mm 【重さ】 約20.9g 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライトIVA 【発見地】 スウェーデン ノルボッテン郡 【発見年】 1906年 【歴史】 紀元前約100万年に現在のスウェーデンとフィンランドの国境にあるスカンジナビア北部に落下したとされています。 総回収量は230Kgでの鉄隕石で、ムオニオ川周辺で見つかったことから1910年にHogbom教授によってムオニナルスタと名づけられました。 研究によれば地球上に落下して以来、4回の氷河期を経験しており、北極のツンドラの氷山からも発掘されています。 【特徴】 鉄隕石の中でもウィドマンシュテッテン構造が特に美しく出ている隕石として人気があります。 飛散地域が北極圏にあるためにメテオライトハンターでも探知が困難で、市場に流通している量も少ない隕石です。
¥ 17,800
NWA6963 30mg 火星隕石 火星の石 マーズロック 原石 標本 Martian Meteorite 1
NWA6963 30mg 火星隕石 火星の石 マーズロック 原石 標本 Martian Meteorite 1
【サイズ】 約4.5mm 【重さ】 約30mg 【種類】 火星隕石 SNC シャーゴッタイト 【発見地】 モロッコ王国南部 【発見年】 2011年9月 【歴史】 2011年9月にモロッコの隕石ハンターが最初の3個の破片を発見し、正確な分析をする前にAHabibiという方に販売しました。 その後、この隕石ハンターは約6か月間、同じ場所で破片の収集をし続け、2012年5月中旬にはNWA6963の産地の噂が広がり大勢の隕石ハンターが収集に向かいました。大きなものは100gから700gもあり総質量は8-10Kgとされています。 2012年6月にフランスのエンシスハイムで開催されたショーで購入された標本がアメリカに送られ正式に隕石として登録されました。 NWA6963の別名は採取された場所にちなんでフェイエルリーとも言います。 【火星起源隕石】 火星に別の天体が衝突した際に放出された隕石だといわれており、地球上では2016年時点で172個が確認されています。 SNC隕石はエイコンドライト隕石群であり、火星からのものであると仮定されています。 SNC隕石は、顕微鏡なしではっきりと見ることができない小さな鉱物の粒でできています。 これらの小さな粒を見るために、科学者は岩石サンプルを非常に薄く(0.03ミリメートル)に研磨し、光が透けてみえるようになってから観察します。 ※SNC隕石(火星隕石グループのシャーゴッタイト・ナクライト・シャシナイトの略)
¥ 17,800
NWA6963 50mg 火星隕石 火星の石 マーズロック 原石 標本 Martian Meteorite 2
NWA6963 50mg 火星隕石 火星の石 マーズロック 原石 標本 Martian Meteorite 2
【サイズ】 約5mm 【重さ】 約50mg 【種類】 火星隕石 SNC シャーゴッタイト 【発見地】 モロッコ王国南部 【発見年】 2011年9月 【歴史】 2011年9月にモロッコの隕石ハンターが最初の3個の破片を発見し、正確な分析をする前にAHabibiという方に販売しました。 その後、この隕石ハンターは約6か月間、同じ場所で破片の収集をし続け、2012年5月中旬にはNWA6963の産地の噂が広がり大勢の隕石ハンターが収集に向かいました。大きなものは100gから700gもあり総質量は8-10Kgとされています。 2012年6月にフランスのエンシスハイムで開催されたショーで購入された標本がアメリカに送られ正式に隕石として登録されました。 NWA6963の別名は採取された場所にちなんでフェイエルリーとも言います。 【火星起源隕石】 火星に別の天体が衝突した際に放出された隕石だといわれており、地球上では2016年時点で172個が確認されています。 SNC隕石はエイコンドライト隕石群であり、火星からのものであると仮定されています。 SNC隕石は、顕微鏡なしではっきりと見ることができない小さな鉱物の粒でできています。 これらの小さな粒を見るために、科学者は岩石サンプルを非常に薄く(0.03ミリメートル)に研磨し、光が透けてみえるようになってから観察します。 ※SNC隕石(火星隕石グループのシャーゴッタイト・ナクライト・シャシナイトの略)
¥ 17,800
NWA6963 40mg 火星隕石 火星の石 マーズロック 原石 標本 Martian Meteorite 3
NWA6963 40mg 火星隕石 火星の石 マーズロック 原石 標本 Martian Meteorite 3
【サイズ】 約4mm 【重さ】 約40mg 【種類】 火星隕石 SNC シャーゴッタイト 【発見地】 モロッコ王国南部 【発見年】 2011年9月 【歴史】 2011年9月にモロッコの隕石ハンターが最初の3個の破片を発見し、正確な分析をする前にAHabibiという方に販売しました。 その後、この隕石ハンターは約6か月間、同じ場所で破片の収集をし続け、2012年5月中旬にはNWA6963の産地の噂が広がり大勢の隕石ハンターが収集に向かいました。大きなものは100gから700gもあり総質量は8-10Kgとされています。 2012年6月にフランスのエンシスハイムで開催されたショーで購入された標本がアメリカに送られ正式に隕石として登録されました。 NWA6963の別名は採取された場所にちなんでフェイエルリーとも言います。 【火星起源隕石】 火星に別の天体が衝突した際に放出された隕石だといわれており、地球上では2016年時点で172個が確認されています。 SNC隕石はエイコンドライト隕石群であり、火星からのものであると仮定されています。 SNC隕石は、顕微鏡なしではっきりと見ることができない小さな鉱物の粒でできています。 これらの小さな粒を見るために、科学者は岩石サンプルを非常に薄く(0.03ミリメートル)に研磨し、光が透けてみえるようになってから観察します。 ※SNC隕石(火星隕石グループのシャーゴッタイト・ナクライト・シャシナイトの略)
¥ 17,800
NWA6963 20mg 火星隕石 火星の石 マーズロック 原石 標本 Martian Meteorite 4
NWA6963 20mg 火星隕石 火星の石 マーズロック 原石 標本 Martian Meteorite 4
【サイズ】 約3mm 【重さ】 約20mg 【種類】 火星隕石 SNC シャーゴッタイト 【発見地】 モロッコ王国南部 【発見年】 2011年9月 【歴史】 2011年9月にモロッコの隕石ハンターが最初の3個の破片を発見し、正確な分析をする前にAHabibiという方に販売しました。 その後、この隕石ハンターは約6か月間、同じ場所で破片の収集をし続け、2012年5月中旬にはNWA6963の産地の噂が広がり大勢の隕石ハンターが収集に向かいました。大きなものは100gから700gもあり総質量は8-10Kgとされています。 2012年6月にフランスのエンシスハイムで開催されたショーで購入された標本がアメリカに送られ正式に隕石として登録されました。 NWA6963の別名は採取された場所にちなんでフェイエルリーとも言います。 【火星起源隕石】 火星に別の天体が衝突した際に放出された隕石だといわれており、地球上では2016年時点で172個が確認されています。 SNC隕石はエイコンドライト隕石群であり、火星からのものであると仮定されています。 SNC隕石は、顕微鏡なしではっきりと見ることができない小さな鉱物の粒でできています。 これらの小さな粒を見るために、科学者は岩石サンプルを非常に薄く(0.03ミリメートル)に研磨し、光が透けてみえるようになってから観察します。 ※SNC隕石(火星隕石グループのシャーゴッタイト・ナクライト・シャシナイトの略)
¥ 17,800
NWA6963 30mg 火星隕石 火星の石 マーズロック 原石 標本 Martian Meteorite 5
NWA6963 30mg 火星隕石 火星の石 マーズロック 原石 標本 Martian Meteorite 5
【サイズ】 約4mm 【重さ】 約30mg 【種類】 火星隕石 SNC シャーゴッタイト 【発見地】 モロッコ王国南部 【発見年】 2011年9月 【歴史】 2011年9月にモロッコの隕石ハンターが最初の3個の破片を発見し、正確な分析をする前にAHabibiという方に販売しました。 その後、この隕石ハンターは約6か月間、同じ場所で破片の収集をし続け、2012年5月中旬にはNWA6963の産地の噂が広がり大勢の隕石ハンターが収集に向かいました。大きなものは100gから700gもあり総質量は8-10Kgとされています。 2012年6月にフランスのエンシスハイムで開催されたショーで購入された標本がアメリカに送られ正式に隕石として登録されました。 NWA6963の別名は採取された場所にちなんでフェイエルリーとも言います。 【火星起源隕石】 火星に別の天体が衝突した際に放出された隕石だといわれており、地球上では2016年時点で172個が確認されています。 SNC隕石はエイコンドライト隕石群であり、火星からのものであると仮定されています。 SNC隕石は、顕微鏡なしではっきりと見ることができない小さな鉱物の粒でできています。 これらの小さな粒を見るために、科学者は岩石サンプルを非常に薄く(0.03ミリメートル)に研磨し、光が透けてみえるようになってから観察します。 ※SNC隕石(火星隕石グループのシャーゴッタイト・ナクライト・シャシナイトの略)
¥ 17,800
NWA6963 30mg 火星隕石 火星の石 マーズロック 原石 標本 Martian Meteorite 6
NWA6963 30mg 火星隕石 火星の石 マーズロック 原石 標本 Martian Meteorite 6
【サイズ】 約3.8mm 【重さ】 約30mg 【種類】 火星隕石 SNC シャーゴッタイト 【発見地】 モロッコ王国南部 【発見年】 2011年9月 【歴史】 2011年9月にモロッコの隕石ハンターが最初の3個の破片を発見し、正確な分析をする前にAHabibiという方に販売しました。 その後、この隕石ハンターは約6か月間、同じ場所で破片の収集をし続け、2012年5月中旬にはNWA6963の産地の噂が広がり大勢の隕石ハンターが収集に向かいました。大きなものは100gから700gもあり総質量は8-10Kgとされています。 2012年6月にフランスのエンシスハイムで開催されたショーで購入された標本がアメリカに送られ正式に隕石として登録されました。 NWA6963の別名は採取された場所にちなんでフェイエルリーとも言います。 【火星起源隕石】 火星に別の天体が衝突した際に放出された隕石だといわれており、地球上では2016年時点で172個が確認されています。 SNC隕石はエイコンドライト隕石群であり、火星からのものであると仮定されています。 SNC隕石は、顕微鏡なしではっきりと見ることができない小さな鉱物の粒でできています。 これらの小さな粒を見るために、科学者は岩石サンプルを非常に薄く(0.03ミリメートル)に研磨し、光が透けてみえるようになってから観察します。 ※SNC隕石(火星隕石グループのシャーゴッタイト・ナクライト・シャシナイトの略)
¥ 17,800
NWA6963 20mg 火星隕石 火星の石 マーズロック 原石 標本 Martian Meteorite 7
NWA6963 20mg 火星隕石 火星の石 マーズロック 原石 標本 Martian Meteorite 7
【サイズ】 約3.5mm 【重さ】 約20mg 【種類】 火星隕石 SNC シャーゴッタイト 【発見地】 モロッコ王国南部 【発見年】 2011年9月 【歴史】 2011年9月にモロッコの隕石ハンターが最初の3個の破片を発見し、正確な分析をする前にAHabibiという方に販売しました。 その後、この隕石ハンターは約6か月間、同じ場所で破片の収集をし続け、2012年5月中旬にはNWA6963の産地の噂が広がり大勢の隕石ハンターが収集に向かいました。大きなものは100gから700gもあり総質量は8-10Kgとされています。 2012年6月にフランスのエンシスハイムで開催されたショーで購入された標本がアメリカに送られ正式に隕石として登録されました。 NWA6963の別名は採取された場所にちなんでフェイエルリーとも言います。 【火星起源隕石】 火星に別の天体が衝突した際に放出された隕石だといわれており、地球上では2016年時点で172個が確認されています。 SNC隕石はエイコンドライト隕石群であり、火星からのものであると仮定されています。 SNC隕石は、顕微鏡なしではっきりと見ることができない小さな鉱物の粒でできています。 これらの小さな粒を見るために、科学者は岩石サンプルを非常に薄く(0.03ミリメートル)に研磨し、光が透けてみえるようになってから観察します。 ※SNC隕石(火星隕石グループのシャーゴッタイト・ナクライト・シャシナイトの略)
¥ 17,800
NWA6963 20mg 火星隕石 火星の石 マーズロック 原石 標本 Martian Meteorite 8
NWA6963 20mg 火星隕石 火星の石 マーズロック 原石 標本 Martian Meteorite 8
【サイズ】 約2・2mm 【重さ】 約20mg/セット 【種類】 火星隕石 SNC シャーゴッタイト 【発見地】 モロッコ王国南部 【発見年】 2011年9月 【歴史】 2011年9月にモロッコの隕石ハンターが最初の3個の破片を発見し、正確な分析をする前にAHabibiという方に販売しました。 その後、この隕石ハンターは約6か月間、同じ場所で破片の収集をし続け、2012年5月中旬にはNWA6963の産地の噂が広がり大勢の隕石ハンターが収集に向かいました。大きなものは100gから700gもあり総質量は8-10Kgとされています。 2012年6月にフランスのエンシスハイムで開催されたショーで購入された標本がアメリカに送られ正式に隕石として登録されました。 NWA6963の別名は採取された場所にちなんでフェイエルリーとも言います。 【火星起源隕石】 火星に別の天体が衝突した際に放出された隕石だといわれており、地球上では2016年時点で172個が確認されています。 SNC隕石はエイコンドライト隕石群であり、火星からのものであると仮定されています。 SNC隕石は、顕微鏡なしではっきりと見ることができない小さな鉱物の粒でできています。 これらの小さな粒を見るために、科学者は岩石サンプルを非常に薄く(0.03ミリメートル)に研磨し、光が透けてみえるようになってから観察します。 ※SNC隕石(火星隕石グループのシャーゴッタイト・ナクライト・シャシナイトの略)
¥ 17,800
NWA11182 0.17g 原石 標本 月隕石 月の石 ムーンロック マリ共和国 1
NWA11182 0.17g 原石 標本 月隕石 月の石 ムーンロック マリ共和国 1
【サイズ】 約 縦11X横4X高4mm 【重さ】 約0.17g 【種類】 月隕石 長石質角礫岩 【発見地】 マリ共和国北部の砂漠地帯 【発見年】 2017年2月 【歴史】 2017年のツーソンショーでSaid HaddanyからRuben Garciaが購入したことで発見されました。 総質量はわずか60gで、12gをニューメキシコ大学が保有し、主な標本は発見者のルーベンガルシアが保有しています。 【月起源隕石】 月隕石(Lunar meteorite)は、地球で発見された月を起源に持つ隕石のことで、大部分の月隕石は月へ他天体が衝突したことによって吹き飛ばされた破片です。 月に着陸したアポロ計画で採取された月の石は月の狭い地域から採取されましたが、月隕石は月の裏側を含む地質学データを分析できると考えられています。 月は海と高地があり、月の地表の16%を占めているのは濃い色の玄武岩で覆われた月の海(平原)ですが、地球のように水があるわけではありません。 2013年2月現在、月起源隕石は50個ほどが地球に落下したと考えられています。 【角礫岩】 いろいろな岩石の破片が寄り集まって形成されており、月の高地では最も良く存在している岩石です。 月は長い歴史を通じて無数の隕石の衝突にさらされてきましたが、その結果、生じた岩石の破片が衝突の熱や圧力で再結合し角礫岩となりました。
¥ 17,800
NWA11182 0.11g 原石 標本 月隕石 月の石 ムーンロック マリ共和国 2
NWA11182 0.11g 原石 標本 月隕石 月の石 ムーンロック マリ共和国 2
【サイズ】 約 縦6X横5X高5mm 【重さ】 約0.11g 【種類】 月隕石 長石質角礫岩 【発見地】 マリ共和国北部の砂漠地帯 【発見年】 2017年2月 【歴史】 2017年のツーソンショーでSaid HaddanyからRuben Garciaが購入したことで発見されました。 総質量はわずか60gで、12gをニューメキシコ大学が保有し、主な標本は発見者のルーベンガルシアが保有しています。 【月起源隕石】 月隕石(Lunar meteorite)は、地球で発見された月を起源に持つ隕石のことで、大部分の月隕石は月へ他天体が衝突したことによって吹き飛ばされた破片です。 月に着陸したアポロ計画で採取された月の石は月の狭い地域から採取されましたが、月隕石は月の裏側を含む地質学データを分析できると考えられています。 月は海と高地があり、月の地表の16%を占めているのは濃い色の玄武岩で覆われた月の海(平原)ですが、地球のように水があるわけではありません。 2013年2月現在、月起源隕石は50個ほどが地球に落下したと考えられています。 【角礫岩】 いろいろな岩石の破片が寄り集まって形成されており、月の高地では最も良く存在している岩石です。 月は長い歴史を通じて無数の隕石の衝突にさらされてきましたが、その結果、生じた岩石の破片が衝突の熱や圧力で再結合し角礫岩となりました。
¥ 17,800
ムオニナルスタ隕石 ムオニオナルスタ隕石 20g 原石 標本 鉄隕石 隕鉄 スウェーデン Muonionalusta 30
ムオニナルスタ隕石 ムオニオナルスタ隕石 20g 原石 標本 鉄隕石 隕鉄 スウェーデン Muonionalusta 30
丸っぽい部分はトロイライトがインクルージョンされており、これだけ大きなトロイライトを含んだものをこれだけお求めやすい価格で購入できることはほぼありません。 だいたいが数百gを超えるような大きなものにカットされますので高額になります。 メテオライトハンターによると各国の展示会でも購入するのは隕石の研究者ばかりのようなので、標本としてはかなり価値が高いと思います。 【サイズ】 約 縦40X横27X高2.5mm 【重さ】 約20.4g 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライトIVA 【発見地】 スウェーデン ノルボッテン郡 【発見年】 1906年 【歴史】 紀元前約100万年に現在のスウェーデンとフィンランドの国境にあるスカンジナビア北部に落下したとされています。 総回収量は230Kgでの鉄隕石で、ムオニオ川周辺で見つかったことから1910年にHogbom教授によってムオニナルスタと名づけられました。 研究によれば地球上に落下して以来、4回の氷河期を経験しており、北極のツンドラの氷山からも発掘されています。 【特徴】 鉄隕石の中でもウィドマンシュテッテン構造が特に美しく出ている隕石として人気があります。 飛散地域が北極圏にあるためにメテオライトハンターでも探知が困難で、市場に流通している量も少ない隕石です。
¥ 16,800
チェリャビンスク隕石 ウラル隕石 3.7g 原石 標本 コンドライト LL5 ロシア Chelyabinsk 2
チェリャビンスク隕石 ウラル隕石 3.7g 原石 標本 コンドライト LL5 ロシア Chelyabinsk 2
【サイズ】 約 縦20X横18X高8mm 【重さ】 約3.7g 【歴史】 2013年2月15日にロシアのチェリャビンスク州の上空を通過し、チェリャビンスクから西に約70km離れたチェバルクリの畔にあるチェバルクリ湖に落下しました。 当初、最初の破片採取場所であるチェバルクリ湖にちなんで「チェバルクリ隕石」と名づけられる予定でしたが、破片がチェリャビンスク州の広範囲で見つかったことから、名称を「チェリャビンスク隕石」として申請されました。 また、商標登録されており、「ウラル隕石」という名称もあります。 【特徴】 地球に落下する約90%の隕石が分類される普通コンドライトという石質隕石となります。 組成としては、金属鉄・カンラン石・亜硫酸塩・トロイリ鉱・クロム鉄鉱・チタン鉄鉱・塩素燐灰石などが含まれているものもあるようです。 【石質隕石】 石質隕石は、主にケイ酸塩鉱物からなる隕石で、主要鉱物としては橄欖石、輝石、鉄-ニッケル合金から出来ています。分類としてはリュールという球粒状構造があるコンドライトと、構造がないエイコンドライトに分けられます。厳密には元素組成を考慮して分類するため、コンドリュールのないコンドライトやコンドリュールのあるエイコンドライトもあります。 【普通コンドライト】 普通コンドライトは最も普通の隕石で、発見された隕石のうち90%が普通コンドライトだと言われています。金属鉄(元素ではなく、金属状態の鉄)の量が多い順にH、L、LLに分類されます。
¥ 16,800
マンドラビラ隕石 13g 原石 標本 鉄隕石 隕鉄 オーストラリア Mundrabilla 11
マンドラビラ隕石 13g 原石 標本 鉄隕石 隕鉄 オーストラリア Mundrabilla 11
【サイズ】 約 縦38X横26X高10mm 【重さ】 約13.1g 【種類】 鉄隕石 IIICD(オクタヘドライト) 【発見地】 オーストラリア ヌラーボール平原 【発見年】 1911年 【歴史】 総質量は約24トンで、マンドラビラ隕石の主質量である12.4トンの塊は、西オーストラリア博物館で保存されています。 2016年12月時点では、マンドラビラ隕石は非常に多くの種類があり、マンドラビラ隕石(鉄隕石)、マンドビラ隕石002-021(コンドライト)などがあります。 1911年に西オーストラリア州の大陸横断鉄道路線調査担当責任者がプレミアダウンズ駅で112gの鉄隕石片を発見し、1911年の後半には鉄隕石片が発見された場所から西に約13キロメートルの場所で、116gの小さな鉄の隕石を同じ人が発見し、1918年にはA.Ewingによって同じ地域で99gの第3の小さな鉄隕石が発見されました。 1965年に西オーストラリア州地質調査所のBill Crowleが3つの小さな鉄の破片(94.1 g、45 g、38.8 g)をオーストラリア南部の鉄道で発見しました。 1966年4月に、12.4トンと5.44トンの2つの非常に大きな鉄塊が、地質学者のR.B. WilsonとA.M.によってヌラーボール平原で発見されました。 隕石はMundrabillaと命名され、2013年の時点では、世界で11番目に主質量が大きい隕石として識別されます。 また、2018年3月にはマンドラビラ隕石の主質量である12.4トンの塊から極微量の極低温超伝導の証拠が見つかったことが報告されました。超伝導体はインジウム、スズ、そして鉛の合金であるように見えたそうです。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5–13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 15,800
NWA11273 0.22g 原石 標本 月隕石 月の石 ムーンロック アルジェリア 5
NWA11273 0.22g 原石 標本 月隕石 月の石 ムーンロック アルジェリア 5
【サイズ】 約 縦10X横9X高1.3mm 【重さ】 約0.22g 【種類】 月隕石 長石質角礫岩 【発見地】 アルジェリア民主人民共和国ティンドゥフ 【発見年】 2017年4月 【歴史】 総既知重量2.81Kgで、2017年4月にモロッコの隕石ディーラーが販売していたものを3人の隕石コレクター(Rob Wesel、Eric Twelker、Jason Phillips)が購入したことによって発見されました。 【特徴】 安山岩、かんらん石、ピジョン輝石、褐鉄鉱、クロム鉄鉱、チタンやクロムや鉄のスピネル、カマサイト、テーナイトおよびトロイリ鉱の鉱物質砕屑からなる角礫岩で、サンプルを分析したところ、とても希少な月の玄武岩の礫とガラスの破片の存在も確認できたそうです。 【月起源隕石】 月隕石(Lunar meteorite)は、地球で発見された月を起源に持つ隕石のことで、大部分の月隕石は月へ他天体が衝突したことによって吹き飛ばされた破片です。 月に着陸したアポロ計画で採取された月の石は月の狭い地域から採取されましたが、月隕石は月の裏側を含む地質学データを分析できると考えられています。 月は海と高地があり、月の地表の16%を占めているのは濃い色の玄武岩で覆われた月の海(平原)ですが、地球のように水があるわけではありません。 2013年2月現在、月起源隕石は50個ほどが地球に落下したと考えられています。 【角礫岩】 いろいろな岩石の破片が寄り集まって形成されており、月の高地では最も良く存在している岩石です。 月は長い歴史を通じて無数の隕石の衝突にさらされてきましたが、その結果、生じた岩石の破片が衝突の熱や圧力で再結合し角礫岩となりました。
¥ 15,800
ウィルナ隕石 4g 原石 標本 石質隕石 コンドライト H5 オーストラリア Wiluna 2
ウィルナ隕石 4g 原石 標本 石質隕石 コンドライト H5 オーストラリア Wiluna 2
【サイズ】 約 縦23X横13X高7.3mm 【重さ】 約4.3g 【種類】 石質隕石 普通コンドライト H5 【発見地】 オーストラリア連邦西オーストラリア州ウィルナ 【発見年】 1967年9月2日 【歴史】 総質量150Kgで、1967年9月2日22時46分にウィルナの東側5X3キロ平方メートルの範囲に南東から隕石のシャワーが降り注ぎました。 ウィルナの町の屋外映画館では落下が見えたため拍手と口笛が鳴りやまなかったそうです。 約10Kgから2.2gの重さがある破片が500-1000個ほど降り注いだとされ、西オーストラリア博物館には480個が展示されており、多くの標本は個人が所有しています。 【石質隕石】 石質隕石は、主にケイ酸塩鉱物からなる隕石で、主要鉱物としては橄欖石、輝石、鉄-ニッケル合金から出来ています。分類としてはリュールという球粒状構造があるコンドライトと、構造がないエイコンドライトに分けられます。厳密には元素組成を考慮して分類するため、コンドリュールのないコンドライトやコンドリュールのあるエイコンドライトもあります。 【普通コンドライト】 普通コンドライトは最も普通の隕石で、発見された隕石のうち90%が普通コンドライトだと言われています。金属鉄(元素ではなく、金属状態の鉄)の量が多い順にH、L、LLに分類されます。
¥ 15,800
キャメルドンガ隕石 1.3g 原石 標本 エイコンドライト ユークライト オーストラリア Eucrite Camel Donga 3
キャメルドンガ隕石 1.3g 原石 標本 エイコンドライト ユークライト オーストラリア Eucrite Camel Donga 3
【サイズ】 約 縦12X横14X高6mm 【重さ】 約1.3g 【種類】 石質隕石 エイコンドライト ユークライト 【発見地】 オーストラリア西部 キャメルドンガ 【発見年】 1984年1月 【歴史】 最初の隕石は503gあり、J.C.キャンベル夫人によって発見されました。 その後、1985年7月の調査でB. Masonによって最初の石を発見した場所からから1km四方以内に11個の隕石が発見されました。 【特徴】 小惑星ベスタ由来の隕石だと考えられており、コンドリュール(球状の粒子)を含まないエイコンドライトに分類され、隕石全体の約5%がこれにあたる。 【石質隕石】 石質隕石は、主にケイ酸塩鉱物からなる隕石で、主要鉱物としては橄欖石、輝石、鉄-ニッケル合金から出来ています。分類としてはリュールという球粒状構造があるコンドライトと、構造がないエイコンドライトに分けられます。厳密には元素組成を考慮して分類するため、コンドリュールのないコンドライトやコンドリュールのあるエイコンドライトもあります。 【エイコンドライト】 組織、構造や、鉱物組成は地球の玄武岩によく似ており、エイコンドライトの約65%が小惑星ベスタの地殻が起源と考えられているHED隕石です。その他に火星隕石や月隕石などもあります。HEDとはホワルダイト、ユークライト、ダイオジェナイトの頭文字で、ホワルダイトは大部分がユークライトとダイオジェナイトの破片から構成されるレゴリス角礫岩で、ユークライトは主に斜長石と輝石で構成されていて、母天体の地殻を構成していたと考えられており、ダイオジェナイトは深成岩に起源を持つ火成岩で構成され、ユークライトよりも大きな結晶が成長するのに十分な深さでゆっくりと固化したものです。
¥ 14,800
ゲルタセムール隕石 2.0g 原石 標本 石質隕石 コンドライト L4 モロッコ Gueltat Zemmour 1
ゲルタセムール隕石 2.0g 原石 標本 石質隕石 コンドライト L4 モロッコ Gueltat Zemmour 1
【サイズ】 約 縦18X横12X高6mm 【重さ】 約2.0g 【種類】 石質隕石 普通コンドライト L4 【発見地】 モロッコ王国西サハラ 【発見年】 2018年8月21日 【歴史】 2018年8月21日14時20分頃にモロッコ南部の人々が北東から南西に向かって移動する明るい火球を発見し、落下エリアのテントにいた人は、鉱山で使うダイナマイトのような音が鳴り、近くの峡谷で共鳴するようなソニックブームを聞いたと報告しました。 しかし、2018年は8月20日からイード・アル=アドハーという重要な祝日の期間であったため、すぐには隕石の捜索は行われず、落下から10日後に捜索が開始し、最初の破片は落下から3週間後にゲルタセムールを西に数キロ行ったところで発見しました。 合計で500gほどの3つの破片と5448g、1374g、426gの塊が発見され、総質量約8Kgとなりました。 【石質隕石】 石質隕石は、主にケイ酸塩鉱物からなる隕石で、主要鉱物としては橄欖石、輝石、鉄-ニッケル合金から出来ています。分類としてはリュールという球粒状構造があるコンドライトと、構造がないエイコンドライトに分けられます。厳密には元素組成を考慮して分類するため、コンドリュールのないコンドライトやコンドリュールのあるエイコンドライトもあります。 【普通コンドライト】 普通コンドライトは最も普通の隕石で、発見された隕石のうち90%が普通コンドライトだと言われています。金属鉄(元素ではなく、金属状態の鉄)の量が多い順にH、L、LLに分類されます。
¥ 14,800
モントゥラキ隕石 1.1g 原石 標本 鉄隕石 オクタヘドライト チリ Monturaqui 1
モントゥラキ隕石 1.1g 原石 標本 鉄隕石 オクタヘドライト チリ Monturaqui 1
約24mmのインパクタイト付きです。 【サイズ】 約 縦14X横10X高4.5mm 【重さ】 約1.15g 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライト IAB 【発見地】 チリ共和国 【発見年】 1965年 【歴史】 1962年にSanchez氏による航空写真で存在が初めて確認されたチリ初のインパクトクレーターであるモントゥラキクレーターを作った隕石です。 1965年11月にSanchezとCassidyが実際に航空写真で撮影した場所に赴き、隕石とインパクトガラスを回収したことにより正式に発見されました。 総質量2Kgで、落下したのは50万年前から78万年前と言われています。 【鉄隕石】 鉄隕石は、分化した小惑星の金属核が起源と考えられており、鉱物的にはニッケルに乏しいカマサイトとニッケルに富んだテーナイトから出来ています。構造によりヘキサヘドライト、オクタヘドライト、アタキサイトに大きく分けられており、構造の違いはニッケル含有比によるものです。 【オクタヘドライト】 オクタヘドライトは、ニッケル比が6.5–13%で、カマサイトとテーナイトの混合物で出来ています。カマサイトとテーナイトは正八面体構造を作るため、断面には特徴的な模様のウィドマンシュテッテン構造が現れます。構造のバンドの幅により最粗粒、粗粒、中粒、細粒、最細粒、プレスティックに分類され、簡単に言うとニッケルが少ないほど粗粒になります。
¥ 14,800
ムオニナルスタ隕石 ムオニオナルスタ隕石 14g 原石 標本 鉄隕石 隕鉄 スウェーデン Muonionalusta 29
ムオニナルスタ隕石 ムオニオナルスタ隕石 14g 原石 標本 鉄隕石 隕鉄 スウェーデン Muonionalusta 29
丸っぽい部分はトロイライトがインクルージョンされており、これだけ大きなトロイライトを含んだものをこれだけお求めやすい価格で購入できることはほぼありません。 だいたいが数百gを超えるような大きなものにカットされますので高額になります。 メテオライトハンターによると各国の展示会でも購入するのは隕石の研究者ばかりのようなので、標本としてはかなり価値が高いと思います。 【サイズ】 約 縦32X横27X高2.2mm 【重さ】 約14.6g 【種類】 鉄隕石 オクタヘドライトIVA 【発見地】 スウェーデン ノルボッテン郡 【発見年】 1906年 【歴史】 紀元前約100万年に現在のスウェーデンとフィンランドの国境にあるスカンジナビア北部に落下したとされています。 総回収量は230Kgでの鉄隕石で、ムオニオ川周辺で見つかったことから1910年にHogbom教授によってムオニナルスタと名づけられました。 研究によれば地球上に落下して以来、4回の氷河期を経験しており、北極のツンドラの氷山からも発掘されています。 【特徴】 鉄隕石の中でもウィドマンシュテッテン構造が特に美しく出ている隕石として人気があります。 飛散地域が北極圏にあるためにメテオライトハンターでも探知が困難で、市場に流通している量も少ない隕石です。
¥ 12,800
ドファール1431隕石 10g 原石 標本 普通コンドライト LL6 オマーン Dhofar 3
ドファール1431隕石 10g 原石 標本 普通コンドライト LL6 オマーン Dhofar 3
【サイズ】 約 縦31X横19X高16mm 【重さ】 約10.7g 【種類】 石質隕石 普通コンドライト LL6 【発見地】 オマーン国 ドファール特別行政区 【発見年】 2006年3月6日 【歴史】 総回収量1684gのレアな隕石です。 1999年12月2日から2014年11月11日まで定期的に採取されています。 【特徴】 2016年12月時点で、Dhofar 001~2062と採取された全てを区別しており、炭素質コンドライトCO3・CM2・CV3、普通コンドライトH5・H6・L5・LL4エンスタタイトコンドライト EH4、エイコンドライト、火星隕石、月隕石など様々な種類の石質隕石が発見されています。 【石質隕石】 石質隕石は、主にケイ酸塩鉱物からなる隕石で、主要鉱物としては橄欖石、輝石、鉄-ニッケル合金から出来ています。分類としてはリュールという球粒状構造があるコンドライトと、構造がないエイコンドライトに分けられます。厳密には元素組成を考慮して分類するため、コンドリュールのないコンドライトやコンドリュールのあるエイコンドライトもあります。 【普通コンドライト】 普通コンドライトは最も普通の隕石で、発見された隕石のうち90%が普通コンドライトだと言われています。金属鉄(元素ではなく、金属状態の鉄)の量が多い順にH、L、LLに分類されます。
¥ 12,800