• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

New Arrival

NWA11273 0.39g 原石 標本 月隕石 月の石 ムーンロック アルジェリア 2
NWA11273 0.39g 原石 標本 月隕石 月の石 ムーンロック アルジェリア 2
【サイズ】 約 縦13X横8X高2.4mm 【重さ】 約0.39g 【種類】 月隕石 長石質角礫岩 【発見地】 アルジェリア民主人民共和国ティンドゥフ 【発見年】 2017年4月 【歴史】 総既知重量2.81Kgで、2017年4月にモロッコの隕石ディーラーが販売していたものを3人の隕石コレクター(Rob Wesel、Eric Twelker、Jason Phillips)が購入したことによって発見されました。 【特徴】 安山岩、かんらん石、ピジョン輝石、褐鉄鉱、クロム鉄鉱、チタンやクロムや鉄のスピネル、カマサイト、テーナイトおよびトロイリ鉱の鉱物質砕屑からなる角礫岩で、サンプルを分析したところ、とても希少な月の玄武岩の礫とガラスの破片の存在も確認できたそうです。 【月起源隕石】 月隕石(Lunar meteorite)は、地球で発見された月を起源に持つ隕石のことで、大部分の月隕石は月へ他天体が衝突したことによって吹き飛ばされた破片です。 月に着陸したアポロ計画で採取された月の石は月の狭い地域から採取されましたが、月隕石は月の裏側を含む地質学データを分析できると考えられています。 月は海と高地があり、月の地表の16%を占めているのは濃い色の玄武岩で覆われた月の海(平原)ですが、地球のように水があるわけではありません。 2013年2月現在、月起源隕石は50個ほどが地球に落下したと考えられています。 【角礫岩】 いろいろな岩石の破片が寄り集まって形成されており、月の高地では最も良く存在している岩石です。 月は長い歴史を通じて無数の隕石の衝突にさらされてきましたが、その結果、生じた岩石の破片が衝突の熱や圧力で再結合し角礫岩となりました。
¥ 34,800
NWA11273 0.41g 原石 標本 月隕石 月の石 ムーンロック アルジェリア 7
NWA11273 0.41g 原石 標本 月隕石 月の石 ムーンロック アルジェリア 7
【サイズ】 約 縦16X横8X高1.6mm 【重さ】 約0.41g 【種類】 月隕石 長石質角礫岩 【発見地】 アルジェリア民主人民共和国ティンドゥフ 【発見年】 2017年4月 【歴史】 総既知重量2.81Kgで、2017年4月にモロッコの隕石ディーラーが販売していたものを3人の隕石コレクター(Rob Wesel、Eric Twelker、Jason Phillips)が購入したことによって発見されました。 【特徴】 安山岩、かんらん石、ピジョン輝石、褐鉄鉱、クロム鉄鉱、チタンやクロムや鉄のスピネル、カマサイト、テーナイトおよびトロイリ鉱の鉱物質砕屑からなる角礫岩で、サンプルを分析したところ、とても希少な月の玄武岩の礫とガラスの破片の存在も確認できたそうです。 【月起源隕石】 月隕石(Lunar meteorite)は、地球で発見された月を起源に持つ隕石のことで、大部分の月隕石は月へ他天体が衝突したことによって吹き飛ばされた破片です。 月に着陸したアポロ計画で採取された月の石は月の狭い地域から採取されましたが、月隕石は月の裏側を含む地質学データを分析できると考えられています。 月は海と高地があり、月の地表の16%を占めているのは濃い色の玄武岩で覆われた月の海(平原)ですが、地球のように水があるわけではありません。 2013年2月現在、月起源隕石は50個ほどが地球に落下したと考えられています。 【角礫岩】 いろいろな岩石の破片が寄り集まって形成されており、月の高地では最も良く存在している岩石です。 月は長い歴史を通じて無数の隕石の衝突にさらされてきましたが、その結果、生じた岩石の破片が衝突の熱や圧力で再結合し角礫岩となりました。
¥ 28,000
NWA11273 0.3g 原石 標本 月隕石 月の石 ムーンロック アルジェリア 6
NWA11273 0.3g 原石 標本 月隕石 月の石 ムーンロック アルジェリア 6
【サイズ】 約 縦10X横10X高1.7mm 【重さ】 約0.30g 【種類】 月隕石 長石質角礫岩 【発見地】 アルジェリア民主人民共和国ティンドゥフ 【発見年】 2017年4月 【歴史】 総既知重量2.81Kgで、2017年4月にモロッコの隕石ディーラーが販売していたものを3人の隕石コレクター(Rob Wesel、Eric Twelker、Jason Phillips)が購入したことによって発見されました。 【特徴】 安山岩、かんらん石、ピジョン輝石、褐鉄鉱、クロム鉄鉱、チタンやクロムや鉄のスピネル、カマサイト、テーナイトおよびトロイリ鉱の鉱物質砕屑からなる角礫岩で、サンプルを分析したところ、とても希少な月の玄武岩の礫とガラスの破片の存在も確認できたそうです。 【月起源隕石】 月隕石(Lunar meteorite)は、地球で発見された月を起源に持つ隕石のことで、大部分の月隕石は月へ他天体が衝突したことによって吹き飛ばされた破片です。 月に着陸したアポロ計画で採取された月の石は月の狭い地域から採取されましたが、月隕石は月の裏側を含む地質学データを分析できると考えられています。 月は海と高地があり、月の地表の16%を占めているのは濃い色の玄武岩で覆われた月の海(平原)ですが、地球のように水があるわけではありません。 2013年2月現在、月起源隕石は50個ほどが地球に落下したと考えられています。 【角礫岩】 いろいろな岩石の破片が寄り集まって形成されており、月の高地では最も良く存在している岩石です。 月は長い歴史を通じて無数の隕石の衝突にさらされてきましたが、その結果、生じた岩石の破片が衝突の熱や圧力で再結合し角礫岩となりました。
¥ 21,800
NWA11273 0.22g 原石 標本 月隕石 月の石 ムーンロック アルジェリア 5
NWA11273 0.22g 原石 標本 月隕石 月の石 ムーンロック アルジェリア 5
【サイズ】 約 縦10X横9X高1.3mm 【重さ】 約0.22g 【種類】 月隕石 長石質角礫岩 【発見地】 アルジェリア民主人民共和国ティンドゥフ 【発見年】 2017年4月 【歴史】 総既知重量2.81Kgで、2017年4月にモロッコの隕石ディーラーが販売していたものを3人の隕石コレクター(Rob Wesel、Eric Twelker、Jason Phillips)が購入したことによって発見されました。 【特徴】 安山岩、かんらん石、ピジョン輝石、褐鉄鉱、クロム鉄鉱、チタンやクロムや鉄のスピネル、カマサイト、テーナイトおよびトロイリ鉱の鉱物質砕屑からなる角礫岩で、サンプルを分析したところ、とても希少な月の玄武岩の礫とガラスの破片の存在も確認できたそうです。 【月起源隕石】 月隕石(Lunar meteorite)は、地球で発見された月を起源に持つ隕石のことで、大部分の月隕石は月へ他天体が衝突したことによって吹き飛ばされた破片です。 月に着陸したアポロ計画で採取された月の石は月の狭い地域から採取されましたが、月隕石は月の裏側を含む地質学データを分析できると考えられています。 月は海と高地があり、月の地表の16%を占めているのは濃い色の玄武岩で覆われた月の海(平原)ですが、地球のように水があるわけではありません。 2013年2月現在、月起源隕石は50個ほどが地球に落下したと考えられています。 【角礫岩】 いろいろな岩石の破片が寄り集まって形成されており、月の高地では最も良く存在している岩石です。 月は長い歴史を通じて無数の隕石の衝突にさらされてきましたが、その結果、生じた岩石の破片が衝突の熱や圧力で再結合し角礫岩となりました。
¥ 15,800
イミラック隕石 30g 原石 標本 石鉄隕石 パラサイト チリ Imilac 6
イミラック隕石 30g 原石 標本 石鉄隕石 パラサイト チリ Imilac 6
オリビン部分に風化がほとんど見られず、今までに見たことがないレベルの極上品です。 【サイズ】 約 縦63X横55X高2.7mm 【重さ】 約30.3g ※防錆のためコーティングがされています。 【種類】 石鉄隕石 PMG(パラサイトメイングループ) 【発見地】 チリ共和国アタカマ砂漠 【発見年】 1822年 【歴史】 総質量は920Kgとされており、1822年にチリ北部のアタカマ砂漠で発見されました。kg単位の塊が多くのメテオライトハンターに発見され、数g単位の小さな破片も数多く発見されています。近年ではメテオライトハンターが大型の機械を導入し、落下地域の捜索を成功させています。 【特徴】 イミラック隕石の標本はオリビンのきめが細かく美しいことから隕石コレクターから高く評価されています。 90%の鉄、9.9%のニッケル、0.0021%のガリウム、0.0046%のゲルマニウム、0.0000071%のイリジウムから組成されています。1Kg以下のものは風化が進んでおり、オリビン部分が茶色くなっているものがほとんどです。 ※錆防止のためコーティングされています。 【石鉄隕石】 石鉄隕石は、ほぼ等量の鉄-ニッケル合金とケイ酸塩鉱物からなる隕石で、パラサイトとメソシデライトに分類されますが、マントル由来でほぼ等量の鉄‐ニッケル合金とケイ酸塩鉱物から出来ているというほかは、共通点が少ないのが特徴です。 【パラサイト】 パラサイトは、丸みのある粗粒状の橄欖岩とその間を埋める鉄-ニッケル合金から出来ています。下部マントルのケイ酸塩と鉄-ニッケル合金が溶液化したものが固化したと考えられています。 非常に貴重で地球に落下する隕石のおよそ1パーセントがパラサイトで、日本では1898年に高知県に落下した330gの在所隕石が唯一となっています。
¥ 288,000
イミラック隕石 29g 原石 標本 石鉄隕石 パラサイト チリ Imilac 5
イミラック隕石 29g 原石 標本 石鉄隕石 パラサイト チリ Imilac 5
オリビン部分に風化がほとんど見られず、今までに見たことがないレベルの極上品です。 【サイズ】 約 縦66X横52X高2.3mm 【重さ】 約29.4g ※防錆のためコーティングがされています。 【種類】 石鉄隕石 PMG(パラサイトメイングループ) 【発見地】 チリ共和国アタカマ砂漠 【発見年】 1822年 【歴史】 総質量は920Kgとされており、1822年にチリ北部のアタカマ砂漠で発見されました。kg単位の塊が多くのメテオライトハンターに発見され、数g単位の小さな破片も数多く発見されています。近年ではメテオライトハンターが大型の機械を導入し、落下地域の捜索を成功させています。 【特徴】 イミラック隕石の標本はオリビンのきめが細かく美しいことから隕石コレクターから高く評価されています。 90%の鉄、9.9%のニッケル、0.0021%のガリウム、0.0046%のゲルマニウム、0.0000071%のイリジウムから組成されています。1Kg以下のものは風化が進んでおり、オリビン部分が茶色くなっているものがほとんどです。 ※錆防止のためコーティングされています。 【石鉄隕石】 石鉄隕石は、ほぼ等量の鉄-ニッケル合金とケイ酸塩鉱物からなる隕石で、パラサイトとメソシデライトに分類されますが、マントル由来でほぼ等量の鉄‐ニッケル合金とケイ酸塩鉱物から出来ているというほかは、共通点が少ないのが特徴です。 【パラサイト】 パラサイトは、丸みのある粗粒状の橄欖岩とその間を埋める鉄-ニッケル合金から出来ています。下部マントルのケイ酸塩と鉄-ニッケル合金が溶液化したものが固化したと考えられています。 非常に貴重で地球に落下する隕石のおよそ1パーセントがパラサイトで、日本では1898年に高知県に落下した330gの在所隕石が唯一となっています。
¥ 280,000
イミラック隕石 23g 原石 標本 石鉄隕石 パラサイト チリ Imilac 5
イミラック隕石 23g 原石 標本 石鉄隕石 パラサイト チリ Imilac 5
オリビン部分に風化がほとんど見られず、今までに見たことがないレベルの極上品です。 【サイズ】 約 縦60X横55X高2.0mm 【重さ】 約23.1g ※防錆のためコーティングがされています。 【種類】 石鉄隕石 PMG(パラサイトメイングループ) 【発見地】 チリ共和国アタカマ砂漠 【発見年】 1822年 【歴史】 総質量は920Kgとされており、1822年にチリ北部のアタカマ砂漠で発見されました。kg単位の塊が多くのメテオライトハンターに発見され、数g単位の小さな破片も数多く発見されています。近年ではメテオライトハンターが大型の機械を導入し、落下地域の捜索を成功させています。 【特徴】 イミラック隕石の標本はオリビンのきめが細かく美しいことから隕石コレクターから高く評価されています。 90%の鉄、9.9%のニッケル、0.0021%のガリウム、0.0046%のゲルマニウム、0.0000071%のイリジウムから組成されています。1Kg以下のものは風化が進んでおり、オリビン部分が茶色くなっているものがほとんどです。 ※錆防止のためコーティングされています。 【石鉄隕石】 石鉄隕石は、ほぼ等量の鉄-ニッケル合金とケイ酸塩鉱物からなる隕石で、パラサイトとメソシデライトに分類されますが、マントル由来でほぼ等量の鉄‐ニッケル合金とケイ酸塩鉱物から出来ているというほかは、共通点が少ないのが特徴です。 【パラサイト】 パラサイトは、丸みのある粗粒状の橄欖岩とその間を埋める鉄-ニッケル合金から出来ています。下部マントルのケイ酸塩と鉄-ニッケル合金が溶液化したものが固化したと考えられています。 非常に貴重で地球に落下する隕石のおよそ1パーセントがパラサイトで、日本では1898年に高知県に落下した330gの在所隕石が唯一となっています。
¥ 218,000
タタウイヌ隕石 3g ダイオジェナイト 原石 標本 チュニジア Tatahouine 2
タタウイヌ隕石 3g ダイオジェナイト 原石 標本 チュニジア Tatahouine 2
【サイズ】 約 縦21X横16X高8mm 【重さ】 約3.8g 【種類】 石質隕石 エイコンドライト ダイオジェナイト 【発見地】 チュニジア共和国タタウイヌ県 【発見年】 1931年6月27日 【歴史】 1807年に4番目に発見された小惑星ベスタからきたものと考えられており、1931年6月27日にチュニジアのタタウイヌから北東4kmの地点で火球が爆発し、小さな破片となって降り注いだ隕石です。 石質隕石のダイオジェナイトに分類され、総重量は世界で12Kgしかなく希少な隕石です。 【石質隕石】 石質隕石は、主にケイ酸塩鉱物からなる隕石で、主要鉱物としては橄欖石、輝石、鉄-ニッケル合金から出来ています。分類としてはリュールという球粒状構造があるコンドライトと、構造がないエイコンドライトに分けられます。厳密には元素組成を考慮して分類するため、コンドリュールのないコンドライトやコンドリュールのあるエイコンドライトもあります。 【エイコンドライト】 組織、構造や、鉱物組成は地球の玄武岩によく似ており、エイコンドライトの約65%が小惑星ベスタの地殻が起源と考えられているHED隕石です。その他に火星隕石や月隕石などもあります。HEDとはホワルダイト、ユークライト、ダイオジェナイトの頭文字で、ホワルダイトは大部分がユークライトとダイオジェナイトの破片から構成されるレゴリス角礫岩で、ユークライトは主に斜長石と輝石で構成されていて、母天体の地殻を構成していたと考えられており、ダイオジェナイトは深成岩に起源を持つ火成岩で構成され、ユークライトよりも大きな結晶が成長するのに十分な深さでゆっくりと固化したものです。
¥ 38,000
ビニャーレス隕石 4g 原石 標本 石質隕石 コンドライト L6 キューバ Vinales 1
ビニャーレス隕石 4g 原石 標本 石質隕石 コンドライト L6 キューバ Vinales 1
【サイズ】 約 縦33X横28X高1.6mm 【重さ】 約4.1g 【種類】 石質隕石 普通コンドライト L6 【発見地】 キューバ共和国ピナデルリオ州 【発見年】 2019年2月1日 【歴史】 2月1日午後1時17分、ピナデルリオ州の住民は長い煙跡と大きな音を伴う火球を目撃しました。 はじめは飛行機が墜落したのかと思いましたが、2000個近い破片が落下したことにより地鳴りが15〜20秒も発生したため驚いたそうです。 ユネスコの世界遺産に登録されており、森林と畑に覆われているビニャーレス渓谷周辺に隕石は落下し、最初のいくつかの破片は先史時代の壁画という記念碑近くで回収されました。 その後、渓谷周辺と町で破片は見つかっており、多くは家の屋根などから回収されました。 総質量は50-100Kgとされ、破片の大きさは2-1100gだとされています。 【石質隕石】 石質隕石は、主にケイ酸塩鉱物からなる隕石で、主要鉱物としては橄欖石、輝石、鉄-ニッケル合金から出来ています。分類としてはリュールという球粒状構造があるコンドライトと、構造がないエイコンドライトに分けられます。厳密には元素組成を考慮して分類するため、コンドリュールのないコンドライトやコンドリュールのあるエイコンドライトもあります。 【普通コンドライト】 普通コンドライトは最も普通の隕石で、発見された隕石のうち90%が普通コンドライトだと言われています。金属鉄(元素ではなく、金属状態の鉄)の量が多い順にH、L、LLに分類されます。
¥ 18,800
ビニャーレス隕石 8g 原石 標本 石質隕石 コンドライト L6 キューバ Vinales 2
ビニャーレス隕石 8g 原石 標本 石質隕石 コンドライト L6 キューバ Vinales 2
【サイズ】 約 縦48X横43X高1.6mm 【重さ】 約8.2g 【種類】 石質隕石 普通コンドライト L6 【発見地】 キューバ共和国ピナデルリオ州 【発見年】 2019年2月1日 【歴史】 2月1日午後1時17分、ピナデルリオ州の住民は長い煙跡と大きな音を伴う火球を目撃しました。 はじめは飛行機が墜落したのかと思いましたが、2000個近い破片が落下したことにより地鳴りが15〜20秒も発生したため驚いたそうです。 ユネスコの世界遺産に登録されており、森林と畑に覆われているビニャーレス渓谷周辺に隕石は落下し、最初のいくつかの破片は先史時代の壁画という記念碑近くで回収されました。 その後、渓谷周辺と町で破片は見つかっており、多くは家の屋根などから回収されました。 総質量は50-100Kgとされ、破片の大きさは2-1100gだとされています。 【石質隕石】 石質隕石は、主にケイ酸塩鉱物からなる隕石で、主要鉱物としては橄欖石、輝石、鉄-ニッケル合金から出来ています。分類としてはリュールという球粒状構造があるコンドライトと、構造がないエイコンドライトに分けられます。厳密には元素組成を考慮して分類するため、コンドリュールのないコンドライトやコンドリュールのあるエイコンドライトもあります。 【普通コンドライト】 普通コンドライトは最も普通の隕石で、発見された隕石のうち90%が普通コンドライトだと言われています。金属鉄(元素ではなく、金属状態の鉄)の量が多い順にH、L、LLに分類されます。
¥ 36,800
NWA4664 2.9g 原石 標本 石質隕石 エイコンドライト ダイオジェナイト アルジェリア 2
NWA4664 2.9g 原石 標本 石質隕石 エイコンドライト ダイオジェナイト アルジェリア 2
【サイズ】 約 縦51X横15X高1.5mm 【重さ】 約2.9g 【種類】 石質隕石 エイコンドライト ダイオジェナイト 【発見地】 アルジェリアandモロッコ 【発見年】 2003年6月 【歴史】 この隕石が発見された時、どれもが新しい月隕石だと確信しましたが、HED隕石だと判り、誰もが驚きました。 全く新しい見た目だったからです。 NWA4664の正式名称は、Northwest Africa 4664となります。 【特徴】 小惑星ベスタ由来の隕石だと考えられており、コンドリュール(球状の粒子)を含まないエイコンドライトに分類され、隕石全体の約5%がこれにあたる。 【石質隕石】 石質隕石は、主にケイ酸塩鉱物からなる隕石で、主要鉱物としては橄欖石、輝石、鉄-ニッケル合金から出来ています。分類としてはリュールという球粒状構造があるコンドライトと、構造がないエイコンドライトに分けられます。厳密には元素組成を考慮して分類するため、コンドリュールのないコンドライトやコンドリュールのあるエイコンドライトもあります。 【エイコンドライト】 組織、構造や、鉱物組成は地球の玄武岩によく似ており、エイコンドライトの約65%が小惑星ベスタの地殻が起源と考えられているHED隕石です。その他に火星隕石や月隕石などもあります。HEDとはホワルダイト、ユークライト、ダイオジェナイトの頭文字で、ホワルダイトは大部分がユークライトとダイオジェナイトの破片から構成されるレゴリス角礫岩で、ユークライトは主に斜長石と輝石で構成されていて、母天体の地殻を構成していたと考えられており、ダイオジェナイトは深成岩に起源を持つ火成岩で構成され、ユークライトよりも大きな結晶が成長するのに十分な深さでゆっくりと固化したものです。
¥ 34,800
アドマイヤ隕石 3.5g 原石 標本 石鉄隕石 パラサイト アメリカ Admire 5
アドマイヤ隕石 3.5g 原石 標本 石鉄隕石 パラサイト アメリカ Admire 5
【サイズ】 約 縦18X横17X高7mm 【重さ】 約3.5g 【種類】 石鉄隕石 PMG(パラサイトメイングループ) 【発見地】 アメリカ合衆国カンザス州 【発見年】 1881年 【歴史】 アドマイヤ隕石は、1881年にカンザス州のリヨン郡で発見されました。 既に発見されている総質量は1トンを超えており、多くの破片が発見されています。 ニューメキシコ大学で29Kg、米国国立博物館で15Kgが保管されています。 【特徴】 カッティングした直後のものは非常に素晴らしいパラサイトなのですが、不安定で防錆処理をしていないと非常に錆びやすい傾向があります。 【石鉄隕石】 石鉄隕石は、ほぼ等量の鉄-ニッケル合金とケイ酸塩鉱物からなる隕石で、パラサイトとメソシデライトに分類されますが、マントル由来でほぼ等量の鉄‐ニッケル合金とケイ酸塩鉱物から出来ているというほかは、共通点が少ないのが特徴です。 【パラサイト】 パラサイトは、丸みのある粗粒状の橄欖岩とその間を埋める鉄-ニッケル合金から出来ています。下部マントルのケイ酸塩と鉄-ニッケル合金が溶液化したものが固化したと考えられています。 非常に貴重で地球に落下する隕石のおよそ1パーセントがパラサイトで、日本では1898年に高知県に落下した330gの在所隕石が唯一となっています。
¥ 21,800
アドマイヤ隕石 5g 原石 標本 石鉄隕石 パラサイト アメリカ Admire 6
アドマイヤ隕石 5g 原石 標本 石鉄隕石 パラサイト アメリカ Admire 6
【サイズ】 約 縦22X横17X高8mm 【重さ】 約5.2g 【種類】 石鉄隕石 PMG(パラサイトメイングループ) 【発見地】 アメリカ合衆国カンザス州 【発見年】 1881年 【歴史】 アドマイヤ隕石は、1881年にカンザス州のリヨン郡で発見されました。 既に発見されている総質量は1トンを超えており、多くの破片が発見されています。 ニューメキシコ大学で29Kg、米国国立博物館で15Kgが保管されています。 【特徴】 カッティングした直後のものは非常に素晴らしいパラサイトなのですが、不安定で防錆処理をしていないと非常に錆びやすい傾向があります。 【石鉄隕石】 石鉄隕石は、ほぼ等量の鉄-ニッケル合金とケイ酸塩鉱物からなる隕石で、パラサイトとメソシデライトに分類されますが、マントル由来でほぼ等量の鉄‐ニッケル合金とケイ酸塩鉱物から出来ているというほかは、共通点が少ないのが特徴です。 【パラサイト】 パラサイトは、丸みのある粗粒状の橄欖岩とその間を埋める鉄-ニッケル合金から出来ています。下部マントルのケイ酸塩と鉄-ニッケル合金が溶液化したものが固化したと考えられています。 非常に貴重で地球に落下する隕石のおよそ1パーセントがパラサイトで、日本では1898年に高知県に落下した330gの在所隕石が唯一となっています。
¥ 31,800
ボンドク隕石 9.3g 原石 標本 石鉄隕石 メソシデライト フィリピン Bondoc 6
ボンドク隕石 9.3g 原石 標本 石鉄隕石 メソシデライト フィリピン Bondoc 6
【サイズ】 約 縦32X横18X高6mm 【重さ】 約9.3g 【種類】 石鉄隕石 メソシデライト 【発見地】 フィリピン ルソン島ボンドク半島 【発見年】 1956年 【歴史】 ボンドク隕石は1956年にフィリピンのルソン島のボンドック半島のジャングルで約890kgの大きな塊で発見されました。発見年は1956年ですが、この隕石自体はもっと昔から認識されており、隕石という認識はなく低品質な鉄鉱石だと勘違いされていました。 その後、ハーヴェイ・ニニンガーがフィリピンの役所で小さな塊を見て興味を示し、ジャングルから大きな塊を回収させてアメリカの研究所に送ったことによって、正式に発見されました。 【石鉄隕石】 石鉄隕石は、ほぼ等量の鉄-ニッケル合金とケイ酸塩鉱物からなる隕石で、パラサイトとメソシデライトに分類されますが、マントル由来でほぼ等量の鉄‐ニッケル合金とケイ酸塩鉱物から出来ているというほかは、共通点が少ないのが特徴です。 【メソシデライト】 メソシデライトは、天体衝突の産物と考えられており、異なる鉱物組成の岩石破片の集積体で、金属部分はオクタヘドライト、ケイ酸塩部分は斜長石やカルシウム輝石などから出来ています。メソシデライトは、ニッケルと鉄の金属成分と珪化物がほぼ同量からなり、meso(中間)siderite(隕鉄)から名付けられました。 隕石のうちでは珍しく、2009年6月時点では南極で発見された44個を含め145個が登録されており、落下が目撃されたものは僅か7例です。
¥ 29,800
ボンドク隕石 9.4g 原石 標本 石鉄隕石 メソシデライト フィリピン Bondoc 7
ボンドク隕石 9.4g 原石 標本 石鉄隕石 メソシデライト フィリピン Bondoc 7
【サイズ】 約 縦30X横18X高7.6mm 【重さ】 約9.4g 【種類】 石鉄隕石 メソシデライト 【発見地】 フィリピン ルソン島ボンドク半島 【発見年】 1956年 【歴史】 ボンドク隕石は1956年にフィリピンのルソン島のボンドック半島のジャングルで約890kgの大きな塊で発見されました。発見年は1956年ですが、この隕石自体はもっと昔から認識されており、隕石という認識はなく低品質な鉄鉱石だと勘違いされていました。 その後、ハーヴェイ・ニニンガーがフィリピンの役所で小さな塊を見て興味を示し、ジャングルから大きな塊を回収させてアメリカの研究所に送ったことによって、正式に発見されました。 【石鉄隕石】 石鉄隕石は、ほぼ等量の鉄-ニッケル合金とケイ酸塩鉱物からなる隕石で、パラサイトとメソシデライトに分類されますが、マントル由来でほぼ等量の鉄‐ニッケル合金とケイ酸塩鉱物から出来ているというほかは、共通点が少ないのが特徴です。 【メソシデライト】 メソシデライトは、天体衝突の産物と考えられており、異なる鉱物組成の岩石破片の集積体で、金属部分はオクタヘドライト、ケイ酸塩部分は斜長石やカルシウム輝石などから出来ています。メソシデライトは、ニッケルと鉄の金属成分と珪化物がほぼ同量からなり、meso(中間)siderite(隕鉄)から名付けられました。 隕石のうちでは珍しく、2009年6月時点では南極で発見された44個を含め145個が登録されており、落下が目撃されたものは僅か7例です。
¥ 29,800
ボンドク隕石 9.7g 原石 標本 石鉄隕石 メソシデライト フィリピン Bondoc 8
ボンドク隕石 9.7g 原石 標本 石鉄隕石 メソシデライト フィリピン Bondoc 8
【サイズ】 約 縦25X横22X高11mm 【重さ】 約9.7g 【種類】 石鉄隕石 メソシデライト 【発見地】 フィリピン ルソン島ボンドク半島 【発見年】 1956年 【歴史】 ボンドク隕石は1956年にフィリピンのルソン島のボンドック半島のジャングルで約890kgの大きな塊で発見されました。発見年は1956年ですが、この隕石自体はもっと昔から認識されており、隕石という認識はなく低品質な鉄鉱石だと勘違いされていました。 その後、ハーヴェイ・ニニンガーがフィリピンの役所で小さな塊を見て興味を示し、ジャングルから大きな塊を回収させてアメリカの研究所に送ったことによって、正式に発見されました。 【石鉄隕石】 石鉄隕石は、ほぼ等量の鉄-ニッケル合金とケイ酸塩鉱物からなる隕石で、パラサイトとメソシデライトに分類されますが、マントル由来でほぼ等量の鉄‐ニッケル合金とケイ酸塩鉱物から出来ているというほかは、共通点が少ないのが特徴です。 【メソシデライト】 メソシデライトは、天体衝突の産物と考えられており、異なる鉱物組成の岩石破片の集積体で、金属部分はオクタヘドライト、ケイ酸塩部分は斜長石やカルシウム輝石などから出来ています。メソシデライトは、ニッケルと鉄の金属成分と珪化物がほぼ同量からなり、meso(中間)siderite(隕鉄)から名付けられました。 隕石のうちでは珍しく、2009年6月時点では南極で発見された44個を含め145個が登録されており、落下が目撃されたものは僅か7例です。
¥ 29,800
ディミット隕石 12g 原石 標本 石質隕石 コンドライト H4 アメリカ Dimmitt 1
ディミット隕石 12g 原石 標本 石質隕石 コンドライト H4 アメリカ Dimmitt 1
【サイズ】 約 縦45X横37X高5.1mm 【重さ】 約12.4g 【種類】 石質隕石 普通コンドライト H3.7 【発見地】 アメリカ合衆国テキサス州カストロ郡 【発見年】 1942年 【歴史】 総質量は約200Kgで、アメリカの先史時代に落ちた隕石です。 オルトンという町から40Km離れた場所に隕石の破片は散らばっており、テキサス州の中でもディミットという町に最も近い場所に落ちたため、この名前が付けられました。 テキサス州で確認された隕石のうちの一つで、ニューメキシコ大学気象学研究所には大量の破片が保管されています。 【石質隕石】 石質隕石は、主にケイ酸塩鉱物からなる隕石で、主要鉱物としては橄欖石、輝石、鉄-ニッケル合金から出来ています。分類としてはリュールという球粒状構造があるコンドライトと、構造がないエイコンドライトに分けられます。厳密には元素組成を考慮して分類するため、コンドリュールのないコンドライトやコンドリュールのあるエイコンドライトもあります。 【普通コンドライト】 普通コンドライトは最も普通の隕石で、発見された隕石のうち90%が普通コンドライトだと言われています。金属鉄(元素ではなく、金属状態の鉄)の量が多い順にH、L、LLに分類されます。
¥ 29,800
ヴァカムエルタ隕石 9.2g 原石 標本 石鉄隕石 メソシデライト チリ Vaca Muerta 3
ヴァカムエルタ隕石 9.2g 原石 標本 石鉄隕石 メソシデライト チリ Vaca Muerta 3
【サイズ】 約 縦36X横23X高15mm 【重さ】 約9.2g 【種類】 石鉄隕石 メソシデライト 【発見地】 チリ共和国アタカマ砂漠 【発見年】 1861年 【歴史】 総質量は3.8トンで、1861年にタルタルの南東のアタカマ砂漠にあるヴァカムエルタで鉱山関係者が発見しました。 発見時は銀色に輝く包有物を銀と間違え、銀鉱床の露頭だと勘違いされていましたが後に隕石だと判明しました。 発見されてから100年近くその場所は放置され、その後、何十年もかけて標本が回収されていましたが、近年では新しい標本はほとんど見つけられていません。 【石鉄隕石】 石鉄隕石は、ほぼ等量の鉄-ニッケル合金とケイ酸塩鉱物からなる隕石で、パラサイトとメソシデライトに分類されますが、マントル由来でほぼ等量の鉄‐ニッケル合金とケイ酸塩鉱物から出来ているというほかは、共通点が少ないのが特徴です。 【メソシデライト】 メソシデライトは、天体衝突の産物と考えられており、異なる鉱物組成の岩石破片の集積体で、金属部分はオクタヘドライト、ケイ酸塩部分は斜長石やカルシウム輝石などから出来ています。メソシデライトは、ニッケルと鉄の金属成分と珪化物がほぼ同量からなり、meso(中間)siderite(隕鉄)から名付けられました。 隕石のうちでは珍しく、2009年6月時点では南極で発見された44個を含め145個が登録されており、落下が目撃されたものは僅か7例です。
¥ 38,800
ヴァカムエルタ隕石 3.5g 原石 標本 石鉄隕石 メソシデライト チリ Vaca Muerta 1
ヴァカムエルタ隕石 3.5g 原石 標本 石鉄隕石 メソシデライト チリ Vaca Muerta 1
【サイズ】 約 縦18X横17X高8.5mm 【重さ】 約3.5g 【種類】 石鉄隕石 メソシデライト 【発見地】 チリ共和国アタカマ砂漠 【発見年】 1861年 【歴史】 総質量は3.8トンで、1861年にタルタルの南東のアタカマ砂漠にあるヴァカムエルタで鉱山関係者が発見しました。 発見時は銀色に輝く包有物を銀と間違え、銀鉱床の露頭だと勘違いされていましたが後に隕石だと判明しました。 発見されてから100年近くその場所は放置され、その後、何十年もかけて標本が回収されていましたが、近年では新しい標本はほとんど見つけられていません。 【石鉄隕石】 石鉄隕石は、ほぼ等量の鉄-ニッケル合金とケイ酸塩鉱物からなる隕石で、パラサイトとメソシデライトに分類されますが、マントル由来でほぼ等量の鉄‐ニッケル合金とケイ酸塩鉱物から出来ているというほかは、共通点が少ないのが特徴です。 【メソシデライト】 メソシデライトは、天体衝突の産物と考えられており、異なる鉱物組成の岩石破片の集積体で、金属部分はオクタヘドライト、ケイ酸塩部分は斜長石やカルシウム輝石などから出来ています。メソシデライトは、ニッケルと鉄の金属成分と珪化物がほぼ同量からなり、meso(中間)siderite(隕鉄)から名付けられました。 隕石のうちでは珍しく、2009年6月時点では南極で発見された44個を含め145個が登録されており、落下が目撃されたものは僅か7例です。
¥ 27,800
ヴァカムエルタ隕石 3.5g 原石 標本 石鉄隕石 メソシデライト チリ Vaca Muerta 2
ヴァカムエルタ隕石 3.5g 原石 標本 石鉄隕石 メソシデライト チリ Vaca Muerta 2
【サイズ】 約 縦24X横16X高5mm 【重さ】 約3.5g 【種類】 石鉄隕石 メソシデライト 【発見地】 チリ共和国アタカマ砂漠 【発見年】 1861年 【歴史】 総質量は3.8トンで、1861年にタルタルの南東のアタカマ砂漠にあるヴァカムエルタで鉱山関係者が発見しました。 発見時は銀色に輝く包有物を銀と間違え、銀鉱床の露頭だと勘違いされていましたが後に隕石だと判明しました。 発見されてから100年近くその場所は放置され、その後、何十年もかけて標本が回収されていましたが、近年では新しい標本はほとんど見つけられていません。 【石鉄隕石】 石鉄隕石は、ほぼ等量の鉄-ニッケル合金とケイ酸塩鉱物からなる隕石で、パラサイトとメソシデライトに分類されますが、マントル由来でほぼ等量の鉄‐ニッケル合金とケイ酸塩鉱物から出来ているというほかは、共通点が少ないのが特徴です。 【メソシデライト】 メソシデライトは、天体衝突の産物と考えられており、異なる鉱物組成の岩石破片の集積体で、金属部分はオクタヘドライト、ケイ酸塩部分は斜長石やカルシウム輝石などから出来ています。メソシデライトは、ニッケルと鉄の金属成分と珪化物がほぼ同量からなり、meso(中間)siderite(隕鉄)から名付けられました。 隕石のうちでは珍しく、2009年6月時点では南極で発見された44個を含め145個が登録されており、落下が目撃されたものは僅か7例です。
¥ 27,800
アバパヌ隕石 3.5g 原石 標本 石質隕石 コンドライト L3 ナイジェリア Aba Panu 1
アバパヌ隕石 3.5g 原石 標本 石質隕石 コンドライト L3 ナイジェリア Aba Panu 1
【サイズ】 約 縦42X横33X高1.6mm 【重さ】 約3.5g 【種類】 石質隕石 普通コンドライト L3 【発見地】 ナイジェリア連邦共和国オヨ州 【発見年】 2018年4月19日 【歴史】 総既知重量160Kgで、2018年4月19日の午後14時02分に複数の大きな火の玉がナイジェリアのオヨ州に落下しました。 多くの隕石がイパポの村とテデの北側に落ちたため、隕石は複数の場所で集められました。 隕石は落下点の中央近くにあるAba Panuの村にちなんで名付けられ、この村の中と周辺には複数のkg単位の隕石が見つかっています。 マイケルファーマーおよびモリッツカールが50Kg、エリックツェルカーが7.74Kg、ASUが242g、その他はナイジェリア政府によって100kgほどが収集されたと推定されています。 【石質隕石】 石質隕石は、主にケイ酸塩鉱物からなる隕石で、主要鉱物としては橄欖石、輝石、鉄-ニッケル合金から出来ています。分類としてはリュールという球粒状構造があるコンドライトと、構造がないエイコンドライトに分けられます。厳密には元素組成を考慮して分類するため、コンドリュールのないコンドライトやコンドリュールのあるエイコンドライトもあります。 【普通コンドライト】 普通コンドライトは最も普通の隕石で、発見された隕石のうち90%が普通コンドライトだと言われています。金属鉄(元素ではなく、金属状態の鉄)の量が多い順にH、L、LLに分類されます。
¥ 12,800
アバパヌ隕石 8.3g 原石 標本 石質隕石 コンドライト L3 ナイジェリア Aba Panu 9
アバパヌ隕石 8.3g 原石 標本 石質隕石 コンドライト L3 ナイジェリア Aba Panu 9
【サイズ】 約 縦47X横41X高1.8mm 【重さ】 約8.3g 【種類】 石質隕石 普通コンドライト L3 【発見地】 ナイジェリア連邦共和国オヨ州 【発見年】 2018年4月19日 【歴史】 総既知重量160Kgで、2018年4月19日の午後14時02分に複数の大きな火の玉がナイジェリアのオヨ州に落下しました。 多くの隕石がイパポの村とテデの北側に落ちたため、隕石は複数の場所で集められました。 隕石は落下点の中央近くにあるAba Panuの村にちなんで名付けられ、この村の中と周辺には複数のkg単位の隕石が見つかっています。 マイケルファーマーおよびモリッツカールが50Kg、エリックツェルカーが7.74Kg、ASUが242g、その他はナイジェリア政府によって100kgほどが収集されたと推定されています。 【石質隕石】 石質隕石は、主にケイ酸塩鉱物からなる隕石で、主要鉱物としては橄欖石、輝石、鉄-ニッケル合金から出来ています。分類としてはリュールという球粒状構造があるコンドライトと、構造がないエイコンドライトに分けられます。厳密には元素組成を考慮して分類するため、コンドリュールのないコンドライトやコンドリュールのあるエイコンドライトもあります。 【普通コンドライト】 普通コンドライトは最も普通の隕石で、発見された隕石のうち90%が普通コンドライトだと言われています。金属鉄(元素ではなく、金属状態の鉄)の量が多い順にH、L、LLに分類されます。
¥ 29,800
アバパヌ隕石 5.9g 原石 標本 石質隕石 コンドライト L3 ナイジェリア Aba Panu 4
アバパヌ隕石 5.9g 原石 標本 石質隕石 コンドライト L3 ナイジェリア Aba Panu 4
【サイズ】 約 縦44X横27X高1.8mm 【重さ】 約5.9g 【種類】 石質隕石 普通コンドライト L3 【発見地】 ナイジェリア連邦共和国オヨ州 【発見年】 2018年4月19日 【歴史】 総既知重量160Kgで、2018年4月19日の午後14時02分に複数の大きな火の玉がナイジェリアのオヨ州に落下しました。 多くの隕石がイパポの村とテデの北側に落ちたため、隕石は複数の場所で集められました。 隕石は落下点の中央近くにあるAba Panuの村にちなんで名付けられ、この村の中と周辺には複数のkg単位の隕石が見つかっています。 マイケルファーマーおよびモリッツカールが50Kg、エリックツェルカーが7.74Kg、ASUが242g、その他はナイジェリア政府によって100kgほどが収集されたと推定されています。 【石質隕石】 石質隕石は、主にケイ酸塩鉱物からなる隕石で、主要鉱物としては橄欖石、輝石、鉄-ニッケル合金から出来ています。分類としてはリュールという球粒状構造があるコンドライトと、構造がないエイコンドライトに分けられます。厳密には元素組成を考慮して分類するため、コンドリュールのないコンドライトやコンドリュールのあるエイコンドライトもあります。 【普通コンドライト】 普通コンドライトは最も普通の隕石で、発見された隕石のうち90%が普通コンドライトだと言われています。金属鉄(元素ではなく、金属状態の鉄)の量が多い順にH、L、LLに分類されます。
¥ 21,800